炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響4 十三神将

炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響4 十三神将

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

取人の村で傷を癒す景虎。その前に現れたのは速之助に換生した安田長秀だった。速之助の肉体を易々と奪い、傲慢を隠さない長秀に景虎の激しい怒りが!? やがて旅立った一行は近在の橋に棲みついた怨霊退治に乗り出す。お百度参りをすると十三神将が出現し、願いが叶うという。母の病を治そうと〈物の怪橋〉に呑み込まれた少女の想いを知った景虎は自ら橋のお百度参りに挑むが…。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年10月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響4 十三神将 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年07月07日

    どんなにろくでなしひとでなしでけちょんけちょんにいわれていようが(いや、だれもそこまでは・・・)、それでもやっぱり大好きだ、安田長秀!景虎を敵視して読む己もどうかと思うんだけど・・・やっぱり長秀殿のほうがおとななんだもん(?)。

    20080124〜20080128

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月09日

    炎の蜃気 邂逅編4 十三神将

    変態直江はいつどのようにして生まれたのか?がこの本で分かる。

    なるほど、最初は純粋無垢だったのね、直江も。

    400年もあの景虎のそばにいれば、ひねくれてしまう訳だ。

    安田長秀の無理解と同様に景虎に扱われて傷つく直江に萌えた。68p

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    煩悶する景虎様とそんな景虎様に悶々とする直江。そうだよ直江はこうでなくっちゃね!

    邂逅編を読み進めるごとに「真皓き残響」というタイトルの持つ意味を考えてしまう。深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    炎の蜃気楼(ミラージュ) 邂逅編 シリーズ4作目。「十三神将」、コバルト文庫サイズで書店でお探しを(笑)

    本編(完結)で絶叫した後に、こんな時代があったんだと
    眺めることができる、かも。距離感に、本編での激情を癒してください。
    夜叉がまだそろわない邂逅編、4作目で安田長秀 登場!
    本編ではすでに仲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    長秀が超絶身勝手で最高です。長秀と景虎の確執はここからずっと続いていくんだなあ。そしてどんどん妄想が激しくなる直江が気になって仕方ない。小鬼・竜と景虎の場面素敵。速ノ助への気持ちとか、御百度参りするとことか、景虎様の張り詰めたやさしさ大好きだ、と改めて思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月26日

    安田さんは結構おじいさんになってから亡くなった人だというのが意外。
    千秋氏とかキャピキャピしてたのに。
    肉体の在りように精神も影響されるんでしょうか。

    景虎さまはカリスマの片鱗を見せはじめ、直江はまずはくるっと一回り。
    換生先の身体関連以外にも現世とのしがらみが生じはじめる。
    あのお坊さん、これか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「来い」
    毘沙門天と結縁した魂同士の引力が十三神将を退けて結びついた。長秀の霊魂が景虎の肉体に飛び込んだ瞬間、景虎はその衝撃に耐えるよりも数瞬恍惚を感じたように、指先を震わせ、目を細めて天を仰いだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    直江がハァハァしだしたのでジャンル変更。
    あんまストーリーなかったかな。
    ファンがそれぞれの萌えポイントを見つけられればそれでヨシ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年07月04日

    長秀参入でようやく5人揃った夜叉衆。
    それにしても、長秀ほんっっとにヤなやつでどうしようかと。
    でも多分、1番現実的で合理的な考え方が出来る人なんじゃないかな。
    敵方の大将、しかも自分なんかよりもだいぶ若い男を今日から主人と呼べ!って言われても、すぐには納得できないよね。
    戦国を生きてきた武将なら尚...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

炎の蜃気楼 のシリーズ作品 1~74巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~74件目 / 74件
  • 炎の蜃気楼
    506円(税込)
    武田信玄(たけだ しんげん)の霊を封印した《魔縁塚(まえんづか)》が、何者かによって破壊された夜――高耶(たかや)の親友・譲(ゆずる)は、火だるまになる夢を見た。「ようやく見つけましたぞ、お屋形様(やかたさま)…」譲に忍び寄ってくる武者たちの亡霊…。強力な霊によって憑依(ひょうい)されようとしている譲を救おうとする高耶は、不思議な《力(りょく)》を使う直江(なおえ)と出会った。自ら何百年も生きた...
  • 炎の蜃気楼2 緋(あか)の残影
    武田信玄(たけだ しんげん)の怨霊(おんりょう)の暴動を鎮め、平穏な日々をおくる上杉景虎(うえすぎ かげとら)の換生者(かんしょうしゃ)・高耶(たかや)。だが、景虎復活を知り、織田信長軍が動きはじめた。現代を、怨霊が争う《闇戦国(やみせんごく)》に変えようとする織田軍の森蘭丸(もり らんまる)。まだ《力(りょく)》が目覚めきっていない高耶を狙って、つぎつぎと巧妙な罠が仕掛けられる!! また、突然...
  • 炎の蜃気楼3 硝子の子守歌
    仙台市で、建築物が一瞬のうちに倒壊する事件が続発。直江(なおえ)の連絡で、高耶(たかや)と綾子が調査に向かうことになった。仙台では活発化する最上義光(もがみ よしあき)軍の怨霊(おんりょう)に対抗するため、伊達政宗(だて まさむね)が復活。激しい、《闇戦国(やみせんごく)》を繰りひろげていた。政宗と同盟を結ぼうとする高坂弾正(こうさか だんじょう)、事件のかげに見え隠れする狐の霊を操る女…。...
  • 炎の蜃気楼4 琥珀の流星群
    高坂(こうさか)の謀略で慈光寺(じこうじ)を爆破され、九死に一生を得た高耶(たかや)。だが、住職の国領(こくりょう)は瀕死の重傷を負ってしまった。自分の無力さを知り、かつての景虎(かげとら)の《力(りょく)》を取り戻そうと苦しむ高耶だが…。一方、仙台に集結した千秋(ちあき)、綾子らは、仙台市を『金輪(きんりん)の法』を用いた巨大な結界(けっかい)で包囲する最上義康(もがみ よしやす)を追っていた...
  • 炎の蜃気楼5 まほろばの龍神
    夜な夜な出没するという火の玉「ホイホイ火」を調査するために、奈良入りした高耶(たかや)と千秋(ちあき)。火の玉に殺された塩原の家に向かった高耶たちは、そこで妖怪にとりつかれた少女・なぎと出会った。なぎに寄生しているのは、戦国時代の茶釜の妖怪・平蜘蛛(ひらぐも)だった。なぎを救うために、妖怪を操る『信貴山(しぎさん)の龍神』の正体を探ろうとする高耶たち。だが、宿敵・織田軍も、なぎを狙...
  • 炎の蜃気楼─断章─ 最愛のあなたへ
    奈良の事件を解決し、かつての上杉家の古戦場を訪ねた高耶(たかや)と直江(なおえ)。だが、そこでも《闇戦国(やみせんごく)》の怨将(おんしょう)の陰謀が渦巻いていた。佐々成政(さっさ なりまさ)を狙う早百合姫(さゆりひめ)の秘密とは?(「最愛のあなたへ」)。母に去られ、酒乱の父に反発しながらグレていた中学時代の高耶。孤独な彼の心を救ったのは、そばにいる譲(ゆずる)の存在だった。そんな時、高耶...
  • 炎の蜃気楼6 覇者の魔鏡(前編)
    日光東照宮から、何者かに盗まれた秘宝の鏡は、人間の魂を封じこめる魔鏡だった。一方、由比子(ゆいこ)とともにプールに出かけた紗織は、謎の白い腕が次々と若い女性を水中に引きずりこむのを目撃する。《闇戦国(やみせんごく)》の北条の動きをめぐって、霊が活発化しているのだ。紗織の連絡を受けて《調伏(ちょうぶく)》に向かった高耶(たかや)たちだが、彼らを待っていたのは、練馬城の悲劇の姫・伊都(い...
  • 炎の蜃気楼7 覇者の魔鏡(中編)
    魔鏡に魂を封じられ、北条氏照(うじてる)の手におちた高耶(たかや)。思念波(しねんは)によって送られた映像を頼りに箱根に駆けつけた直江(なおえ)が見たのは、生きる屍(しかばね)と化した高耶の姿だった。《闇戦国(やみせんごく)》制覇を目論む北条一族は、景虎(かげとら)の魂を神木(しんぼく)に木縛(こばく)し、霊的な兵器にしようとしているのだ。一方、伊達小次郎(だて こじろう)に拉致(らち)された譲(...
  • 炎の蜃気楼8 覇者の魔鏡(後編)
    「このひとを鏡の中から解放してほしい」それが、直江(なおえ)の選んだ願いだった。北条氏康(うじやす)の化身した竜が持つ「つつが鏡」に呼応し、魔鏡から高耶(たかや)の魂が放出された。意識を取り戻した高耶は風魔が支配する箱根を脱出し、譲(ゆずる)が〈木縛(こばく)〉されようとしている日光へ向かうのだった。天海僧正(てんかいそうじょう)が徳川幕府守護のために、強力な呪法(じゅほう)を行ったとい...
  • 炎の蜃気楼9 みなぎわの反逆者
    大阪の製菓会社社長・狭間(はざま)の前に姿を現すという「お姫様の霊」を探るために、秘書兼ボディ・ガードとして会社勤めを始めた直江(なおえ)。高耶(たかや)と綾子も、怨将(おんしょう)・荒木村重(むらしげ)を追って、京都に来ていた。一向宗(いっこうしゅう)は荒木一族の怨念を封じ込めた『遺髪曼荼羅(いはつまんだら)』を使って強力な「荒木大砲」を作ろうとしているのだ。ついに村重を見つけ出した高...
  • 炎の蜃気楼10 わだつみの楊貴妃(前編)
    譲(ゆずる)の心配をよそに、留年が決定的となった高耶(たかや)。直江(なおえ)との関係もいっこうに良くならず、「おまえは、直江をなくすことになるぞ」という千秋(ちあき)の忠告にも耳を貸そうとしない。一方、直江と綾子は、闇戦国(やみせんごく)がらみの海難事故の調査のため、神戸に来ていた。毛利の村上水軍が、巨大な怨霊(おんりょう)の戦艦を作りあげようとしているらしい。そんな時、直江は、《力(...
  • 炎の蜃気楼11 わだつみの楊貴妃(中編)
    大破した船から投げ出された高耶(たかや)、直江(なおえ)、風魔小太郎は、瀬戸内海の小島に漂着していた。身を挺して高耶を守った直江だったが、その目は光を失ってしまっていた。信長を討つため、毛利、一向宗と手を組もうとする小太郎に、高耶は激しく抵抗するが、直江を人質に取られ、毛利の本拠地へと連れ去られてしまう。一方、大和の謎を追っていた綾子たちは〈楊貴妃〉に会うため、秋芳洞(あきよしど...
  • 炎の蜃気楼12 わだつみの楊貴妃(後編)
    輝元(てるもと)が放った銃弾は、直江(なおえ)の心臓を撃ち抜いていた。駆け寄った高耶(たかや)とたった一瞬、視線が結ばれ、それが直江の最期だった。「直江、早くオレを助けてくれ。早く、おまえがいる世界に帰りたい…」その瞬間、毛利の本拠・萩城(はぎじょう)一帯を激しい地震が襲い、巨大な火災の渦が夜空に燃え昇った。高耶の魂の絶叫が、地上に大崩壊を招こうとしていたのだ! 衝撃の第一部完結編!
  • 炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)
    萩城(はぎじょう)の事件から二度目の冬が訪れた。19歳になった高耶(たかや)は直江(なおえ)の〈死〉を記憶から消し去り、小太郎を直江だと思いこんだまま、怨霊調伏(おんりょうちょうぶく)に奔走していた。一方、度重なる心霊事件の真相を究明するため、国家公安委員会・特務調査部が動きだし、重要参考人として高耶の調査を進めていた。不審な事件が続発する江の島に向かった高耶は、妙に懐かしさを感じさ...
  • 炎の蜃気楼14 黄泉への風穴(後編)
    色部(いろべ)に連れられ、鎌倉に出向いた千秋(ちあき)は、意外な人物に出会った。それは萩城(はぎじょう)での事件以来、姿を消していた《軒猿頭(のきざるがしら)》八海(はっかい)だった。八海は、謙信からの命令で秘密裏に行動していたことを告げる。一方、開崎(かいざき)に連れ去られた高耶(たかや)は、里見一族に拉致(らち)されていた。だが《力(りょく)》を封じられ無力な高耶に「あなたのそばに行く。...
  • 炎の蜃気楼15 火輪の王国(前編)
    熊本に異常な霊的磁場が発生し、それを察知した上杉の白衣女(びゃくいめ)が、何者かに討たれた。磁場の中心と見られる古城(こじょう)高校に高耶(たかや)は生徒、千秋(ちあき)は非常勤講師として潜入する。古城高校は、生徒会長・御廚樹里(みくりやじゅり)が生徒を絶対服従させる異常な高校だった。転校一日目から生徒会とトラブルを起こした高耶は、事件に《闇戦国(やみせんごく)》の換生者(かんしょうしゃ...
  • 炎の蜃気楼16 火輪の王国(中編)
    頼竜(らいりゅう)の放った念に、高耶(たかや)はもろくも倒れた。鉄のかたまりのような念が、高耶の体を直撃したのだ。清正に抱かれた高耶は、ぼんやりと暗い視界に、空から無翼天使たちが降りてくるのを見た。天使たちは高耶を病院へ運ぶ。急を聞いた綾子は、病院へと駆けつけた。そこで信じられない言葉を聞いた。「彼は死んだ」しかも、遺体はすでに身内の人間が、運び出したというのだ…。
  • 炎の蜃気楼17 火輪の王国(後編)
    高耶(たかや)を探して阿蘇山中をさまよう風魔小太郎(ふうまの こたろう)は、島津の鎧武者に囲まれていた。次々と襲いかかる亡霊たちに、小太郎は神刀・嵐斬丸(らんざんまる)で立ち向かうが…。一方、高坂弾正(こうさか だんじょう)を八海(はっかい)にまかせ、高耶のあとを追う開崎(かいざき)/直江信綱(なおえ のぶつな)は、島津兵との戦いで瀕死(ひんし)の重傷を負った小太郎と出会う。「わたしという直江な...
  • 炎の蜃気楼18 火輪の王国(烈風編)
    直江(なおえ)に大将の座を奪われ、謙信(けんしん)に裏切られた高耶(たかや)は、疑心暗鬼にとらわれて千秋(ちあき)に襲いかかった。千秋を吹っ飛ばしさらに念を撃ち込もうとした瞬間、高耶の《力(りょく)》の制御が効かなくなった。千秋に直江の死の真実を告げられた高耶は、ひとりで去っていくのだった。一方、島津との戦いが続く古城(こじょう)高校では、ついに《黄金蛇頭(おうごんじゃとう)》が樹里(じゅ...
  • 炎の蜃気楼19 火輪の王国(烈濤編)
    熊本市街の怨霊たちを呑みこんだ<黄金蛇頭>(鬼八の首)は、阿佐羅たちによって、阿蘇へと持ち去られた。それを追う信長、清正、光秀。市内の混乱をよそに、阿蘇では大友と組んだ直江ら新上杉が、阿蘇中岳で陽威ダム建設のための呪法『大火法輪』の準備を着々と進めていた。直江ら新上杉を阻止するために、高耶は、彼らと戦うことを決意する。
  • 炎の蜃気楼20 十字架を抱いて眠れ
    四か月も音信不通の兄・高耶を気づかい、携帯電話をプレゼントしようとする美弥。そんな時、突然高耶が松本の街に帰ってきた! しかし、高耶は美弥を抱きしめると、幻のように消えてしまうのだった…。一方、霧に覆われた人知れぬ山荘では、直江が重症を負った高耶の介護を続けていた。鬼八の最期の怨念は高耶の体から消えてはおらず、特に左眼は、見るものを殺す真紅の邪眼と化していたのだ!
  • 炎の蜃気楼番外短編集 砂漠殉教
    霊霧の中に姿を消した高耶を捜して、直江は東京に戻ってきた。前生(ぜんしょう)で知り合いだった村内を訪ねた直江は、黒木という若い情報屋を紹介される。一方、換生者の肝を狙う一蔵が直江にまとわりつき…?<砂漠殉教> 城北高校の卒業式。さまざまな進路を歩む級友の中に、高耶の姿がないことに気づき、譲は言い知れぬさびしさを覚えるが…。十八歳の譲と高耶を描く番外編。<十八歳の早春賦>
  • 炎の蜃気楼21 裂命の星
    阿蘇での一件以後、譲(ゆずる)は、武田の手に落ちていた。譲の持つ弥勒菩薩(みろくぼさつ)の力を得て、信玄は<闇戦国>制覇に動きはじめるのだった。また、綾子は織田に捕らえられ、人質としての日々を送っていた。織田の同志として綾子の前に現れた見知らぬ男は、意外にも……。一方、直江に別れを告げた高耶(たかや)は、ひとり四国の山中に潜んでいた。そこで出会った記憶喪失の潮(うしお)に高耶...
  • 炎の蜃気楼22 魁の蠱
    506円(税込)
    「星の岩屋」は岩盤が崩れ落ち、祠は何か大きな力で吹き飛ばされていた。裂命星(れつみょうせい)を先に奪われ、怒りをこらえる直江だったが、かすかに残った高耶(たかや)の気配を感じ……。裂命星を奪った赤鯨衆だったが、白地城攻略を前に嶺次郎と草間の対立が深まっていた。衰弱している高耶は、白地攻めの遊撃隊長に抜擢され……。一方蘭丸の命を受け、裂命星を狙って織田の刺客が迫りつつあった!
  • 炎の蜃気楼23 怨讐の門(青海編)
    剣山で裂命星(れつみょうせい)を護りきってから、高耶(たかや)は赤鯨衆(せきげいしゅう)の新たな熱源となっていた。高耶自身、赤鯨衆を仲間として受け入れつつあるようだった。裂命星を足摺まで輸送するため、特別遊撃隊として室戸の猛者たちが高耶の配下に加わった。だが、中川は高耶を景虎の換生者ではないかと、疑いを持つのだった。一方、高耶を探して祖谷に向かった直江は、山中で大きな黒い毛...
  • 炎の蜃気楼24 怨讐の門(赤空編)
    上杉景虎(かげとら)が赤鯨衆に捕縛された。高耶(たかや)の身柄は草間の手に預けられ、尋問が始まった。しかし尋問とは名ばかりで、草間は募りに募った怒りと憎しみを景虎にぶつけるのだった。なんとか、高耶を救おうとする中川は、嶺次郎にかけあうが、逆上した嶺次郎は中川の話を聞こうとしない。高耶という軍団長を失った前線には動揺が走っていた。そんな時、傷だらけの高耶の前に、兵頭隼人が姿を...
  • 炎の蜃気楼25 怨讐の門(白雷編)
    赤鯨衆に戻った高耶は、傷が癒える間もなく戦闘に復帰した。鷹の巣砦の陥落を聞いた時から、高耶の心はひとつのものに向かっていたのだ。伊達の新型兵器の前に敗れた鷹の巣砦の有り様は無惨で、遊撃隊で無事が確認されたのは、十名だけ。兵頭すら安否が確認されていなかった。直江を気づかう高耶は、嶺次郎に直江の正体をあかそうとする。その時、口屋内が攻め込まれたという連絡が入った!
  • 炎の蜃気楼26 怨讐の門(黒陽編)
    直江が高耶に『事実』を告げる時が来た。ごまかそうとして黙っていたわけではない。これから明かそうとすることが、高耶からどれほどのものを奪うかと思うと、言いだせなかったのだ。「あなたに、魂の終わりが近づいています」容赦ないほどに、冷酷なほどに、直江は事実を語り続ける。間近に迫る魂核爆発を告げられ、高耶は最後の決断を迫られるが……?
  • 炎の蜃気楼27 怨讐の門(黄壤編)
    ミホの襲撃を退けた後、高耶と白装束の遍路は、四万十川の川岸までやって来ていた。弘法大師空海を殺したという遍路から、高耶は<山神>や<裏四国>に関する衝撃的な事実を聞いた。霊場結界が消滅すると、四国に天変地異が起こるというのだ。牛鬼たちを引きとめ、結界の破壊をやめさせようとする高耶だったが、ミホの鉈に塗られていた毒が体に回りはじめ……!?
  • 炎の蜃気楼28 怨讐の門(破壤編)
    総攻撃の時が来た。高耶と赤鯨衆の船団は「国崩し」を擁し宇和島湾の防備の突破を図り、陸上軍も必死に宇和島を目指していた。迎え撃つ宇和島城内には、復讐の鬼と化した伊達政宗と、烈命星の欠片を手にした信長の操り人形・小次郎。村上水軍も伊達の援軍として南下を開始する。高野山が送り込んだ<黒の僧兵>。霊場結界の破壊に動く<山神>たち……。ついに『怨讐の門』完結!
  • 炎の蜃気楼29 無間浄土
    一年半前、四国を襲った謎の大停電――それと時を同じくするように、日本各地に奇妙な症候群が発生し始めた。どうやら、コンピュータが関係した病のようなのだが、その患者は増えるばかり。いったい何が……。――戦国時代に端を発し、長野・松本で我々の前に姿を現した壮大な物語。各地にちらばるその関係者の運命を巻き込んで、巨(おお)きな輪が回り始めた。いよいよ、舞台は全国へ!
  • 炎の蜃気楼30 耀変黙示録 I ―那智の章―
    自分は四国のカルト宗教団体に拉致監禁されていた。その団体の教祖の名は――。人気ロックアーティストに換生している信長に名指しされた高耶と赤鯨衆は、まだその波紋の深刻さに気づいていなかった。一方、富士山麓で復活を遂げた成田譲、那智・勝浦からの謎の漂着者。各地に蔓延する奇病、怪しい黄金の雨。それらすべてが「真の闇戦国」の開始を告げていた……。
  • 炎の蜃気楼31 耀変黙示録II ―布都の章―
    成田譲によって、自宅から連れ出された美弥。彼女は今までの不安から、譲に何が起きているのか説明を求める。だが、譲の言葉に不安は強まり、そして恐怖へと変化した! 一方、高耶たちはヒルコ流しに加わった人物を訪ねるが、その身勝手さに高耶は怒りを覚え、挙句殴ってしまう。その後、彼らは「フツ」の手がかりである板神璽の謎を解くべく、神体文字を読めるサニワの元へと向かうが……!?
  • 炎の蜃気楼32 耀変黙示録III ―八咫の章―
    高耶たちは三枚の鏡に記された「ゴトビキ岩」を求め、神倉神社へとやって来た。そこで高耶は、“仇討ち”に来たという高校生に出会う。待ち伏せていた彼の語るその理由に、高耶たちは衝撃を受けるが!? 一方、大都市と呼ばれる各地では京都市民消失事件を機に、混乱した人々が暴動を起こしていた。――年代を問わず蔓延する怨霊。すでに《闇戦国》は、戦国の死者だけのものではなくなっていた!
  • 炎の蜃気楼33 耀変黙示録IV ―神武の章―
    神々の数を示す神璽の鳥は残り六十羽をきった。布都御魂(ふつのみたま)を手にするため、那智の滝で解錠神事に挑む直江らを襲った綾子たち。彼らは大斎原(おおゆのはら)から解放された大霊に憑依されていた! 窮地に追い込まれた直江は決死の反撃を試みるが!? 一方、弥勒の発現した譲(ゆずる)に喰らわれる高耶(たかや)は、意外な者たちの出現を目の当たりにする。熊野に怨将が集結する中、四国では崇徳院の...
  • 炎の蜃気楼34 耀変黙示録V ―天魔の章―
    布都御魂(ふつのみたま)を奪い、高耶(たかや)までも連れ去った織田信長。その後を追い、直江は赤鯨衆(せきげいしゅう)や綾子の制止を振り切り、単身伊勢へと向かう。高耶の魂を延命するかわりに臣下になれと言った、信長のもとへ。一方、捕らわれの身となった高耶は、《闇戦国》の根底にある事実とその目的を信長の口から知ることになった!? 時代をこえて拡大した《闇戦国》は今、信長の思惑のままに、世...
  • 炎の蜃気楼35 耀変黙示録VI ―乱火の章―
    己が手に堕ちた高耶の姿を四国中に見せつけ、信長は《裏四国》支配を宣言した。その上で、赤鯨衆が降伏せねば、高耶が四国に地獄をもたらすと言う。衝撃を受けつつも、嶺次郎は彼を救出すべく安土城へ向かおうとする。だが、信長は既に動塞・安土城によって彼らを射程に捉えていた! 一方、紫燈護摩を執り行う本宮大社では、死者を排除しようと現代人が押しかけ、テルたち修験者を襲い始めて!?
  • 炎の蜃気楼36 耀変黙示録VII ―濁破の章―
    高耶救出に失敗した直江は、彼の前に立ちはだかった色部勝長らから、《冥界》に関する衝撃の事実を知らされ、愕然とする。神器発動を機に安土城への直接攻撃を開始する室戸水軍。ついに魔王・信長への反撃が始まる!? 一方、苦しい戦いを強いられる嶺次郎、カオルらの前に金色の八咫烏(やたがらす)が現れ、高耶の思いを伝える。八咫烏は《闇戦国》の到る所に出現し、並みいる怨将を騒然とさせるが…。
  • 炎の蜃気楼37 革命の鐘は鳴る
    西の空から飛んできた火の玉は安土城を直撃し、伊勢湾に広がった衝撃波はすべてを呑みこんだ!? 目が覚めた直江の前に広がるのは廃墟と化した街…。高耶たちの姿は見えず、身体のなかに信長の気配を感じることもない。闇戦国は消えてしまったのか、「あのひと…は」? 呆然と座りこむ直江の前に一人の男が現れ、告げた。ここは「神殿」、かつて「イセ」と呼ばれた「闇戦国」の遺構なのだと。
  • 炎の蜃気楼38 阿修羅の前髪
    禁忌大法完成の『国譲り』を行うため内宮に現れた信長の前に立ちはだかったのは、弥勒の時空縫合を破り【遙か未来のイセ】から帰還した直江だった。『魂核死の手形』を得るために信長の真の僕(しもべ)となるか、布都御魂を得るために戦うか、直江に選択の時が迫る。伊勢の市街地では影虎方と織田方の怨霊が激闘を繰り広げ、一方〈黄泉〉の世界では、礼が、流された天孫方の神々を集め始めていた。
  • 炎の蜃気楼39 神鳴りの戦場
    熊野が炎に包まれ、大斎原(おおゆのはら)が鳴動を始めた。伊勢では礼に換生した信長の手によって禁忌大法が成就し、内宮が陥落した。大混乱の中戦況は厳しくなるが、やがて純白の十二単をまとった乙女たちが戦場に降りてきた。降臨した歴代斎宮による大祓えが始まり、怨霊たちの殺気を鎮めていく。巨大な力を手中に収め、幻宮に入った信長。布都御魂を取り戻し、礼を救うため、高耶は幻宮へ!?
  • 炎の蜃気楼40 千億の夜をこえて
    直江に抱えられ、傷ついた身体で天御柱に向かった高耶。二人がその中で見たものは思念の歴史を刻む心御柱だった。過去を遡り、思念の激流に放り込まれた高耶は、懐かしい人の思念と出会い、導かれるまま魔王・信長を追う。一方、伊勢合戦は全国に飛び火し、苦戦する嶺次郎たちのもとに現代人の僧侶たちが集まった。壮大な〈闇戦国〉の果てに待つものとは!? 「炎の蜃気楼」完結編。
  • 炎の蜃気楼 番外編 Exaudi nos アウディ・ノス
    直江、24歳。信長の《破魂波》に立ち向かった影虎の安否はわからない。長兄の照弘に頼まれて、すすり泣くという観音像を霊査した直江は、それが隠れ切支丹たちが礼拝したマリア観音であることに気づく。直江はその像に強い罪と後悔の念を感じ、興味をひかれていくが…(『Exaudi nos』)。他『GOLD WINNER』『夜を統べる瞳』収録。大人気『炎の蜃気楼』番外編。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 番外編 群青
    戦国の世から四百年。北条は甦り、《闇戦国》に参戦。氏照は実弟・三郎(影虎)が人質として送られたはずの上杉で、総大将の任についていると知った。氏照は三郎の身を案じ、北条へ取り戻したい、故郷の相模に連れて帰りたいと切望するが……。北条兄弟を描く「群青」に、別れた母と高耶を見守る直江を描く短編「七月生まれのシリウス」を併録。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 番外編 真紅の旗をひるがえせ
    城北高校のお膝元、松本城で起きた幽霊騒動(「ふたり牡丹」)。自らの過去を知る面差しの似た女性に千秋は…(「鏡像の恋」)。赤鯨衆に潜り込んだ内通者の正体とは(「真紅の旗をひるがえせ」)。高耶、兵頭それぞれの心におりてくる思い(「さいごの雪」)。城北高校時代から赤鯨衆での日々まで、懐かしいあの頃が甦る「炎の蜃気楼」サイド・ストーリー。珠玉の短編集。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 番外編 赤い鯨とびいどろ童子
    怨霊になっていた土佐の野武士・嘉田嶺次郎は現代人に憑依して甦った。死霊たちに追われる嶺次郎は、草間清兵衛に助けられる。《闇戦国》に巻き込まれた二人のもとにはやがて仲間たちが集うように。一方、嶺次郎は寿桂尼とうい尼僧から不思議な力を持つ仏像びいどろ童子を預かるが、像の中には誰かの魂が封じ込められているようで…。表題作のほか、高耶と直江をめぐる短編2作を収録。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響1 夜叉誕生(上)
    現代から遡ること四百年。戦国時代。越後では、鮫が尾城の怨霊の噂が広がっていた。家督争いで敗死した敵の大将・景虎。彼が景勝への怨みを抱え、城へ近づく者をとり殺し、様々な災いを招いているのだと。そんな景虎を鎮め導くため、僧侶がひとり鮫が尾城へ向かうが…!? 景虎と直江。“運命のふたり”が出会い、壮絶荘厳な物語を紡ぎ始める。もうひとつの「炎の蜃気楼」がついに登場!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響1 夜叉誕生(下)
    換生した直江は、勝長の指示で不動山城へ向かっていた。そこに、直江の宿体の名を知る者が現れ、「裏切り者」と刃を向けられる!? 一方、景虎は勝長とともに不動山城へ向かう。景虎たちは途中、祟りを受け廃墟と化した村の惨状を目の当たりにする。そして、祟りは彼らをも襲い、絶命させようとしていた。そこに助けられた景虎たちだったが、祟りを鎮めるために贄として村人に捕らえられ…!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 2 真皓き残響 妖刀乱舞(上)
    別行動をしていた勝長から、景虎と直江は奇妙な噂を聞いた。妖刀による、刃傷事件が相次いでいるというのだ。妖刀はあまりの多さに『狂刀』と呼ばれ、それは景勝の陣中においても騒ぎをおこしていた。景虎たちは、その事件を調べるために府内に戻る。だがそこで、暴力沙汰を起こしていた少年が「狂刀は景虎公とおれたちがバラまいた」と叫ぶのを聞いて…!? 炎の蜃気楼邂逅編2、待望の電子化!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 2 真皓き残響 妖刀乱舞(下)
    死に際の景虎の怨念を受け、付喪神(妖刀)となった吉祥丸。偽景虎を首領とする黒鳥党はそれを利用し、狂刀を生み出していた。一か所に置かれた夥しい数の狂刀は、巨大な刀の化け物となり、殺戮を始めた。景虎は化け物を止めるべく念を駆使するが、苦戦し力を使い果たしてしまう。そこへ直江が駆けつけて来た。希望を繋いだ景虎だったが、直江は無表情のまま太刀を抜き、斬りかかってきた…!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編3 真皓き残響 外道丸様(上)
    死んだはずの己が換生によって新たな肉体を得、今を生きている。そのことが、景虎の心に陰を落としていた。それが付け入る隙となり、彼は『玄奘蜘蛛』に捕らわれてしまった。人の心を糧とする蜘蛛は、見えない糸で景虎の心を絡め取り喰らおうとする。しかし、人とは相容れぬ場所に巣食う蜘蛛を退治するには、誰かが命を捨て霊体とならねばならなかった!? そのことを知った直江と晴家は…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編3 真皓き残響 外道丸様(下)
    取人を乗せた船は、佐渡へ向かって海原に漕ぎ出す。取人浚いの起こした騒ぎに巻き込まれた景虎は、その船の荷部屋にいた。そこで彼は夢を見る。己の過去と、己の記憶にはないはずの過去を…。そして、知らぬはずの記憶はまるで実際に体験したかのような現実味を彼に与えた。それは景虎の宿体・兵蔵太の記憶であった。その記憶は彼の知らぬ間に入り混じり、人格に影響を及ぼし始めるが…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響4 十三神将
    取人の村で傷を癒す景虎。その前に現れたのは速之助に換生した安田長秀だった。速之助の肉体を易々と奪い、傲慢を隠さない長秀に景虎の激しい怒りが!? やがて旅立った一行は近在の橋に棲みついた怨霊退治に乗り出す。お百度参りをすると十三神将が出現し、願いが叶うという。母の病を治そうと〈物の怪橋〉に呑み込まれた少女の想いを知った景虎は自ら橋のお百度参りに挑むが…。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響5 琵琶島姫
    戦国時代、御館の乱に敗れ怨霊大将となった上杉景虎は越後に甦り、仇敵直江信綱と巡り会う。謙信公の命で仲間とともに怨霊退治の旅を続ける二人だが、柏崎の琵琶島城付近では怪しい出来事が起きていた。おなごの霊たちが武者軍団となって恨みをはらしに現れ、なかでもおんな怨霊大将と呼ばれる霊は「景虎」に恨みを持つという。景虎は妻・春姫の怨霊ではないかと、調査に乗り出すが…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響6 氷雪問答
    怨霊調伏を使命としてこの世に蘇った景虎たちは、旅の中で白拍子の娘・雪蛇と出会った。その正体は千年を生きた大蛇(おろち)であり、竜神となるための儀式に失敗し命を落としたという。だが、雪蛇は竜神になることを諦めきれずにいた。今一度チャンスを得るため、雪蛇に後見人として協力を求められ、景虎たちは弥彦の大天狗との問答勝負に挑むことになるが!? 表題「氷雪問答」他、「傾奇恋情」を収録。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響7 奇命羅変
    柏崎で水が燃えるという不思議な噂を耳にした景虎は、怨霊の仕業と睨み調査を始めた。勝長の協力で「燃える水」を精製する里へと足を踏み入れた景虎だったが、そこで幻惑にかかり囚われの身となってしまう。だが、里長の少年と接触する機会を得た彼は、少年に気に入られ、仲間になることを執拗に迫られることに!? 時同じくして、奇命羅と名乗る謎の刺客が、直江たち夜叉衆を襲撃する…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響8 十六夜鏡
    死者の姿を映し言葉を伝える怪鏡・十六夜鏡。ある日、その鏡が夜叉衆のもとに持ち込まれる。亡き妻が三途の川渡りを妨げられると訴えているというのだ。早速調査に乗り出す夜叉衆だったが、その夜、景虎は鏡の中にある人物が映し出されるのを見る。それはかつて彼の養父だった武田信玄だった。驚愕する景虎に信玄は、冥界から越後を攻略すると伝えてきて…。あの世からの宣戦布告に景虎は!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響9 仕返換生
    双六を使い怪異を起こしていた怨霊を退治した夜叉衆は、新たな怪異の調査に乗り出す。そんな彼らを陰から監視する者がいた。直江の宿体・九郎左衛門を裏切り者と恨み、追ってきた若者だ。だが、景虎と行動する直江は若者の存在に気づかず、かつての居城・与板へと向かう。そんな折、直江に九郎左衛門の記憶が甦る兆しが表れて…!? 表題作「仕返換生」ほか、4編を収録!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響10 神隠地帯
    “神隠し”に遭い、『神通力』を得て戻る子供が急増しているという。その多さに不審を抱いた景虎たち夜叉衆は“神隠し”の起きた村へ赴き、原因を調査することに。景虎は直江とともに未来を予知する少年を訪ね、“神隠し”に遭った先で不思議な尼僧に助けられたことを知る。また、勝長が訪ねた先では宇具奴神を祀る大釜池神社の札を見つけて…。事件の裏に框一族の影が差す! 彼らの目的とは!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響11 蘭陵魔王
    猩々との戦いの中、喀血に倒れ息絶えた景虎。だが使命を全うせずに死ぬなど彼には許されず、闇雲に掴んだ新たな宿体へと換生する。それは神隠しに遭い言霊の神通力を得た六郎太だった。だが悔やんだところで事態は変わらない。框の長・蘭陵王の企むままに神々は隠され、宇具奴神の力は強まり、春日山城侵攻する手立ては進む。景虎は六郎太として宇具奴城へ迎えられ蘭陵王と対峙するが…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響12 生死流転
    蘭陵王との闘いを終えた景虎は、景勝への反抗軍に加わった晴家を説得するべく、夜叉衆とともに新発田城へ向かう。景勝方の間諜と誤解され、捕らえられた景虎だが、新たな宿体が子どもであることを利用し、晴家との接触にまんまと成功する。しかし、再会した晴家はまるで別人のように変わってしまっていて!? 景虎と直江――運命のふたりの出会いから始まる物語を描く邂逅編、ついに完結!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 幕末編 獅子喰らう
    『炎の蜃気楼』幕末編、登場! 巻き返しを図る攘夷の志士と佐幕派が血なまぐさい争いを続ける幕末の京都。カゲトラと名乗り、勤皇派ばかりを狙う人斬りがいた。お蔦(柿崎晴家)は正体を見極めようと「人斬りカゲトラ」を追うが…!? 表題作ほか、長州の潜伏志士のもとに潜入した景虎の暗躍と池田屋事件の裏側を描く一編「獅子疾走る」を収録。激動の時代を生きる夜叉衆が京の街を駆け抜ける!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 幕末編 獅子燃える
    池田屋事件での死者による霊障を警戒する景虎と直江は、調査中に新撰組を襲う怨霊と遭遇した。手強い怨霊に苦戦するなかで景虎はある男の姿を目にする。それは以前、三縁寺で出会った土佐訛りの浪人だった。池田屋で散った友のために慟哭していたこの男が怨霊調伏の鍵と景虎たちはにらむが!? 騒乱の京都で立場の分かれた夜叉衆が怨霊に立ち向かう! 表題作ほか書き下ろしを含む2編収録。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 昭和編1 夜啼鳥ブルース
    【2014年に舞台化!】終戦からおよそ十年。新橋駅近くのガード下にあるホール「レガーロ」では今宵もマリーの歌声が響き、ボーイの朽木が聞き惚れている。閉店後、朽木の前に戦死した彼の友人の名を騙る男が現れた。男に襲われた朽木を、ホール係の加瀬とマリーが助ける。一方、店の常連客である医大生・笠原は、龍に守られている後輩・坂口と知り合い…? 夜叉衆が混沌の時代を駆ける! 昭和編、始動。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 昭和編2 揚羽蝶ブルース
    【2014年に舞台化!】朽木が去った「レガーロ」では、バンドメンバーが次々と負傷して店に出られなくなる原因不明のアクシデントが続いていた。そんな折、執行オーナーの前に、元歌姫で今は大手プロダクション社長となった青木早枝子が現れる。彼女の狙いは「レガーロ」の乗っ取りだったが、その周辺には織田と六王教の影が…。真相を探るべく加瀬たちが調査に乗り出す中、「レガーロ」に爆破予告が届き…?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 昭和編3 瑠璃燕ブルース
    織田の企みを阻止した景虎たちは、束の間の平穏を味わっていた。ある日、マリーにデビューの話が持ち上がる。だが、自分たちの役目を思うと景虎には認められず彼女と喧嘩に。「レガーロ」でピアノを弾くようになった美奈子とも言い争いをしてしまう。そんな中、店に謎の髑髏が送られてくる。以来、景虎の周囲に異変が…? 皇太子ご成婚に沸く世間の裏側で、新たな戦いが始まる…!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 昭和編4 霧氷街ブルース
    信長が換生した状態の朽木と景虎たちが対峙してからしばらくののち、直江(笠原)が通う大学の構内で、不発弾が爆発する事件が発生した。現場はかつて陸軍の秘密研究所があった場所だった。その後、学生たちの間で「同じ夢を見る」という奇妙な現象が広がり、直江も同様の夢を見る。そして、ついに眠りっぱなしになる学生が出てしまう。景虎とともに真相究明に乗り出した直江だが…。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 昭和編5 夢幻燈ブルース
    直江の宿体・笠原が通う東都大の学生たちの間で広がる『異床同夢』の幻想。景虎が街で見つけた、霊を活性化させるバイオリン弾きの男。一見無関係のように思えた二つのキーワードは、朽木――信長へと繋がっていた。『死の船』の謎を解き、織田側の企みを知るため、景虎は直江に命綱となる形代を持たせ、夢の世界へ入っていく。そして、乗り込んだ船の中で意外な人物と遭遇するが…?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 昭和編6 夜叉衆ブギウギ
    加瀬と記者・滝田、そして『レガーロ』との出会い、笠原のにぎやかな大学生活、歌姫マリーが生まれたきっかけ、異国の地で過ごした宮路の青春、医師・佐々木のあり方に一石を投じた男――。終わりの見えない戦いをくり広げる夜叉衆だが、彼らには現代人としての生もある。それぞれの立場で精一杯生きる彼らの日常や想いを描いた珠玉の短編集。雑誌Cobalt掲載のショート4編も収録。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 昭和編7 無頼星ブルース
    信長は重傷を負い、『むげん丸』は沈没。死の旋律、そして死の船を巡る戦いは終わった。とはいえ、織田の撤退は一時的なものでしかない。さらに激しさを増すであろう戦いを前に、景虎は『レガーロ』を去った。そして数カ月後、穏やかだった『レガーロ』での日々を忘れようとするかのごとく、織田潰しに没頭する景虎をつけ狙う人物が現れる。その人物は調伏を封じる力を持っていて――。
  • 炎の蜃気楼 昭和編8 悲願橋ブルース
    鬼憑き学生を使った閣僚暗殺は夜叉衆が阻止した。しかしマリーは声を失い、朽木を《調伏》する機会を逃してきた景虎の悔いは深い。苦しい胸の内を吐露する景虎に寄り添うのは美奈子だった――。そんな中、一本の電話が笠原家の悲劇を報せる。友を失い、大切な場所を離れ、なお新しい犠牲が生まれる。様々な矛盾や葛藤を抱えつつ、冷徹に仕事をこなす景虎だが、奇妙な現象に襲われて…?
  • 炎の蜃気楼 昭和編9 紅蓮坂ブルース
    各界へ人脈を広げた信長の策略により、夜叉衆は指名手配犯として追われる身に。景虎は肺が悪いにもかかわらず、薬をもらうことさえままならない。マリーは密かに美奈子へ連絡をとり、薬の受け渡しを依頼する。そして、数少ない協力者となった情報屋・村内の家で景虎と美奈子は束の間の再会を果たす。一方、景虎の体調を案じる直江は、彼の《力(りょく)》が暴走するかもしれない可能性を知り…?
  • 炎の蜃気楼 昭和編10 涅槃月ブルース
    ぼろぼろの肉体と「力(りょく)」の暴走――景虎は不安を抱えながらも、織田がらみの疑獄事件を調べる記者・滝田らの協力もあり、徹底抗戦を貫いていた。一方、景虎に「美奈子を守れ」と命じられた直江は、彼女とともに息が詰まるばかりの逃避行を続け、ようやく阿蘇へ落ち着いた。束の間の平穏だが、自由も安らぎもなく、直江は不毛な自問自答をくり返す。そんな中、意外な相手が美奈子を狙う――。
  • 炎の蜃気楼 昭和編11 散華行ブルース
    直江と美奈子の間になにが起きたのか――。惨劇がもたらしたものを晴家は査べてしまった。そして知ってしまった。景虎たち三人の間でもつれた糸は、ますます複雑に絡まっていく。一方、長秀と勝永が根針法の壇潰しに奔走しているものの織田との攻防は一進一退を繰り返し、景虎の体調は悪化の一途を辿っていた。そんな中、信長が動く!! 「炎の蜃気楼」本編へと繋がる物語、いよいよ完結!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています