「カッコいい」とは何か

「カッコいい」とは何か

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本書は、「カッコいい」男、「カッコいい」女になるための具体的な指南書ではない。そうではなく、「カッコいい」という概念は、そもそも何なのかを知ることを目的としている。

「カッコいい」は、民主主義と資本主義とが組み合わされた世界で、動員と消費に巨大な力を発揮してきた。端的に言って、「カッコいい」とは何かがわからなければ、私たちは、20世紀後半の文化現象を理解することが出来ないのである。

誰もが、「カッコいい」とはどういうことなのかを、自明なほどによく知っている。
ところが、複数の人間で、それじゃあ何が、また誰が「カッコいい」のかと議論し出すと、容易には合意に至らず、時にはケンカにさえなってしまう。

一体、「カッコいい」とは、何なのか?

私は子供の頃から、いつ誰に教えられたというわけでもなく、「カッコいい」存在に憧れてきたし、その体験は、私の人格形成に多大な影響を及ぼしている。にも拘らず、このそもそもの問いに真正面から答えてくれる本には、残念ながら、これまで出会ったことがない。

そのことが、「私とは何か?」というアイデンティティを巡る問いに、一つの大きな穴を空けている。

更に、自分の問題として気になるというだけでなく、21世紀を迎えた私たちの社会は、この「カッコいい」という20世紀後半を支配した価値を明確に言語化できておらず、その可能性と問題が見極められていないが故に、一種の混乱と停滞に陥っているように見えるのである。

そんなわけで、私は、一見単純で、わかりきったことのようでありながら、極めて複雑なこの概念のために、本書を執筆することにした。これは、現代という時代を生きる人間を考える上でも、不可避の仕事と思われた。なぜなら、凡そ、「カッコいい」という価値観と無関係に生きている人間は、今日、一人もいないからである。

「カッコいい」について考えることは、即ち、いかに生きるべきかを考えることである。

――「はじめに」より

ジャンル
出版社
コルク
掲載誌・レーベル
コルク
ページ数
477ページ
電子版発売日
2019年07月16日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

「カッコいい」とは何か のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月02日

    この軽薄そうなタイトルに対してこのボリューム。
    新書というのは‘掲げたテーマを簡潔に読者に語る’というのをそのスタイルとしたのだと思っていたのに…。だからこの本を手に取った時は『何考えてんだ?』と呟いてしまった。
     著者の平野啓一郎氏も悪いと思ったのか「第10章にはまず目を通し、肝となる第3章、4章...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月31日

    平野先生のカッコよさについての思考をひたすら追っていく本。かなり長めで読み応えがあります。最終章に議論のまとめがあり、正直大変助かりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月21日

    相も変わらず流れるような、しかし決して感情に押し流されない文体と執拗なまでの深堀りが気持ち良い。「本の読み方」も小説やエッセイ、ましてその辺の新書にあるような似非学術とは解離している、新しい文芸ジャンルだった。本書はさらにそれを確立した感がある。
    かなり難解な思考も繰り返し別方向から例示されるため、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月26日

    本屋で見かけて即購入を決めた本。タイトルの通り「カッコいい」という言葉やそれが表す概念について丁寧に考察した本です。語源についても「格好いい」と「カッコいい」との意味の違いというところから、他の似た概念を表す言葉を日本語、他の言語も含めて考察「重ねています。言葉の使われ方や表すものを理解する上では当...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月24日

    「かっこいい」とは何かを書いた本である。500ページ近い論文と思った方が良いであろう。内容は多彩で芸術、音楽、文学、言葉の語源の追求、服装などなど、ありとあらゆる「カッコイイ」に言及し、その奥を探っていく。その博学さ、その議論の面白さ。夢中になって読みました。これは平野さんの代表作と言っても過言では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月15日

    今を生きてて、これを読まないなんて勿体ない。
    カッコいいが生む「しびれ/体感価値」による凄まじい魅力とその危険性について。
    音楽、ファッション、マーケティング、政治、美術史、欧米史…etc.議論は縦横無尽にジャンルを駆け巡る。「暇と退屈の倫理学」に並ぶ、現代社会を解剖する新しい視座をくれる大作。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月19日

    カッコいいとは何か。
    この本を読めば分かると思ったら、かえって分からなくなった。
    そんな本だと思う。
    でも、わかる本がいい本だとも思わない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月13日

    タイトル通り「カッコイイとは何か」について考察した本。カッコイイは巷で特に若い人達の間で使われるが、その語源、定義は曖昧で、何をもってカッコイイというのかは、人それぞれである。
    著者は古今東西のカッコイイ事例を取り上げ、思想、歴史、芸術、ファッション等様々な観点で考察している。著者の定義によると主に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    どうしてだ、デクスター。このスーツだってキマってるだろ、高かったんだぜ

    マイルス、違うね。ヒップとは言えないな。値段なんて関係ないんだ、わかるだろ、ジム。ヒップかどうかだけが問題で、お前が着ているものときたら、ヒップなんて代物じゃないね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月02日

    なかなか読み応えのある『カッコいい論』で、近代史やロックミュージック等、自分も興味のある内容から話が展開されているため、読みやすかった。本題とは別に、なんとなくわかっていたような気になっていたモッズやヒップ、ダンディズム等の由来についての解説も勉強になった。

    理想的な自己・生き方の投影が、痺れるよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています