岩田規久男の一覧

「岩田規久男」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/19更新

ユーザーレビュー

  • なぜデフレを放置してはいけないか 人手不足経済で甦るアベノミクス
    2013年に第二次安倍内閣が発足し、とにかく経済最優先を全面に出して、7年経過。大胆な金融緩和でインフレターゲット2%に設定したが、まったく実現されず。当時いわゆるリフレ派と呼ばれる方々の本を読んだが、やはり結局理論通りにはいかないんだろうなと思っていた。この本を読んで、金融政策と財政政策の協調の必...続きを読む
  • 日銀日記 ──五年間のデフレとの闘い
    日銀副総裁の5年間の記録。
    日々の詳細な記録と言うより、起こったことに対しての考えと意見が書かれている。
    やはり消費税増税によってインフレ目標2%がくじかれたことに対して強く描かれている。
    たらればではあるが消費税増税がなければ本当にインフレターゲットが達成できていたかどうかはわからない。
    ただ増税...続きを読む
  • なぜデフレを放置してはいけないか 人手不足経済で甦るアベノミクス
    自分の未熟な経済学の知識では、100%の理解には至りませんでしたが、デフレ経済になってしまった歴史や、その負の影響、デフレ解消には金融政策と財政政策との協調が必要でその中身、などかなり勉強になりました。一応、今までの勉強で理解できたつもりでいた部分(インフレ目標の定義など)も、再度、認識を深めること...続きを読む
  • 日銀日記 ──五年間のデフレとの闘い
    2013年3月から2018年3月まで、日本銀行の副総裁を務めあげた著者による、任期の五年間に著した日記をベースに職務内容を著した一冊です。一般になじみのない語句には、注釈がつけてあるので比較的読みやすく工夫されています。経済の勉強にもなるので、経済学を勉強している方には本書は白眉と言えます。私が特に...続きを読む
  • 日本銀行は信用できるか
    内容については、日銀の組織の説明、金融政策の是非、日銀改革の提案など素晴らしいものであり一読することを薦めます。

    ただ、読後の感想としては、この提案されている改革案が実行されなければ(その可能性は高いのだが・・・)日本経済はまだまだ失われた○○年の○○の年数が伸びていくんだろうな、とつらい気持ちに...続きを読む