城山三郎の検索結果

  • 逆境を生きる
    通常版1巻1,036円 (税込)
    〈自らのためには決して計らわない清廉潔白な巨人〉『落日燃ゆ』の広田弘毅。〈情熱と努力に裏打ちされた理想主義者〉『男子の本懐』の浜口雄幸。〈吸収と結合の天才〉『雄気堂々』の渋沢栄一など、逆境と...

    試し読み

    フォロー

  • 毎日が日曜日
    通常版1巻972円 (税込)
    日本経済の牽引車か、“諸悪の根源”か。毀誉褒貶の著しい日本の総合商社の巨大な組織とダイナミックな機能、日本的体質と活動のすべてを商社マンとその家族の日常生活とともに圧倒的な現実感で描く。世界に...

    試し読み

    フォロー

  • 部長の大晩年
    通常版1巻561円 (税込)
    彼の人生は、定年からが本番だった。三菱製紙高砂工場では、ナンバー3の部長にまでなり、会社員としても一応の出世をした永田耕衣。しかし、俳人である永田にとって会社勤めは「つまらん仕事」でしかない。...

    試し読み

    フォロー

  • 彼も人の子 ナポレオン
    世界史の上で、最も強烈な光を放った男、ナポレオン。勇敢さと人並み外れた集中力で、仏皇帝の座に就いた彼もまた人の子であった。幼児性を残し、自己正当化の果てに破滅していく生涯。少年兵の体験を持つ...
    試し読み

    フォロー

  • 落日燃ゆ
    通常版1巻680円 (税込)
    東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた...

    試し読み

    フォロー

  • 官僚たちの夏
    通常版1巻604円 (税込)
    日本人の誇りを取り戻すべく、固い信念で通産行政を強引、着実に推し進め、次官への最短コースを疾走する“ミスター・通産省”風越信吾。高度成長政策が開始された60年代初め、通産省という巨大複雑な官僚機...

    試し読み

    フォロー

  • 秀吉と武吉 目を上げれば海
    戦国末期、瀬戸内海の村上水軍を率いて独立自存の勢力を誇っていた海賊の総大将・村上武吉。毛利一族などとの争いの末に獲得した徴税権と領土が、天下統一を狙う豊臣秀吉に奪われそうになった時、武吉はい...

    試し読み

    フォロー

  • 危険な椅子
    通常版1巻583円 (税込)
    化繊会社社員の乗村は、ようやく渉外課長の椅子をつかむ。が、仕事は外国人バイヤーに女を抱かせ、闇ドルを扱うことだった。やがて彼は、外為法違反で逮捕されることに。ロッキード事件を彷彿させる話題作!
    試し読み

    フォロー

  • 飛行計画変更せず
    通常版1巻540円 (税込)
    東邦新聞航空部にカメラマンの矢崎が来て以来、田村たちパイロット仲間の周囲は、不穏な空気に包まれた。敵機撮影中に中国大陸で落命した父をもつ矢崎は、シャッターチャンスのためならパイロットを危険な...
    試し読み

    フォロー

  • 大義の末
    通常版1巻540円 (税込)
    杉本五郎中佐の著作『大義』を読んで、海軍予科練を志望する中学生の柿見。だが戦争は、愛国少年の純粋な気持ちを呑み込み、挫折、絶望へと導いていく。経済小説の大家である著者が、自らの戦争体験を下に...
    試し読み

    フォロー

  • 花失せては面白からず 山田教授の生き方・考え方
    通常版1巻410円 (税込)
    『この三年ほどの正月、わたしは不思議な、そして精神的にはとても贅沢な過ごし方をしている。学生時代の教授と二人だけのゼミナールで元日の午後を過ごす、のである。教授は今年九十三歳、わたしは六十八...
    試し読み

    フォロー

  • 鮮やかな男
    値引きあり
    通常版1巻248円 (税込)
    男にとって企業とは何か? 自分の能力を発揮し、経済生活を支える場、いわば男の全生活は企業と結びついている。――大銀行にパワー・エリートとして勤める竹原のところに組合運動でクビになった友人が訪れた...
    試し読み

    フォロー

  • ある倒産
    通常版1巻594円 (税込)
    定年を二年後にひかえた調査部長原口は、下請会社へ専務として出向を命じられる。突然の辞令にとまどいながらもはりきる原口。だが、その会社はすでに再建不能の状態であった。倒産の裏面で展開される男た...

    試し読み

    フォロー

  • 硫黄島に死す
    通常版1巻561円 (税込)
    〈硫黄島玉砕〉のニュースが流れた四日後、ロサンゼルス・オリンピック馬術大障碍の優勝者・西中佐は、なお残存者を率いて戦い続けていた。馬術という最も貴族的で欧米的なスポーツを愛した軍人の栄光と、...

    試し読み

    フォロー

  • 生き残りの条件 欧米対談旅行
    世界的名士11人が語る不安の時代の生き方。世界的に活躍するビジネスマン、ジャ-ナリスト、学者、芸術家の成功の条件とは何か。各界の代表的人物が語る秘訣の数々。"不安の時代"の生き方を示唆する対談集。...
    試し読み

    フォロー

  • イチかバチか
    通常版1巻496円 (税込)
    「男の勝負は一生に一度か二度、どんとやることだけや」―南海製鋼社長・島千蔵は、新入社員の北野真一にいった。茶はぬるいのが経済的という徹底的合理主義者千蔵の一大計画、それは200億円の資金を予定す...
    試し読み

    フォロー

  • 一発屋大六
    通常版1巻669円 (税込)
    今田大六、37歳。私大を卒業、地方銀行に就職して12年、いまだにうだつの上がらぬ平社員であるが、ひそかに自身を名づけて「一発屋大六」。―いつの日か一発やって周囲を見返し、人生の生甲斐をつかみたいと...
    試し読み

    フォロー

  • 一歩の距離 小説 予科練
    通常版1巻540円 (税込)
    航空隊指令から呼び出しがかかった。「特攻志願する者は一歩前へ」。生死の選択を賭けた練習生の心を通して、戦争の真実を見た、表題作、他一編。
    試し読み

    フォロー

  • イースト・リバーの蟹
    通常版1巻529円 (税込)
    日本屈指の総合商社で副社長にまで昇りながら、男は権力抗争を潔しとせず、マンハッタンをのぞむ高層住宅に「引退」した。十ヵ月後、日本から吹きこんできた一陣の風。ライバルだった現社長の急死。男を社...

    試し読み

    フォロー

  • 打たれ強く生きる
    通常版1巻475円 (税込)
    自分だけの時計、歩け歩け、ぼちぼちが一番、配転は新しいはじまり、ふり回されるな、乱反射する友を――常にパーフェクトを求め、他人を押しのけることで、人生の真の強者となりうるのか? 企業の中にあっ...

    試し読み

    フォロー

  • 打出小槌町一番地
    通常版1巻540円 (税込)
    東京近郊の閑静な高級住宅地、〈正妻とベンツの町〉と呼ばれる打出小槌町には、社会的地位と財産を手中にした現代の〈上層階級〉が堂々たる邸宅を構えている。銀行頭取の椅子が約束された御曹子、〈海軍式...

    試し読み

    フォロー

  • うまい話あり
    通常版1巻669円 (税込)
    出世コースからはずされ、鬱々とした毎日をおくる太平製鉄不動産の津秋にうまい話がころがりこんだ。“経営者募集。やる気だけで十分。月給数倍”―アメリカ系資本の石油会社がガソリン・スタンドの経営者を集...
    試し読み

    フォロー

  • 運を天に任すなんて~素描・中山素平~
    55歳で日本興業銀行頭取、戦後の日本経済の難問を解決し、「財界の鞍馬天狗」と呼ばれた男――中山素平。中山が好んで使う、「運を天に任すなんて」は、課題なり仕事なりに立ち向かうときの姿勢を指す。やは...
    試し読み

    フォロー

  • 黄金の日日
    戦国の争乱期、南蛮貿易によって栄える堺は、今井宗久、千利休ら不羈奔放な人材によって自治が守られ、信長や秀吉たちもその豊かな富に手を出すことができなかった。今井家の小僧、助左衛門は危ない仕事を...

    試し読み

    フォロー

  • 男たちの経営
    通常版1巻410円 (税込)
    石鹸は、「たかだか石鹸…」と軽視されがちだが、明治時代には「文明開化を象徴」するような工業製品の一つだった。“日本の夜明けをになう新しい人間像”のモデルとして、島崎藤村の未完の大作『東方の門』に...
    試し読み

    フォロー

  • 男たちの好日
    通常版1巻648円 (税込)
    外国製品に蹂躙されている昭和初年の日本に、電気化学工業を興すことで「国の柱」になろうと邁進する牧。しかし、苦心惨憺して開発した硫安やアルミ製造技術は、統制経済をとりはじめた国家によって公開を...

    試し読み

    フォロー

  • 勝つ経営
    ソニー、ホンダ、富士フイルム――。なぜ、これら三社は異例の飛躍をつづけることができるのか。組織と人間の関わりを長年にわたり考察した著者が、該当企業のトップとじかに向き合い、彼らの本音を引き出し...
    試し読み

    フォロー

  • 華麗なる疾走
    通常版1巻486円 (税込)
    モンテリ24時間レース。轟く排気音、爆走する高性能車。オイルが焼け、タイヤがきしむ。夜を徹して熱狂する観衆。呼び屋稼業に失敗し、逃げるように海外へ出た牧は、久しぶりに胸の高鳴りを憶えた。このレ...
    試し読み

    フォロー

  • 学・経・年・不問
    通常版1巻629円 (税込)
    証券会社の辣腕営業マン・伊地岡と電機メーカーの窓際族・野呂は高校の同級生。伊地岡は痩せ型長身、人一倍せっかちで努力家な男。対して野呂は小太りで、何ごとも気にしないのんびり屋。正反対なのに気の...
    試し読み

    フォロー

  • この命、何をあくせく
    私は本が好き。旅も好き。本と旅を組み合わせれば、1プラス1が4にも5にもなり、そこに私だけの新しい世界が生まれる。1回かぎりの人生、少しでもあくせくせずに過ごそうではないか。生きることの奥深さを味...
    試し読み

    フォロー

  • 午前八時の男たち~トップが語る/強い企業の秘密~
    京セラ・稲盛和夫、日本電気・関本忠弘、富士ゼロックス・小林陽太郎、ソニー・盛田昭夫、西武・堤義明、ダイエー・中内功……。作家・城山三郎が日本の優良企業11社のトップと対談。困難な時代に急成長す...
    試し読み

    フォロー

  • 指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく―
    通常版1巻540円 (税込)
    神風特別攻撃隊第一号に選ばれ、レイテ沖に散った関行男大尉。敗戦を知らされないまま、玉音放送後に「最後」の特攻隊員として沖縄へ飛び立った中津留達雄大尉。すでに結婚をして家庭の幸せもつかんでいた...

    試し読み

    フォロー

  • 静かに 健やかに 遠くまで
    通常版1巻475円 (税込)
    著者は若い頃から箴言の魅力に惹かれ、生きる指針としてきた。その著者の作品にも、心に染みる会話や、じっくり考えさせる文章が数多くある。出世でこり固まった男もおもしろくないが、出世をあきらめた男...

    試し読み

    フォロー

  • 支店長の曲り角
    「詩を書かぬ時期こそあったが、詩を読まぬ時期はなかった。詩はわたしに新鮮な衝撃を、あるいはやすらぎを与え続けてくれた。詩のない生活は考えられなかった……」。学生の頃から詩を書き続けてきた著者が...
    試し読み

    フォロー

  • 小説日本銀行
    通常版1巻810円 (税込)
    政界と財界にまたがって、絶大な権力をふるう〈法王庁〉日本銀行。終戦直後の激動する時代を背景に、大蔵省との対立関係の中で、狂乱化したインフレを終息させようという理想に燃えた新入日銀マンが、その...

    試し読み

    フォロー

  • 辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件
    日本が近代国家へと生まれ変わろうとしていた明治時代。足尾銅山の鉱毒問題に敢然と立ち上がった男がいた。徒手空拳で政府や資本と戦ったその男・田中正造のすさまじい人生を追う。
    試し読み

    フォロー

  • 重役養成計画
    通常版1巻712円 (税込)
    大鷲造船の平凡な一社員である大木泰三は、ある日、重役候補生四人の中の一人に選ばれた。派閥に属さず、立身出世とは無関係であった彼に、虚々実々の毎日が始まった。最高幹部養成にやっきとなっている会...
    試し読み

    フォロー

  • 人生の流儀 ビジネスマンに贈る珠玉の言葉
    戦後日本に新しい“経済小説”のジャンルを開拓した城山三郎――。時代を一歩先んずる眼と緻密な取材で、企業と人間を克明に捉えた作品を世に問い続けた。本書は、氏の著作から「上司の仕事、部下の仕事」「リ...

    試し読み

    フォロー

  • 人生余熱あり
    老いることは悲しむべきことではない。老後には自由が満ちている。会社からも、家族からも、時間からも自由、世評からの自由もあれば、他人の目からの自由もある。自分を偽らずに、好きなことをするために...

    試し読み

    フォロー

  • 素直な戦士たち
    通常版1巻594円 (税込)
    頭の良い男の子を生むには25、6歳、だから24歳の時に見合いをする。相手は知能指数さえ高ければ、むしろ自分の出世をあきらめたような男がいい。――これが千枝が、わが子を東大に合格させるために立てた遠大...

    試し読み

    フォロー

  • 成算あり
    通常版1巻453円 (税込)
    家の前にマンションが建つことになった老田は、日当りの悪い家で暮らす生活を考え、怒りが突き上げてきた。そのマンションを建てる洋々不動産の社長桐山に抗議を申し込むが、桐山は慇懃に受け流すだけであ...
    試し読み

    フォロー

  • 生命なき街
    通常版1巻594円 (税込)
    焦熱と砂漠の街、外国人たちから“ライフレス・シティ”と呼ばれるワジバにただ一人で駐在する商社員の、同胞をも敵とした孤独で苛烈な日々を描いた表題作。ほかに『神武崩れ』『挑戦』『老人の眼』『鍵守り...

    試し読み

    フォロー

  • 零からの栄光
    通常版1巻496円 (税込)
    〈グラマン・ヘルキャット〉に太刀打ちできる戦闘機がほしい! 緒戦以来、「零(ゼロ)戦」が日本の戦闘機の花形であったが、敵にヘルキャットが出現すると形勢逆転、「零戦」は餌食にされるばかりだった。だ...
    試し読み

    フォロー

  • 総会屋錦城
    通常版1巻691円 (税込)
    直木賞受賞の表題作は、株主総会の席上やその裏面で、命がけで暗躍する、財界の影武者ともいえる総会屋の老ボスを描く評判作。ほかに交通事故の時だけタクシー会社の重役の身代りで見舞いや弔問にゆく五十...

    試し読み

    フォロー

  • そうか、もう君はいないのか
    通常版1巻399円 (税込)
    最愛の妻・容子が逝った……。特攻隊から復員した学生だった頃の奇跡的な出会い、文壇デビュー当時の秘話、取材旅行の数々、甦る人生の日々。そして衝撃のガン告知から、二人だけの最期の時間。生涯、明るさ...

    試し読み

    フォロー

  • 「粗にして野だが卑ではない」 石田禮助の生涯
    三井物産に35年間在職し、華々しい業績をあげた後、78歳で財界人から初めて国鉄総裁になった“ヤング・ソルジャー”──自らを山猿(マンキー)と称し、欧米流の経営手腕を発揮した高齢のビジネスマンは、誰も...
    試し読み

    フォロー

  • 男子の本懐
    通常版1巻734円 (税込)
    緊縮財政と行政整理による〈金解禁〉。それは近代日本の歴史のなかでもっとも鮮明な経済政策といわれている。第一次世界大戦後の慢性的不況を脱するために、多くの困難を克服して、昭和五年一月に断行され...

    試し読み

    フォロー

  • 逃亡者
    通常版1巻486円 (税込)
    25年前、空襲の混乱にまぎれて刑務所を脱走した男を追っている刑事と、刑事の訪問で逃亡者にまつわる戦時中の記憶を蘇らせる守衛。二人の対話を通して、戦争の残影を凝視した表題作。子供のころに怪我をさ...

    試し読み

    フォロー

  • どうせ、あちらへは手ぶらで行く
    通常版1巻399円 (税込)
    「五月十六日 『楽しく楽に』を最優先。不快、厄介、後廻し。楽々鈍で、どんどん楽」──作家が手帳に記していた晩年の日録には、自身の老いを自覚し、見つめながら、限られた人生を最期まで豊かにしようと...

    試し読み

    フォロー

  • 鼠 鈴木商店焼打ち事件

    通常版1巻619円 (税込)
    利潤を追求する企業と、不況にあえぐ大衆、大衆を扇動するかのようなマスコミ。まさに今日的問題を、歴史上の事件を題材にえぐる。大正七年、一介の商店から三井・三菱と並ぶ大商社に成長した鈴木商店は、...
    試し読み

    フォロー