炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響1 夜叉誕生(下)

炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響1 夜叉誕生(下)

作者名 :
通常価格 518円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

換生した直江は、勝長の指示で不動山城へ向かっていた。そこに、直江の宿体の名を知る者が現れ、「裏切り者」と刃を向けられる!? 一方、景虎は勝長とともに不動山城へ向かう。景虎たちは途中、祟りを受け廃墟と化した村の惨状を目の当たりにする。そして、祟りは彼らをも襲い、絶命させようとしていた。そこに助けられた景虎たちだったが、祟りを鎮めるために贄として村人に捕らえられ…!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
212ページ
電子版発売日
2014年07月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

Posted by ブクログ 2014年08月01日

邂逅編①の下巻

とうとう二人が出会ってしまいます。
ここで景虎様がすんごいおデブさんブ男さん(失礼)に換生してたら面白かったのに…それでも中身に食いつくか、直江!無理矢理美男に換生させたらあかんで!

景虎様は生まれてから死んでも尚、背負うものが重すぎますな…。

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~74巻配信中

※予約作品はカートに入りません

41~50件目 / 74件
  • 炎の蜃気楼39 神鳴りの戦場
    熊野が炎に包まれ、大斎原(おおゆのはら)が鳴動を始めた。伊勢では礼に換生した信長の手によって禁忌大法が成就し、内宮が陥落した。大混乱の中戦況は厳しくなるが、やがて純白の十二単をまとった乙女たちが戦場に降りてきた。降臨した歴代斎宮による大祓えが始まり、怨霊たちの殺気を鎮めていく。巨大な力を手中に収め、幻宮に入った信長。布都御魂を取り戻し、礼を救うため、高耶は幻宮へ!?
  • 炎の蜃気楼40 千億の夜をこえて
    直江に抱えられ、傷ついた身体で天御柱に向かった高耶。二人がその中で見たものは思念の歴史を刻む心御柱だった。過去を遡り、思念の激流に放り込まれた高耶は、懐かしい人の思念と出会い、導かれるまま魔王・信長を追う。一方、伊勢合戦は全国に飛び火し、苦戦する嶺次郎たちのもとに現代人の僧侶たちが集まった。壮大な〈闇戦国〉の果てに待つものとは!? 「炎の蜃気楼」完結編。
  • 炎の蜃気楼 番外編 Exaudi nos アウディ・ノス
    直江、24歳。信長の《破魂波》に立ち向かった影虎の安否はわからない。長兄の照弘に頼まれて、すすり泣くという観音像を霊査した直江は、それが隠れ切支丹たちが礼拝したマリア観音であることに気づく。直江はその像に強い罪と後悔の念を感じ、興味をひかれていくが…(『Exaudi nos』)。他『GOLD WINNER』『夜を統べる瞳』収録。大人気『炎の蜃気楼』番外編。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 番外編 群青
    戦国の世から四百年。北条は甦り、《闇戦国》に参戦。氏照は実弟・三郎(影虎)が人質として送られたはずの上杉で、総大将の任についていると知った。氏照は三郎の身を案じ、北条へ取り戻したい、故郷の相模に連れて帰りたいと切望するが……。北条兄弟を描く「群青」に、別れた母と高耶を見守る直江を描く短編「七月生まれのシリウス」を併録。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 番外編 真紅の旗をひるがえせ
    城北高校のお膝元、松本城で起きた幽霊騒動(「ふたり牡丹」)。自らの過去を知る面差しの似た女性に千秋は…(「鏡像の恋」)。赤鯨衆に潜り込んだ内通者の正体とは(「真紅の旗をひるがえせ」)。高耶、兵頭それぞれの心におりてくる思い(「さいごの雪」)。城北高校時代から赤鯨衆での日々まで、懐かしいあの頃が甦る「炎の蜃気楼」サイド・ストーリー。珠玉の短編集。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 番外編 赤い鯨とびいどろ童子
    怨霊になっていた土佐の野武士・嘉田嶺次郎は現代人に憑依して甦った。死霊たちに追われる嶺次郎は、草間清兵衛に助けられる。《闇戦国》に巻き込まれた二人のもとにはやがて仲間たちが集うように。一方、嶺次郎は寿桂尼とうい尼僧から不思議な力を持つ仏像びいどろ童子を預かるが、像の中には誰かの魂が封じ込められているようで…。表題作のほか、高耶と直江をめぐる短編2作を収録。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響1 夜叉誕生(上)
    現代から遡ること四百年。戦国時代。越後では、鮫が尾城の怨霊の噂が広がっていた。家督争いで敗死した敵の大将・景虎。彼が景勝への怨みを抱え、城へ近づく者をとり殺し、様々な災いを招いているのだと。そんな景虎を鎮め導くため、僧侶がひとり鮫が尾城へ向かうが…!? 景虎と直江。“運命のふたり”が出会い、壮絶荘厳な物語を紡ぎ始める。もうひとつの「炎の蜃気楼」がついに登場!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響1 夜叉誕生(下)
    換生した直江は、勝長の指示で不動山城へ向かっていた。そこに、直江の宿体の名を知る者が現れ、「裏切り者」と刃を向けられる!? 一方、景虎は勝長とともに不動山城へ向かう。景虎たちは途中、祟りを受け廃墟と化した村の惨状を目の当たりにする。そして、祟りは彼らをも襲い、絶命させようとしていた。そこに助けられた景虎たちだったが、祟りを鎮めるために贄として村人に捕らえられ…!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 2 真皓き残響 妖刀乱舞(上)
    別行動をしていた勝長から、景虎と直江は奇妙な噂を聞いた。妖刀による、刃傷事件が相次いでいるというのだ。妖刀はあまりの多さに『狂刀』と呼ばれ、それは景勝の陣中においても騒ぎをおこしていた。景虎たちは、その事件を調べるために府内に戻る。だがそこで、暴力沙汰を起こしていた少年が「狂刀は景虎公とおれたちがバラまいた」と叫ぶのを聞いて…!? 炎の蜃気楼邂逅編2、待望の電子化!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 炎の蜃気楼 邂逅編 2 真皓き残響 妖刀乱舞(下)
    死に際の景虎の怨念を受け、付喪神(妖刀)となった吉祥丸。偽景虎を首領とする黒鳥党はそれを利用し、狂刀を生み出していた。一か所に置かれた夥しい数の狂刀は、巨大な刀の化け物となり、殺戮を始めた。景虎は化け物を止めるべく念を駆使するが、苦戦し力を使い果たしてしまう。そこへ直江が駆けつけて来た。希望を繋いだ景虎だったが、直江は無表情のまま太刀を抜き、斬りかかってきた…!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています