西内啓の一覧

「西内啓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:西内啓(ニシウチヒロム)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年
  • 出身地:日本 / 兵庫県

東京大学医学部卒。統計家。最近の著書には『統計学が最強の学問である』、『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」』解説、『1億人のための統計解析』などがあり、雑誌にも多数の連載を抱えている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2019/03/22更新

ユーザーレビュー

  • 統計学が最強の学問である[実践編]
    前著「統計学が最強の学問である」の続著で、ビジネスに統計学を応用するために必要な「把握」「予測」「洞察」を行うための具体的な考え方、適用の仕方、ビジネスに活かし方を解説してある。
    数式は出てくるが全て巻末の補足に廻して読みにくくないようにしてある。
  • 統計学が最強の学問である
    1章 なぜ統計学が最強の学問なのか
     統計学によりエビデンスをだすことによって解の理屈はまだ理解できなくても最善最速の答えを出すことができる。
     エビデンスをだして経験や勘に頼らない解の出し方がわかった。その領域は医療、教育、野球、経済学にも影響を与えている。
     今の時代はコンピュータが使えるので大...続きを読む
  • 統計学が最強の学問である
    統計学を学ぶ前のイメージと言えば、データを収集してそれを解析するだけの学問というイメージであった。しかし、そのイメージはこの本によって劇的に変わった。統計学によって出来ることは、そのデータによって原因を推測し、あまつさえビジネスの方針すら決めることが出来るという夢のような学問である事が分かりとても面...続きを読む
  • 統計学が最強の学問である
    〇学んだこと
    1.あみだくじは、当たりたければ真ん中・外れたければ一番外側を引くこと
    2.サンプリング調査と標準偏差の関係(コストメリットを考える)
    3.解析はそれ自体価値があるものではなく、それを活かして何を行い、どれだけの価値を得られるのか
    4.十分なデータと適切な比較を行うこと(その際、比較し...続きを読む
  • シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」
    データアナリシスの基本を学ぶ本としてよいのではないだろうか?

    ノイズをいかに見抜き、それを排除して思考することが大切。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!