「平野啓一郎」おすすめ作品一覧

「平野啓一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:平野啓一郎(ヒラノケイイチロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年06月22日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

京都大学法学部卒。1998年『日蝕』でデビュー。同作品は芥川賞を受賞。他にも『葬送』『決壊』など数多く執筆している。

作品一覧

2017/06/24更新

ユーザーレビュー

  • ご本、出しときますね?
    オードリー・若林さんの吐く毒が大好きだ。
    主に『スクール革命!』という番組で八乙女くんや、ザキヤマさんや、春日さんをいじっている姿を拝見させていただいているのだが、なんというか若林さんが生き生きとしているな、この本は、と感じた。

    一番自分が輝いている時ってどんな時だろう。
    ふと、考えてみると、自分...続きを読む
  • 私とは何か 「個人」から「分人」へ
    【全員多重人格者】
    人はすべての人に対して全く同じ対応をしていないです。
    相手により使い分けています。親には親、兄弟には兄弟、上司には上司、部下には部下、はじめて会う人にははじめて会う人の対応をしています。
    相手により態度を変えますが、いわゆる多重人格ではなく、全て自分自身です。
    多重人格は一つの人...続きを読む
  • ご本、出しときますね?
    トーク番組からの本なのに、ゲスト作家の写真がない。内容で勝負。
    堅苦しくない会話で、肩の力を抜いて読むことが出来る。
  • マチネの終わりに
    これは静かに心に滲みてくる作品でした。クラシックギターと社会派映画と国際地域紛争などを織り込みながら抑制された大人の愛が流れて行く心地よさがありますね。誰もが読後に名曲を聴きたくなるはず、評判通りの小説です。文句なし でした。
  • マチネの終わりに
    恋愛小説は苦手なことが多いが
    この作品は苦手ではない方だった。

    後半は一気読み。今年の一番(今のところ))

    洋子と蒔野が、
    互いに互いのベターな方を選択することが本当に大人だ。

    彼らには
    自分がこうしたいという気持ちより相手がどうしたいか、
    どうすることが相手のためになるのか
    ということが優先...続きを読む

特集