西内啓の一覧

「西内啓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:西内啓(ニシウチヒロム)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年
  • 出身地:日本 / 兵庫県

東京大学医学部卒。統計家。最近の著書には『統計学が最強の学問である』、『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」』解説、『1億人のための統計解析』などがあり、雑誌にも多数の連載を抱えている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2019/03/22更新

ユーザーレビュー

  • 統計学が最強の学問である
    データの取扱い方により、味方になったり敵になったり。色々な方法論を考えたときにデータを物語ることが一番の説得力になるのは間違いないと思います
  • 統計学が最強の学問である
    統計学が現在のすべての科学の基礎であること、日本語の統計学の教育がえらく遅れていること、統計学の現在の全体像など

    エビデンスのヒエラルキー
    最上位:メタアナリシス、系統的レビュー
    2位:ランダム化比較実験
    3位:疫学、観察研究
    最下層:専門家の意見、基礎研究

    日本の評論家のコメントのほとんどが最...続きを読む
  • 統計学が最強の学問である[ビジネス編]
    具体的な統計の使い方が書いてあるので、すぐにでも実行できそうなものもあった。特に人事とマーケティングに関しては簡単にできそうだという感触を受けた。

    予測よりも洞察のための統計が重要視されているのは前著、前々著の精神を受け継いでいる。
  • 統計学が最強の学問である[実践編]
    まずは、重回帰分析を最初にすればいいということが分かった。そうすれば一単位増えたらどれだけ増減するのかということがわかり、直観的にもわかりやすくなるからだ。

    因子分析はカテゴリーの縮約に使えることも分かった。類似したカテゴリーがあると、データ的には情報量が増えないので、そういうデータはまとめてしま...続きを読む
  • 統計学が最強の学問である
    西内啓『統計学が最強の学問である』
    Hiromu Nishiuchi, "Statistics is the strongest study"

    A very good guidebook to basic statistics in order to prevent scams by bad bi...続きを読む

特集