炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響9 仕返換生

炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響9 仕返換生

作者名 :
通常価格 518円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

双六を使い怪異を起こしていた怨霊を退治した夜叉衆は、新たな怪異の調査に乗り出す。そんな彼らを陰から監視する者がいた。直江の宿体・九郎左衛門を裏切り者と恨み、追ってきた若者だ。だが、景虎と行動する直江は若者の存在に気づかず、かつての居城・与板へと向かう。そんな折、直江に九郎左衛門の記憶が甦る兆しが表れて…!? 表題作「仕返換生」ほか、4編を収録!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年12月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

Posted by ブクログ 2011年09月10日

ミラージュは惰性で読んでいたんですが、これは久しぶりに面白かったです。『こういうの読みたいな』と思っていたものを出してくれたな~と。
ラストでは久しぶりに泣いてしまいました・・・。水菜さんの筆、やっぱいいですね。好きです。

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~74巻配信中

※予約作品はカートに入りません

51~60件目 / 74件
  • 炎の蜃気楼 邂逅編3 真皓き残響 外道丸様(上)
    死んだはずの己が換生によって新たな肉体を得、今を生きている。そのことが、景虎の心に陰を落としていた。それが付け入る隙となり、彼は『玄奘蜘蛛』に捕らわれてしまった。人の心を糧とする蜘蛛は、見えない糸で景虎の心を絡め取り喰らおうとする。しかし、人とは相容れぬ場所に巣食う蜘蛛を退治するには、誰かが命を捨て霊体とならねばならなかった!? そのことを知った直江と晴家は…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編3 真皓き残響 外道丸様(下)
    取人を乗せた船は、佐渡へ向かって海原に漕ぎ出す。取人浚いの起こした騒ぎに巻き込まれた景虎は、その船の荷部屋にいた。そこで彼は夢を見る。己の過去と、己の記憶にはないはずの過去を…。そして、知らぬはずの記憶はまるで実際に体験したかのような現実味を彼に与えた。それは景虎の宿体・兵蔵太の記憶であった。その記憶は彼の知らぬ間に入り混じり、人格に影響を及ぼし始めるが…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響4 十三神将
    取人の村で傷を癒す景虎。その前に現れたのは速之助に換生した安田長秀だった。速之助の肉体を易々と奪い、傲慢を隠さない長秀に景虎の激しい怒りが!? やがて旅立った一行は近在の橋に棲みついた怨霊退治に乗り出す。お百度参りをすると十三神将が出現し、願いが叶うという。母の病を治そうと〈物の怪橋〉に呑み込まれた少女の想いを知った景虎は自ら橋のお百度参りに挑むが…。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響5 琵琶島姫
    戦国時代、御館の乱に敗れ怨霊大将となった上杉景虎は越後に甦り、仇敵直江信綱と巡り会う。謙信公の命で仲間とともに怨霊退治の旅を続ける二人だが、柏崎の琵琶島城付近では怪しい出来事が起きていた。おなごの霊たちが武者軍団となって恨みをはらしに現れ、なかでもおんな怨霊大将と呼ばれる霊は「景虎」に恨みを持つという。景虎は妻・春姫の怨霊ではないかと、調査に乗り出すが…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響6 氷雪問答
    怨霊調伏を使命としてこの世に蘇った景虎たちは、旅の中で白拍子の娘・雪蛇と出会った。その正体は千年を生きた大蛇(おろち)であり、竜神となるための儀式に失敗し命を落としたという。だが、雪蛇は竜神になることを諦めきれずにいた。今一度チャンスを得るため、雪蛇に後見人として協力を求められ、景虎たちは弥彦の大天狗との問答勝負に挑むことになるが!? 表題「氷雪問答」他、「傾奇恋情」を収録。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響7 奇命羅変
    柏崎で水が燃えるという不思議な噂を耳にした景虎は、怨霊の仕業と睨み調査を始めた。勝長の協力で「燃える水」を精製する里へと足を踏み入れた景虎だったが、そこで幻惑にかかり囚われの身となってしまう。だが、里長の少年と接触する機会を得た彼は、少年に気に入られ、仲間になることを執拗に迫られることに!? 時同じくして、奇命羅と名乗る謎の刺客が、直江たち夜叉衆を襲撃する…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響8 十六夜鏡
    死者の姿を映し言葉を伝える怪鏡・十六夜鏡。ある日、その鏡が夜叉衆のもとに持ち込まれる。亡き妻が三途の川渡りを妨げられると訴えているというのだ。早速調査に乗り出す夜叉衆だったが、その夜、景虎は鏡の中にある人物が映し出されるのを見る。それはかつて彼の養父だった武田信玄だった。驚愕する景虎に信玄は、冥界から越後を攻略すると伝えてきて…。あの世からの宣戦布告に景虎は!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響9 仕返換生
    双六を使い怪異を起こしていた怨霊を退治した夜叉衆は、新たな怪異の調査に乗り出す。そんな彼らを陰から監視する者がいた。直江の宿体・九郎左衛門を裏切り者と恨み、追ってきた若者だ。だが、景虎と行動する直江は若者の存在に気づかず、かつての居城・与板へと向かう。そんな折、直江に九郎左衛門の記憶が甦る兆しが表れて…!? 表題作「仕返換生」ほか、4編を収録!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響10 神隠地帯
    “神隠し”に遭い、『神通力』を得て戻る子供が急増しているという。その多さに不審を抱いた景虎たち夜叉衆は“神隠し”の起きた村へ赴き、原因を調査することに。景虎は直江とともに未来を予知する少年を訪ね、“神隠し”に遭った先で不思議な尼僧に助けられたことを知る。また、勝長が訪ねた先では宇具奴神を祀る大釜池神社の札を見つけて…。事件の裏に框一族の影が差す! 彼らの目的とは!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響11 蘭陵魔王
    猩々との戦いの中、喀血に倒れ息絶えた景虎。だが使命を全うせずに死ぬなど彼には許されず、闇雲に掴んだ新たな宿体へと換生する。それは神隠しに遭い言霊の神通力を得た六郎太だった。だが悔やんだところで事態は変わらない。框の長・蘭陵王の企むままに神々は隠され、宇具奴神の力は強まり、春日山城侵攻する手立ては進む。景虎は六郎太として宇具奴城へ迎えられ蘭陵王と対峙するが…!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています