「ほたか乱」おすすめ作品一覧

「ほたか乱」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/08更新

ユーザーレビュー

  • 炎の蜃気楼12 わだつみの楊貴妃(後編)
    番外などあわせて47巻?もある中で個人的にはここが一番輝いていたかなという気がします。久しぶりに読んだらやっぱり面白かった。このシリーズ好きだったなと思いだしてドラマCDまで引っ張り出して聞きましたがもう聞けたもんじゃないですね(笑)悶絶。速水奨さんを知ったのはこれだったなと懐かしくなりました。
  • 炎の蜃気楼4 琥珀の流星群
    仙台編後編。
    前編に引き続き、高耶としての人との触れ合い、景虎としての触れ合いが
    興味深く面白い。

    晴家が優しくてキュートだし、
    おかあさんとの関係も少しでも前進出来たというのは読んでいてほっとする。

    あと20年早く生まれていれば 、と思った願いが叶う
    という伊達政宗の描写も闇戦国の設定も非常に...続きを読む
  • 炎の蜃気楼3 硝子の子守歌
    3巻にして前後篇に突入。その前編。
    初期のお話の中で自分の中では1、2を争う好きなお話。
    仙台には高耶の母親がいるという高耶サイドの話と
    仙台といえば、伊達政宗と見える景虎サイドの話が組み合わさり
    非常に読み応えもある。

    政宗公はのっけから独眼になってしまい、
    筆者もどうするか迷ったとのことだった...続きを読む
  • 炎の蜃気楼2 緋(あか)の残影
    今巻もアクションが派手で読んでいて楽しい。
    少しずつ謎も明かされ始め、伏線部分も非常に良い。
    個人的には晴家が非常に好き。

    "彼らに報う手段を持っているのは、"今"を生きている人々です。我々が過去を正しく捉え、彼らを正しく理解することが、彼らに報いる最良の方法だと思います。そして、彼らの望んだ世の...続きを読む
  • 炎の蜃気楼40 千億の夜をこえて
    静かだな…。実感が無い。思えば最終巻に行きつく前に、全てが出揃っていた。結末ってそんな重要じゃないのかも。辛くは無いけど、何だか私独り置いて行かれた気分。
    リアルタイムで読んでいたら多分受け入れられなかった。というか最終巻まで辿り着けなかった。今出会うべくして出会ったんだ、と思えた。

特集