炎の蜃気楼 昭和編11 散華行ブルース
  • 最新刊

炎の蜃気楼 昭和編11 散華行ブルース

作者名 :
通常価格 604円 (税込)
紙の本 [参考] 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

直江と美奈子の間になにが起きたのか――。惨劇がもたらしたものを晴家は査べてしまった。そして知ってしまった。景虎たち三人の間でもつれた糸は、ますます複雑に絡まっていく。一方、長秀と勝永が根針法の壇潰しに奔走しているものの織田との攻防は一進一退を繰り返し、景虎の体調は悪化の一途を辿っていた。そんな中、信長が動く!! 「炎の蜃気楼」本編へと繋がる物語、いよいよ完結!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2018年03月02日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB

「炎の蜃気楼 昭和編11 散華行ブ...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年12月17日

好きで好きで素直になれなくて、景虎も苦しんでいたんだっていうのがいままでどうにもわかりにくくて。もう自分のそばにはいられないくらいの言葉をぶつけたのに直江はそれでも離れていかなくて。記憶を消したのが、後ろ向きな理由じゃなかったこと、がんばれって、次の、彼に。

一年近く遅れてしまったけどやっとみんな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

終わってしまった

なす子 2018年09月14日

今は手放してしまった、文庫本の1巻をすぐにでも読み直したい気持ちでいっぱいです。きっと昭和編はもちろん、今まで本編終了後に書かれた作品を読んでから、再度本編を読むことで、また新しい景虎と直江達夜叉衆の物語を楽しむ事ができると思います。本を読むのは紙が好きですが、長編の作品だと本を管理する場所が必要な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月20日

終わりを迎えるのが怖くて、発売して買ったもののずっとしまってありました。
しかし来てしまった、ミラステの時期が・・・・あの、見続けてきたミラージュの舞台が・・・・!!
群馬から新宿に向かう電車の中で読みました。最後のページを読んで「出た!」と思ったのと同時に「新宿~」のアナウンス。しばらく放心状態で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月22日

あぁ、終わってしまった・・・

やっと読めた。
あの瞬間が怖かったんだけど、一瞬だった(笑)。

初めから読みたくなるよな~

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,516

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!