筒井淳也の一覧

「筒井淳也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/14更新

ユーザーレビュー

  • 仕事と家族 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか
    少子化や女性の労働問題などを扱っているひとたちには絶対読んでもらいたい本。

    少子化問題を論じる本で提案される対策はどれもピントがずれているというか、表面上の解決方法しか提示されないことが多いけれど、この本で主張されていることはとてもすんなり受け入れることができた。
    すなわち、少子化や女性の活躍を阻...続きを読む
  • 結婚と家族のこれから~共働き社会の限界~
    リベラルな立場を自認しつつ、常に複数の見方を提示した上で様々な文献と突き合わせて比較検討し、その上で著者の意見を述べるやり方は、研究の態度として非常に尊敬できる。家族という概念の歴史から掘り起こし、現代の家族像を分析してゆく。

    個人的に学びになったのは家概念の成立であった。家概念の成立以前は、閉じ...続きを読む
  • 仕事と家族 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか
    p93 1990年代に25歳から34歳までの女性の就業率が増加したのは女性の「未婚化」によるものである。大学を卒業して就職し、結婚相手を探したところ満足のいくパートナーが見つからなかった。続く2000年代における女性の就業率の増加は、既婚カップルにおいて、女性が男性の所得低下を補うべく非正規雇用に就...続きを読む
  • 結婚と家族のこれから~共働き社会の限界~
    家族と結婚に関しても、20世紀の大いなる平等化時代が終わり、不平等時代が(また)はじまった、ということのようなのだけれど。これからの話になってないじゃん、というのは言わないほうがいいのかな。
  • 結婚と家族のこれから~共働き社会の限界~
    保守的論陣の一部が安易に標榜しがちな「伝統的」な家族主義への回帰。著者はそこでいわれる「伝統」がいかに「モダン」なアノマリーであるかを社会学的な視点から指摘し、高度成長期には可能であった特殊な形態を最早とり難くなった現在の家族(夫婦)の将来についての考察を展開していく。
    ここで著者が「伝統的家族主...続きを読む