「平野啓一郎」おすすめ作品一覧

「平野啓一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:平野啓一郎(ヒラノケイイチロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年06月22日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

京都大学法学部卒。1998年『日蝕』でデビュー。同作品は芥川賞を受賞。他にも『葬送』『決壊』など数多く執筆している。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/09/29更新

ユーザーレビュー

  • マチネの終わりに
    同じ著者の「私とは何か」の「分人」の考え方を知ってから読むと、すごく納得がいった。過去は、今後の未来によって変わる、というテーマは、大きな発見でした。ストーリーとしては、なぜ共演のギタリストが死ななくてはならなかったのか、わからなかったけど。
  • マチネの終わりに
    蒔野聡史
    小峰洋子
    ずーっと2人にはうまく繋がってもらいたかってし
    三谷早苗
    リチャード
    こっちの2人にはずーっとなんかムカつくし
    まんまとこの本にはめられていた感覚。
    事実ベースだと聞かされても。

    4人にはそれぞれ正直な人やろうし納得もする。
    だから余計に感情が動かされた。

    やっぱ正直に生きて...続きを読む
  • マチネの終わりに
    心理描写が丁寧で、言葉、文体が綺麗で読みやすかった。平野啓一郎は初めて読んだけど、博識な人なんだろうなと思ったし、他の作品も読んでみたくなった。

    読み終わるのが寂しくなるのは良い本。
  • ある男
    いま読み終わりました。「マチネの終わりに」で感動した平野啓一郎さんの最新作、本屋大賞ノミネート作。

    この作品は、実に実に深く深く「愛とは何か」を問いかけてきているような気がします。

    亡くなってすぐ、自分が愛していた最愛の夫が、実は全く正体不明の別人である事が発覚し、物語は始まっていきます。

    ...続きを読む
  • 私とは何か 「個人」から「分人」へ
    身近なモヤモヤを全て「分人」の定義一つで説明してしまう筆者の語り口が圧巻だった。新書の割に内容は分かりやすく、一気に読んでしまった。
    「分人」の考え方をこれからは使って対人関係を築いきたい。

特集