「平野啓一郎」おすすめ作品一覧

「平野啓一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:平野啓一郎(ヒラノケイイチロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年06月22日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

京都大学法学部卒。1998年『日蝕』でデビュー。同作品は芥川賞を受賞。他にも『葬送』『決壊』など数多く執筆している。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/03/25更新

ユーザーレビュー

  • 私とは何か 「個人」から「分人」へ
    若林正恭さん『社会人大学人見知り学部 卒業見込』で平野啓一郎さんの「分人」という考えが紹介されており、気になって読んでみた。

    これまで人間関係でモヤモヤ、イライラしていたこと。
    自分でははっきり原因をつかめず、とりあえずの対処法ばかりに頼っていたけど。
    すごい…。
    著者の言う「分人主義」がストンと...続きを読む
  • マチネの終わりに
    久々にのめり込んだ恋愛小説。

    蒔野と洋子のそれぞれの視点で描かれていますが、そのテンポがとても素敵でした。2人のうちどちらかに感情移入して読む人が多いような気がします。それも、単純に男女や既婚未婚ではなく、その人の大切にするものや物の見方によって変わりそう。
    マネージャーの三谷に対しても、彼女の行...続きを読む
  • ご本、出しときますね?
    オードリーの若林さんが今人気の作家さんをふたり迎えて鼎談するというテレビのバラエティを書籍化したもの。
    かなり楽しかった~。
    超インドアな自分にとって作家さん達はスターなので、2人も一辺に集まるとソワソワする(笑)
    話の内容は多岐にわたり、結構くだらないことも多い。
    でもそれが超面白いんだなっ。

    ...続きを読む
  • マチネの終わりに
    愛すること、愛されること。
    恋愛相手に自分の弱さを見せられないこと。
    ちょっとしたボタンの掛け違いで物事が大きく変わること。
    主人公の二人の40歳前後という、年齢からくる焦り。
    初めて付き合ったときのことを思い出すと共に、40歳でのこれからの生き方を考えさせられる名作です。
  • マチネの終わりに
     平野さんの作品を読むのは初めて。
    そして、ヒリヒリしそうな空気感が漂う大人な恋愛小説を読むのも久しぶり。

     何これ、面白い。
    ちょうど半分くらいまでは、夢中で貪るように読んだ。
    ただ、あの決定的な「消失点」のあたりから悶々としてきた。
    何これ、許せない。何なの、この女。

     それからしばらくの間...続きを読む

特集