「西内啓」おすすめ作品一覧

「西内啓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:西内啓(ニシウチヒロム)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年
  • 出身地:日本 / 兵庫県

東京大学医学部卒。統計家。最近の著書には『統計学が最強の学問である』、『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」』解説、『1億人のための統計解析』などがあり、雑誌にも多数の連載を抱えている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/12/22更新

ユーザーレビュー

  • 統計学が最強の学問である[数学編]―――データ分析と機械学習のための新しい教科書
    算数及び数学の説明が素晴らしかった。
    高校のときに、落第生だった自分でも何とか最後まで読み進めることができた。高校のときにわからなかったことが、わかるようになった。いったいこの手法が何の役に立つのか?を含めて。
    著者の伝えようとする熱意と愛が伝わってきた。
  • サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている
    "多くのサラリーマンが一度は思い浮かべる悩みについて、アカデミックな見解をわかりやすく紹介している。たとえば、なぜいくらがんばっても給料が上がらないのか?ということについて読み解いていく。
    誰もががんばっているし、個人、個人に置き換えると、いろんな意見が出てきそうな設問。その答えは至極まっとうなもの...続きを読む
  • 統計学が最強の学問である
    ランダム化、回帰分析、社会調査法、疫学・生物統計学、心理統計学、データマイニング、テキストマイニング、などなど。
    統計学には、まったく触れたことがありません。
    用語も聞いたことがないものばかりでしたが、初心者にも分かりやすく、丁寧に書かれています。
    後半は数式も出てきて、私にはまったく意味は分かりま...続きを読む
  • 統計学が最強の学問である
    役所の仕事は必ずエビデンスって言われるのでデータ収集が先決になるんですよね。
    ただビッグデータには否定的です。
    著者は
    「まず正しい判断に必要な最小十分のデータを扱うこと」を推奨されてます。
    「最小十分」は費用対効果で
    「あとナンボかけてもこれくらいしか増えへん」
    というところやと思います。
    全数調...続きを読む
  • 統計学が最強の学問である[数学編]―――データ分析と機械学習のための新しい教科書
    統計学と機械学習で背景にある道具立てとしての数学は同じあるとの説明から始まる。ここで数年前にビッグデータ処理と称されていたことが現在人工知能と呼ばれる理由がよく分かる。
    そして、これらで必要な数学の基本、二次関数、二項定理、対数、ベクトル・行列そして微分・積分を紹介し、終章ではディープラーニングでの...続きを読む

特集