非正規・単身・アラフォー女性~「失われた世代」の絶望と希望~

非正規・単身・アラフォー女性~「失われた世代」の絶望と希望~

作者名 :
通常価格 842円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

現在のアラフォーは「受難の世代」――。この世代は、社会に出る頃にはバブルが崩壊し、就職氷河期にぶつかる。その多くがフリーターや派遣という非正規人生となった。特に現在、アラフォー女性の約半数は非正規。仕事、お金、結婚、出産、病気、老後、親の介護、孤独……。自ら「非正規・単身・アラフォー女性」である著者が、同世代の女性にインタビュー。不安を抱えて生きるアラフォー女性たちの「証言」が綴られた貴重な一冊。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2018年05月25日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年07月29日

非正規・単身・アラフォー女性 「失われた世代」の絶望と希望。間宮処凛先生の著書。生まれてくる時代は選べないし、生まれてくる性別も選べない。不運な時代に生まれて不遇をかこってきた女性を支援するのは国や政治家の使命なのだから、見ないふりをして問題を放置するなんて無責任そのものではないでしょうか。正規社員...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月21日

今さらだけど女性は国(制度)に分断を強いられてきたんだなと。繋がらないようにされてきた。
女同士だからってわかりあえるとかない。
それまでが違う。
女性のライフスタイルは多様だ。
だから何か一つ法律ができたところでみんなに恩恵はない。
違う立場の女性たちが話をできる関係を作っていくのが大事。
不安は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月09日

 日本社会にある心配事の細部の細部の具体的な姿の一端である。「非正規・単身・アラフォー女性」は、もちろんいつの時代にも存在していた。しかし、かつてはそれが個人の選択の結果としての存在だったものが、現在、彼女たちは社会のひとつのグループと呼べるまでに規模が大きくなり、社会の構造としてそうなるべくしてこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月02日

アラフォー単身さらに非正規雇用女子が
どう生きていくか、今までどう生きてきたか

男女ともアラフォー単身って、けっこう居ると思うのに未だにマイノリティな印象
社会制度なんて未だに核家族にすら対応できてない
こんな制度の中で、どうやって生きていくのか
私も知りたい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月13日

受難の団塊ジュニア。多くが正社員になれずフリーターや派遣、規制緩和の煽りをモロに受けた世代。就職・仕事と余裕なく突っ走ってきて、じゃあ結婚しようかなって思ったら、もう枠ないですよって。社会の様々な制度からは想定外、生きづらさが表面化した第一世代。

状況はわかってきたけれど、改善の動きが見えていない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています