雨の日も、晴れ男

雨の日も、晴れ男

作者名 :
通常価格 609円 (554円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ある日、二人の幼い神のいたずらで、不幸な出来事が次々に起こる会社員アレックス。
リストラされても、詐欺に遭っても、見知らぬ男に殴られても、妻が子供と出ていっても――どんなにつらいことがあっても明日に希望を持てる、人生で一番大切な事は何かを教えてくれる「笑えて」「泣けて」「タメになる」エンターテインメント小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ミズノオフィス
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年12月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

雨の日も、晴れ男 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    2人の子供の神様のいたずらによって、不幸な出来事に次々と見舞われてしまう男の一日。

    手帳に出来事を書いたらその通りになるって、デスノートそのまま(笑)(笑)(笑)
    そして水野さんの笑いのセンスにはいつも尊敬させられる。

    この本から学んだことは、
    ●目の前の出来事をどう捉えるかは結局自分次第
    ●常...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白かった

    soro3211.hiro 2020年12月03日

    別作品を読んでから水野さんの作品にハマってしまい、読み漁っている現在です。
    この本も今後の人生の指針の1つにさせていただきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月22日

    【この本がおすすめな人】
    ・どんなときも「折れない心」を作る方法を知りたい
    ・性格が超いい人の心のリアクションを知りたい
    ・アレックスの魅力を1から10まで味わいたい

    主人公のアレックスが、子どもの神様のいたずらで次から次へと
    不幸なイベントに遭遇させられながらも、克服していくという小説形式の物語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    スーパーネガティブな僕に、知人が薦めてくれました、


    後半、泣きそうになる、


    こんな前向きと言うか、他人を笑わせようと出来る人になりたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月22日

    私には、どう考えても雨男どころか、嵐を呼ぶ男なのに、自分を晴れ男と言い張る息子がいる。彼の本棚にあったので、読んでみた。なるほど、こういうことか。悪くない(^^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月04日

    そんなバカな〜て感じで面白く読んだ。
    目の前にいる人のために、全力を出しきれるアレックスは本当にすごい。そういう考え方を少しでももって過ごしたい。
    神は出来事をおこすだけ。
    どんな事も自分次第でどうにかできる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    笑いは正義

    どんな状況に見舞われてて笑で跳ね返す!
    誰かを楽しませ、笑わせ、喜ばせようとする

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月03日

    小さな子供の神様2人からイジワルをされ、主人公に沢山の不幸が降りかかる。はじめは言葉にならない気持ちになったが、最後まで読み終えて、不幸が起こるたびに見せた主人公の行動が、人生を幸せに生きるヒントを教えてくれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月13日

    水野さんの本はユーモラスで好きです。

    こちらもユーモラスです。

    アレックスの強すぎる。ナーバスになるところを笑いで乗り越えるところは見習わなきゃいけません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月27日

    ギャグマンガはあるけど、ギャグ小説はあんまりないよな…っていう気持ちを吹き飛ばしてくれる一冊。水野敬也さんの書かれる本は、展開が予想外だったり、飛び抜けてたり、ツッコミどころがあったり、読んでると自分の悩みとか大したことないなってなってくるから好き。
    真っ直ぐなキャラクターがすごい面白くて優しい気持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

雨の日も、晴れ男 に関連する特集・キャンペーン