「石持浅海」おすすめ作品一覧

「石持浅海」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/07/07更新

ユーザーレビュー

  • 扉は閉ざされたまま
    面白くて一気読みしてしまった。倒叙モノならではの犯人の恐れと応戦、探偵役の捜査と追求、ロジカルに徹したストーリーの運び方、どれをとっても質が高い。 唯一ケチをつけるなら碓氷優佳と伏見以外の人物が少々間抜けで、優佳の指摘の幾つかは誰かが気づいてもよさそうなモノだ。だが本当にそれくらいしか欠点がない。 ...続きを読む
  • 見えない復讐
    投資家である小池の元へ、大学の後輩にあたる田島が出資の依頼に訪れた。
    自分と同じ大学への復讐心があることに気付き、出資を決める。
    復讐における実行者と支援者。
    二人の天才が考える復讐とは…。


    一章ずつが短編のように楽しめる長編。
    この二人の天才の推理力に驚き、ストーリーに吸い込まれていきます。
    ...続きを読む
  • 鎮憎師
    憎しみを鎮める人、「鎮憎師」。とうとう事件を解決するだけでは飽きたらず、その先に潜む復讐の連鎖にまでメスを入れ始めましたよ、石持さんは。序章で、如何ともし難い現実を見せつけてからの、本筋の見事な締めは素晴らしい。
  • 殺し屋、やってます。
     殺し屋が主人公だけど、謎解きもちゃんとあっておもしろかった。
     殺し屋さんやその周辺の人たちが淡々とした性格なのもよかった。
     依頼の受け方のシステムも、すごい。なるほどなぁ、て感じで。

     「同伴者」が一番好きかな。
  • 殺し屋、やってます。
    殺し屋の話としては面白いんだけど、もともと3か月に一編づつ出してたみたいで、毎回同じ説明が必要だったんだと思うけど、10数分で次の話を読む者としては、「コピペで同じ説明されてもな・・・」という感じでした。

特集