葬送 第一部(上)

葬送 第一部(上)

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ロマン主義の全盛期、十九世紀パリ社交界に現れたポーランドの音楽家ショパン。その流麗な調べ、その物憂げな佇まいは、瞬く間に彼を寵児とした。高貴な婦人たちの注視の中、女流作家ジョルジュ・サンドが彼を射止める。彼の繊細に過ぎる精神は、ある孤高の画家をその支えとして選んでいた。近代絵画を確立した巨人ドラクロワとショパンの交流を軸に荘厳華麗な芸術の時代を描く雄編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
356ページ
電子版発売日
2012年10月26日
紙の本の発売
2005年07月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

葬送 第一部(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年07月20日

    読書感想文は苦手なのだが、この小説に感想を書こうなんて百万年くらい早い気がしてきた・・・。

    再読しなければ、感想など書けないような、
    そんな壮大な作品だった。

    読み始めて挫折されている人が多いようだが、私も実にその一人である・・・。

    読書にじっくり時間を割けないのであれば、
    この作品は読まない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月10日

    ロマン主義の全盛期、十九世紀パリ。音楽家ショパンと画家のドラクロワとの友情を軸とし、女流作家でショパンの愛人でもあるジョルジュ・サンドを始めとする人物たちが織り成す豪華絢爛な芸術賛歌を描いております。

    これは自分の中でずっと読むのを避けていた小説のひとつで、理由はというとなんといってもテーマの重...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月10日

    冒頭のシーンに惹かれ読み始めた。
    サンド夫人の意固地さにちょい引き気味。
    カタカナの名前は苦手だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月19日

    ショパンに関する小説で、これほどのものはもう誰も書くことはできないだろう。この完成度に圧倒される。

    とにかく文章が美しい。
    言葉のひとつひとつが選び抜かれ、表現の精緻さが際立っている。
    その選ばれた言葉はこれでしかありえないという洗練であいまいで表現しにくいニュアンスを余すとこなく伝える。 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月08日

    冒頭、ショパンの葬儀の様子。本編は、ジョルジュ・サンドと不仲になり始めた頃のショパンから葬儀の少し後までのお話。ショパンとドラクロワという2人の芸術家の視点をメインに、周囲の人々の視点からも時代を浮き彫りにしていく。語り手の移行の滑らかさと正鵠に描かれている感情が素晴らしい。また、ドラクロワの芸術論...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月22日

    購入済み

    内容(「BOOK」データベースより)
    ロマン主義の全盛期、十九世紀パリ社交界に現れたポーランドの音楽家ショパン。その流麗な調べ、その物憂げな佇まいは、瞬く間に彼を寵児とした。高貴な婦人たちの注視の中、女流作家ジョルジュ・サンドが彼を射止める。彼の繊細に過ぎる精神は、ある孤高の画家をその支...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ショパンとドラクロワの交流を描いた作品、、、と一言では言い尽くせない内容。
    ドラクロワの芸術観にはものすごく共感を抱けます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    あのショパンやドラクロワが喋ってる、というだけで嬉しかったです。文章はやはりきれいですね。「日蝕」よりは読みやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    文庫なら…!と思って買ったのに、やっぱり積ん読になってしまった。。。
    精神的に余裕がないと読むのは辛いかもしれない。好きなのに、なかなか読んでいけないのはジレンマ。
    でもダメダメなショパンはちょっと分かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月05日

    フレデリック・ショパンとウ-ジェ-ヌ・ドラクロワ、共に好きな芸術家であり、名前の響きがとても素敵な芸術家です。
    とても繊細な2人はシンパシ-を感じつつ、同じような境遇(愛人となり、病弱の身体となり)で、お互いにかけがえのない存在となっていきます。
    ショパンの愛人、執筆家ジョルジュ・サンドとの関係が崩...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

葬送 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 葬送 第一部(上)
    583円(税込)
    ロマン主義の全盛期、十九世紀パリ社交界に現れたポーランドの音楽家ショパン。その流麗な調べ、その物憂げな佇まいは、瞬く間に彼を寵児とした。高貴な婦人たちの注視の中、女流作家ジョルジュ・サンドが彼を射止める。彼の繊細に過ぎる精神は、ある孤高の画家をその支えとして選んでいた。近代絵画を確立した巨人ドラクロワとショパンの交流を軸に荘厳華麗な芸術の時代を描く雄編。
  • 葬送 第一部(下)
    583円(税込)
    彫刻家クレザンジェは、ソランジュに求婚し、その母サンドはこれを了承した。病床にあったショパンは、ドラクロワとともに深い危惧を抱く。その彫刻家の軽佻・利己・浪費といった性行を知っていたからだ。事実、彼は二十万フランもの不動産を持参金という名目で略取しようとしていた。そして……。荘重な文体が織りなす人間の愛憎、芸術的思念、そして哲学的思索。感動の第一部完結編。
  • 葬送 第二部(上)
    704円(税込)
    千八百四十八年二月、大好評を博したショパン六年ぶりの演奏会の一週間後、フランス二月革命が勃発する。民衆の怒濤の奔流は、首相の解任、王の退位を実現し、共和国を生み出した。貴族達の惑乱と不安、活気づく民衆。ショパンは英国に移るが、過酷な演奏旅行を強いられ、体調は悪化する。一方ドラクロワは、ある画家の評伝の執筆にとりかかる。時代の巨大なうねりを描く第二部前編。
  • 葬送 第二部(下)
    704円(税込)
    病躯を引きずるように英国から戻ったショパンは、折からのコレラの大流行を避けてパリ郊外へ移った。起きあがることもままならぬショパンを訪なう様々な見舞客。長期にわたる病臥、激しい衰弱、喀血。死期を悟ったショパンは、集まった人々に限りなく美しく優しい言葉を遺す。「小説」という形式が完成したとされる十九世紀。その小説手法に正面から挑んだ稀代の雄編。堂々の完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング