炎の蜃気楼─断章─ 最愛のあなたへ

炎の蜃気楼─断章─ 最愛のあなたへ

作者名 :
通常価格 486円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

奈良の事件を解決し、かつての上杉家の古戦場を訪ねた高耶(たかや)と直江(なおえ)。だが、そこでも《闇戦国(やみせんごく)》の怨将(おんしょう)の陰謀が渦巻いていた。佐々成政(さっさ なりまさ)を狙う早百合姫(さゆりひめ)の秘密とは?(「最愛のあなたへ」)。母に去られ、酒乱の父に反発しながらグレていた中学時代の高耶。孤独な彼の心を救ったのは、そばにいる譲(ゆずる)の存在だった。そんな時、高耶が無実の罪に問われ…!?(「凍てついた翼」)。大人気「炎の蜃気楼(ミラージュ)」シリーズ番外編登場。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2012年10月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

Posted by ブクログ 2014年06月04日

佐々成政と小百合姫の哀しいお話。
成政の姿に自分を重ねてしまう直江が切なくて…。

成政の愛に涙しながらも、覚醒してしまった直江があまりにもあれでちょっとどうしようこの人ほんとに本物だったの?って驚愕した初見当時(高校生)。

記憶なくした景虎から発せられる言葉の数々に直江の我慢も限界。
無知って罪...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~74巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 74件
  • 炎の蜃気楼
    496円(税込)
    武田信玄(たけだ しんげん)の霊を封印した《魔縁塚(まえんづか)》が、何者かによって破壊された夜――高耶(たかや)の親友・譲(ゆずる)は、火だるまになる夢を見た。「ようやく見つけましたぞ、お屋形様(やかたさま)…」譲に忍び寄ってくる武者たちの亡霊…。強力な霊によって憑依(ひょうい)されようとしている譲を救おうとする高耶は、不思議な《力(りょく)》を使う直江(なおえ)と出会った。自ら何百年も生きた...
  • 炎の蜃気楼2 緋(あか)の残影
    武田信玄(たけだ しんげん)の怨霊(おんりょう)の暴動を鎮め、平穏な日々をおくる上杉景虎(うえすぎ かげとら)の換生者(かんしょうしゃ)・高耶(たかや)。だが、景虎復活を知り、織田信長軍が動きはじめた。現代を、怨霊が争う《闇戦国(やみせんごく)》に変えようとする織田軍の森蘭丸(もり らんまる)。まだ《力(りょく)》が目覚めきっていない高耶を狙って、つぎつぎと巧妙な罠が仕掛けられる!! また、突然...
  • 炎の蜃気楼3 硝子の子守歌
    仙台市で、建築物が一瞬のうちに倒壊する事件が続発。直江(なおえ)の連絡で、高耶(たかや)と綾子が調査に向かうことになった。仙台では活発化する最上義光(もがみ よしあき)軍の怨霊(おんりょう)に対抗するため、伊達政宗(だて まさむね)が復活。激しい、《闇戦国(やみせんごく)》を繰りひろげていた。政宗と同盟を結ぼうとする高坂弾正(こうさか だんじょう)、事件のかげに見え隠れする狐の霊を操る女…。...
  • 炎の蜃気楼4 琥珀の流星群
    高坂(こうさか)の謀略で慈光寺(じこうじ)を爆破され、九死に一生を得た高耶(たかや)。だが、住職の国領(こくりょう)は瀕死の重傷を負ってしまった。自分の無力さを知り、かつての景虎(かげとら)の《力(りょく)》を取り戻そうと苦しむ高耶だが…。一方、仙台に集結した千秋(ちあき)、綾子らは、仙台市を『金輪(きんりん)の法』を用いた巨大な結界(けっかい)で包囲する最上義康(もがみ よしやす)を追っていた...
  • 炎の蜃気楼5 まほろばの龍神
    夜な夜な出没するという火の玉「ホイホイ火」を調査するために、奈良入りした高耶(たかや)と千秋(ちあき)。火の玉に殺された塩原の家に向かった高耶たちは、そこで妖怪にとりつかれた少女・なぎと出会った。なぎに寄生しているのは、戦国時代の茶釜の妖怪・平蜘蛛(ひらぐも)だった。なぎを救うために、妖怪を操る『信貴山(しぎさん)の龍神』の正体を探ろうとする高耶たち。だが、宿敵・織田軍も、なぎを狙...
  • 炎の蜃気楼─断章─ 最愛のあなたへ
    奈良の事件を解決し、かつての上杉家の古戦場を訪ねた高耶(たかや)と直江(なおえ)。だが、そこでも《闇戦国(やみせんごく)》の怨将(おんしょう)の陰謀が渦巻いていた。佐々成政(さっさ なりまさ)を狙う早百合姫(さゆりひめ)の秘密とは?(「最愛のあなたへ」)。母に去られ、酒乱の父に反発しながらグレていた中学時代の高耶。孤独な彼の心を救ったのは、そばにいる譲(ゆずる)の存在だった。そんな時、高耶...
  • 炎の蜃気楼6 覇者の魔鏡(前編)
    日光東照宮から、何者かに盗まれた秘宝の鏡は、人間の魂を封じこめる魔鏡だった。一方、由比子(ゆいこ)とともにプールに出かけた紗織は、謎の白い腕が次々と若い女性を水中に引きずりこむのを目撃する。《闇戦国(やみせんごく)》の北条の動きをめぐって、霊が活発化しているのだ。紗織の連絡を受けて《調伏(ちょうぶく)》に向かった高耶(たかや)たちだが、彼らを待っていたのは、練馬城の悲劇の姫・伊都(い...
  • 炎の蜃気楼7 覇者の魔鏡(中編)
    魔鏡に魂を封じられ、北条氏照(うじてる)の手におちた高耶(たかや)。思念波(しねんは)によって送られた映像を頼りに箱根に駆けつけた直江(なおえ)が見たのは、生きる屍(しかばね)と化した高耶の姿だった。《闇戦国(やみせんごく)》制覇を目論む北条一族は、景虎(かげとら)の魂を神木(しんぼく)に木縛(こばく)し、霊的な兵器にしようとしているのだ。一方、伊達小次郎(だて こじろう)に拉致(らち)された譲(...
  • 炎の蜃気楼8 覇者の魔鏡(後編)
    「このひとを鏡の中から解放してほしい」それが、直江(なおえ)の選んだ願いだった。北条氏康(うじやす)の化身した竜が持つ「つつが鏡」に呼応し、魔鏡から高耶(たかや)の魂が放出された。意識を取り戻した高耶は風魔が支配する箱根を脱出し、譲(ゆずる)が〈木縛(こばく)〉されようとしている日光へ向かうのだった。天海僧正(てんかいそうじょう)が徳川幕府守護のために、強力な呪法(じゅほう)を行ったとい...
  • 炎の蜃気楼9 みなぎわの反逆者
    大阪の製菓会社社長・狭間(はざま)の前に姿を現すという「お姫様の霊」を探るために、秘書兼ボディ・ガードとして会社勤めを始めた直江(なおえ)。高耶(たかや)と綾子も、怨将(おんしょう)・荒木村重(むらしげ)を追って、京都に来ていた。一向宗(いっこうしゅう)は荒木一族の怨念を封じ込めた『遺髪曼荼羅(いはつまんだら)』を使って強力な「荒木大砲」を作ろうとしているのだ。ついに村重を見つけ出した高...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています