千弥の秋、弥助の冬

千弥の秋、弥助の冬

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

千弥の様子がおかしい。もともと弥助に対しては過保護だったが、最近度が過ぎるのだ。ぼうっとすることも多く、物忘れも激しい。心配する弥助に対し、千弥は何でもないの一点張り。互いを思いやる心がすれ違い、ふたりは初めて大喧嘩をしてしまう。以前千弥は月夜公に執着する紅珠の魔手から弥助を守りきるために、妖怪の誓いを破って力の源である目玉を取り戻したことがあった。ほんの一時のことだったが、誓いを破ったことに変わりはない、その報いは確実に千弥を蝕んでいた。そしてついに……。大人気妖怪シリーズ、第一部クライマックス。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
245ページ
電子版発売日
2020年06月12日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

千弥の秋、弥助の冬 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月05日

    児童書なのに一気読み。
    知り合いに勧められ、読み始めたものの
    稀代のストーリーテラーの術に嵌ってしまった。
    この方の話には、報われるものと残酷な結末を迎えるものがいる。
    その結末の定義を考えてみると、
    自分のためだけに頑張ったものは、報われず、
    他人のために頑張ったものは、救われているようである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月04日

    読み返してみたくなるシリーズが終わりました
    人と妖怪の愛情物語です
    一人ぼっちだった弥助が成長するのを
    あったか気分で読めました
    私は王蜜の君が一番好きです!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    大好きな心優しい妖したち

    coco 2020年07月07日

    大好きなシリーズがとりあえず完結してしまいました。寂しい。強面だったり、やんちゃだったり、と個性豊かな妖したち、てもみんな優しい心の持ち主で、いつも読み終わると、ほっこりした気持ちになります。思いもかけなかった最後でしたが、新シリーズを楽しみにしています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月14日

    終わってしまった…
    千にぃの気持ちを考えるととても苦しくなる、悲しくなる。どうにかしてあげたくて仕方がなくなる。
    でも、それでも、悲しいけど、あたたかなラストだった。弥助は本当に大きくなったね。これからの弥助も私はみたいな。きっと立場が逆転しちゃうんだろうなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月25日

    弥助も大きくなって随分としっかりしてきた。
    ところが千弥に大問題が……

    それしかなかったかもしれないが千弥のとった道は、弥助にはとても辛い道だった。そんな道は嫌だという弥助の思いが別の道を取らせてくれる。その道の先に幸多かれと祈るばかり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    第一部完結。最後に千弥の弱さが見えて、弥助の強さが見える。7巻から続く流れの中で、ご都合主義的にならずに、きれいに着地できていると思います。
    第2部は数年後になるのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    帯に「大団円」って書いてあるのを見逃していて、最後に驚いた。

    優しい文体な一方でリアルな残酷さも盛り込むシリーズなので、呪いが解けることはないだろうとは思っていたけど。

    なんでタイトルが、千弥が秋で弥助が冬なんだろう?
    もう一回読んでみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    2020年6月創元推理文庫刊。書き下ろし。シリーズ10作目。長編。思いも寄らない形で終わってしまいました。弥助は、子預かりを続けて行くだろうし、たいへんだけど、千弥とも楽しく暮らして行くだろうし、これからのことが目に浮かんでくる仕舞い方です。新シリーズまたは、外伝を示唆するようなあとがきも良かったで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月25日

    一部完、だそうで。
    弥助?も15歳になったというのに妖怪の面倒見るだけで仕事しなくて大丈夫なのかな?と思ったら。こんなことに。
    お医者の先生の所で弟子でもすれば何とか食っていけるのか…イヤ、あれは妖怪相手だから無理か。
    ホント、どうするんだろう。

    という気になるところで一部完。
    個人的には主人公コ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年09月30日

    シリーズのラスト
    こう落としたのか。 楽しめました。

    サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 16cm
    商品コード 9784488565121
    NDC分類 913.6
    Cコード C0193

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています