筒井淳也の一覧

「筒井淳也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/09/18更新

ユーザーレビュー

  • 仕事と家族 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか
    日本がなぜ働きづらく、産みにくい社会なのかについて書かれた本。当方のこの本からの学びは以下4点

    ①日本の労働環境は未だ男性、正社員が優位であること
    ②総合職制度、職能給が日本独自の働き方であること
    ③未婚化、晩婚化は経済的要因ではなく、女性の高学歴化による目指すキャリア像と家庭との両立に困難がある...続きを読む
  • 社会を知るためには
    社会の緩みという概念に新しく触れ、ここ数年での違和感の正体が腑に落ちたように感じた。

    適切に社会を記述する方法つまり緩いつながりを記述する方法を、丁寧に説明している。

    社会はますます複雑になっており、決してシンプルではないということがよく理解できた。
  • 社会を知るためには
    社会学入門的な本は数多く読んできたが過去読んだ中では断トツに良い。「社会はなぜわかりにくいのか」「知るにはどうしたら良いか」というリサーチクエスチョンをベースに社会学・社会科学の視点や概念を非常に分かりやすく教えてくれます。高校生の時にこの本があれば!

    読書案内としても充実しており、紹介されている...続きを読む
  • 社会を知るためには
     
    筒井先生がいかに「社会」と向き合い続けてきたかがわかる内容。ちくまプリマー新書は,ヤングアダルト(おとなとこどもの間)を対象とした新書(wikipedia)らしいですが,その層だけでなく,ややアダルト(30代前半頃)にも響く。

    社会がいかにわからないか,そしてなぜわかりにくくなっているか,その...続きを読む
  • 社会を知るためには
    実用的な製品やサービスに結びつきにくく、非専門家からはその価値が見えにくい社会科学系、人文系の学問の価値について理解するのに役立つ本だと感じました。
    複雑な社会の中で人々は不安になることを厭い、単純明快な理屈に(ときには陰謀論のようなものにも)惹かれがちだが、「社会は複雑で、わからないもの」という前...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!