廣嶋玲子のレビュー一覧

  • 失せ物屋お百 首なしの怪
    今回はスプラッタな展開が多かった(^◇^;)
    焦茶丸に上げ膳、据え膳状態のお百さんですが、今回の依頼は私は嫌だわ。
    新しく禿吉というキャラも増えた事ですし、次巻は明る目の依頼の話が読みたいです。
  • 妖怪の子預かります
    妖怪の子供達と人間の子の愉快な物語。
    目の見えないあんま千弥とその養い子弥助の不思議な物語。弥助がうぶめという妖怪の巣を壊したことから始まる妖怪の子供との出会いをユーモラスに描いている。
    妖怪も恐ろしいというよりは面白く描かれている。
    最後は弥助の生い立ちが明らかになり、話が全て繋がっていく。
    弥助...続きを読む
  • 千弥の秋、弥助の冬
    読み返してみたくなるシリーズが終わりました
    人と妖怪の愛情物語です
    一人ぼっちだった弥助が成長するのを
    あったか気分で読めました
    私は王蜜の君が一番好きです!
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂2
    私は、銭天堂の大ファンです。毎回おもしろいお話が出てくるので好きです。また、お菓子の名前もとても良いと思います‼︎2巻は、おもてなしティーがとても感動しました。まさか‼︎ですからね‼︎他のお話も、とてもおもしろかったです‼︎廣嶋玲子さん、これからも、銭天堂、たくさん書いてください‼︎
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂5
    わたしが初めて読んだ銭天堂5巻。はじめは、よく意味がわかりませんでしたが、だんだん分かるようになってきて、面白くなってきました!まぁ、わたしは9才だからか、まだそんなに意味はわかんないんだけどねw
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂6
    ラプンツェル・プレッツェル。お父さんのハゲのために買ったのか…人を見た目で判断するのは悪いことですね。
    あと、がまんエンピツ、きたないお話です…きたないことが嫌いな人は、読まないほうが良いかも…
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂
    銭天堂は、幸運な人しかたどりつけない、不思議な駄菓子屋。買ったお菓子は、幸運で終わるか、不運を招くか…それはお客様の使い方次第…良い使い方とは…
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂3
    銭天堂のお菓子が、たたりめ堂のよどみのお菓子に負けそうになる⁉︎もしかしたら、お客様のお菓子の選び方が悪かったりして…?
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂7
    たたりめ堂の菓子が、銭天堂に並ぶとは…
    果たして、どちらが勝利なるか…
    果たして、引き分けだった‼︎
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂3
    シリーズ三作目。今回はたたりめ堂のよどみが登場。駄菓子を買った人だけでなくて、周りの人も巻き込まれる話が多かった印象。運を売る、良くなるか悪くなるかは自分次第。怖いけれども、どうしても欲しくなる魅力的な駄菓子、食べてみたいな。
    表紙に書かれた今回の駄菓子も素敵。
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂2
    シリーズ2作目。今回もおもしろかった。駄菓子を食べた後に幸せになる人と不幸になる人がいるのが印象的。欲があるとろくなことにならないのかな。「おもてなしティー」の終わり方すごくよかった!素直に行動したからこそみどりさんはうまくいったのかな。前作「カリスマボンボン」の北島が出てきたのは意外だった。紅子さ...続きを読む
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂12
    新たな怪しいおじさんが登場。

    なにやら銭天堂に関わった人達の元へ行き情報収集している様子。 この人物は一体何者なのか。

    今回も銭天堂で様々なお客さんが駄菓子を入手するも上手く行く人もいればいない人もいて、やはりちゃんと注意書きを読んで理解してから食べないとダメだなと。
    紅子さんは一応まだ幼い...続きを読む
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂
    人気があると聞いて読んでみた。不思議な駄菓子屋、銭天堂。紅子さんの雰囲気が素敵。駄菓子を買って幸せになるか不幸になるかは自分次第ってことかぁ。読みやすくておもしろかった。
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂13
    願いが叶う駄菓子を売っている駄菓子屋さんの話です。ある研究所でお酒を飲みすぎてお金が少なくなったからバイトをしてお金を稼ごうとしたひとがたくさん小銭が入っている袋を持っていき「銭天道にたどりついたら自分欲しいお菓子を買ってこの研究所に持ってきてくれ」と言われて持っていったら「サンプルに使うから1つく...続きを読む
  • 千弥の秋、弥助の冬

    大好きな心優しい妖したち

    大好きなシリーズがとりあえず完結してしまいました。寂しい。強面だったり、やんちゃだったり、と個性豊かな妖したち、てもみんな優しい心の持ち主で、いつも読み終わると、ほっこりした気持ちになります。思いもかけなかった最後でしたが、新シリーズを楽しみにしています。
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂
    突然あらわれる店
    こういう設定はよくあるけれどこれはおもしろいなあ
    紅子さんのインパクトがすごい

    jyajyaさんのイラストがいいんだよねえ
    とても人気でシリーズ化
    アニメにも

    なるほど

    ≪ 駄菓子屋は 幸と不幸の 分かれ道 ≫
  • ぎりぎりの本屋さん
    ギリギリの人が辿り着く、ぎりぎりの本屋さん。表紙の店員の男の子がお話のイメージとぴったり。5にんの作家さんのリレー形式、ということで少しずつ登場人物がリンクしていておもしろかった。
    個人的には廣嶋さんの『魔本、妖本にご用心!』が好きかな。不思議な世界だけど、本が逃げ出すなんておもしろい。小学生からす...続きを読む
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂8
    銭天堂シリーズのひとつを読んでみた。
    おかみの紅子が魅力的。不思議な駄菓子も面白い。
    子どもたちが楽しんでいることだろうね。
  • 赤の王

    まさに、SFファンタジー❗

    青の王、白の王、赤の王と、一気に読みました❗ 久々に、心踊るハラハラドキドキのお話でした。もう他の色の王って居なかったっけ? まだまだ、続きのお話が読んでみたいような気がします。この作者の他の作品も、是非、読んでみようと思います。
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂
    2020年5月9日
    児童書でとても人気があると聞いた。
    表紙からして魅力的。
    駄菓子屋のたたずまいも紅子さんもとってもあやしい。
    特別な駄菓子が欲しくなってしまう。
    子どもならなおさらそう思うだろうなぁ。