パレードの明暗~座間味くんの推理~
  • 値引き

パレードの明暗~座間味くんの推理~

作者名 :
値引き価格 423円 (385円+税) 4月9日まで
通常価格 605円 (税込)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

女性特別機動隊に勤務している南谷結月巡査は、向島教官から、大迫警視長との飲み会に参加するよう指示される。待ち合わせ場所にはもう一人、座間味くんと呼ばれるハイジャック事件の英雄も彼女を待っていた。(「女性警察官の嗅覚」) 座間味くんが語る真相で事件の本質を知り、結月は視野を広げ、警察官として成長していく。超絶推理を楽しめる傑作小説集。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2019年07月26日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

パレードの明暗~座間味くんの推理~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月07日

    座間味くんの目の付け所は普通じゃない。結果、解きほぐした中身も変わってくる。
    そして思ったのは、いつまでも座間味 く ん ? いや、私の歳からすれば「くん」でもいいんだけど……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月19日

    安楽椅子探偵・座間味くんの短編集第3弾。
    飲みながら話していたことが座間味くんの指摘で見え方ががらりと変わってしまうといういつものパターン。でも本作の特徴は女性警察官が同席すること。
    これはなかなかいい設定だった。事件的な話ではなく、結婚についての話題は女性として語らせることで深みが出ていたと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月29日

    座間味くんが、解決したはずの事件の真相を推理する短編集。

    真実かどうかは、読む人次第ではあるが、いずれも、なるほどねぇと思わせる。
    いつか、南谷巡査が遭遇するであろう難事件にも絡んで欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月01日

    「女性警察官の嗅覚」
    「少女のために」
    「パレードの明暗」
    「アトリエのある家」
    「お見合い大作戦」
    「キルト地のバッグ」
    「F1に乗ったレミング」
    座間味くんシリーズの(連作)短編集。

    各話の流れは全て、
    「(過去の)事件」→「食事の待ち合わせ」→「大迫警視長の昔話」→「座間味くんの指摘」
    とパ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    大好きな座間味くんシリーズ。
    座間味くんもまさかの40代…お子さんが中学生に…。そりゃ私も歳とるわ…と妙に年月を感じてしまった。
    相変わらず考え過ぎな(?)座間味くんに、新人無鉄砲婦人警官が学ぶ今作。
    個人的には「アトリエのある家」と「キルト地のバッグ」が好き。
    「アトリエのある家」の奥さん、頭の回...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています