このエントリーをはてなブックマークに追加

文庫化 看板

単行本価格では手が届かなかったあの名作が、文庫化でお買い求めやすくなりました!
直近2カ月間を目安に配信された作品をご紹介致します。
※うっかり重複購入にはご注意下さい。

今週の新着はこちら

    • よるのふくらみ

      よるのふくらみ

      NEW

      658円(税込)

      カートに入れる

      西加奈子・尾崎世界観絶賛。その切なさに窒息。
      同じ商店街で幼なじみとして育ったみひろと、圭祐、裕太の兄弟。圭祐と同棲しているみひろは、長い間セックスがないことに悩み、そんな自分に嫌悪感を抱いていた。みひろに惹かれている弟の裕太は、二人がうまくいっていないことに感づいていたが――。抑えきれない衝動、忘れられない記憶、断ち切れない恋情。交錯する三...

    • セラピスト

      セラピスト

      NEW

      1004円(税込)

      カートに入れる

      うつ病100万人時代、必読の書!!心の病は、どのように治るのか。
      『絶対音感』『星新一』の著者が選んだ次なるテーマは、〈心の病〉だった――。河合隼雄の箱庭療法を試み、中井久夫から絵画療法を受け、自らもカウンセリングを学んだ。心の治療のあり方に迫り、セラピストとクライエントの関係性を読み解く。そして五年間の取材ののち、〈私〉の心もまた、病を抱えていることに気づき……...

    • 雨の底―慶次郎縁側日記―

      雨の底―慶次郎縁側日記―

      NEW

      702円(税込)

      カートに入れる

      あの日、雨が降らなければ出会うはずのない男だった。
      不意にさしかけられた傘の下で、男の優しさにずっと浸っていたかった――。大店の跡取り息子に尽くし抜いて捨てられた長屋娘と、娘の悲しみを見つめるもうひとりの男の目。男女のやるせなさに心震える「雨の底」。密かに持ち込まれた商家夫婦への不可解な脅迫文が、隠居暮らしの慶次郎を、愛憎渦巻く事件の暗がりへ再び導...

    • 上野池之端 鱗や繁盛記

      上野池之端 鱗や繁盛記

      NEW

      702円(税込)

      カートに入れる

      なぜみんな気がつかないの? 優しい若旦那の背中で口を開ける蛇の姿に――。
      騙されて江戸に来た13歳の少女・お末の奉公先「鱗や」は、料理茶屋とは名ばかりの三流店だった。無気力な周囲をよそに、客を喜ばせたい一心で働くお末。名店と呼ばれた昔を取り戻すため、志を同じくする若旦那と奮闘が始まる。粋なもてなしが通人の噂になる頃、店の秘事が明るみに。混乱の中、八年に一度だけ咲く桜が、...

先週までの文庫化作品(直近2カ月)