石田勇治の一覧

「石田勇治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • ヒトラーとナチ・ドイツ
    本書では、1933年のヒトラー内閣成立から1945年のドイツ敗戦までの「ナチ時代」が扱われている。冒頭にて、ナチ体制とは、「民族共同体」という情緒的な概念で絆を作り、それは暴力による一方的なドイツ国民の支配体制でなく、当時の国民を受益者、積極的な担い手とする「合意独裁」であったと要約されている。

    ...続きを読む
  • ヒトラーとナチ・ドイツ
    ヒトラーがどのような人物だったのか。
    当時の社会的情勢はどのようだったのか。
    当時の人々はなぜヒトラーを受け入れたのか。
    など、丁寧に説明されており、入門書としてとても良いと思う。
    ホロコーストについても、どのような経緯で行われるようになったのか、書かれており、歴史とは単純なものではないと思う。
    ...続きを読む
  • ヒトラーとナチ・ドイツ
    なぜ、なぜ、なぜ。
    議会や民主主義がなぜ葬られたのか。なぜホロコーストは始まってしまったのか。人類の闇に向き合える一冊。
  • ナチスの「手口」と緊急事態条項
    1:緊急事態条項を利用したナチスの手口
    ・ナチスは国民の圧倒的支持ではない。少数派政党。
    ・第一次世界大戦の敗戦と世界恐慌で政治が混乱し、ヒンデンブルク大統領が大統領緊急令を多用した。議会制民主主義に国民が絶望していた。
    ・ナチスは突撃隊という暴力装置を持っていた。その組織がイチャモンを付けて逮捕し...続きを読む
  • ヒトラーとナチ・ドイツ
    ヒトラーがどのようにしてワイマール共和国のような議会民主制を帯びていた近代国家を、専制国家に仕立て上げ第二次世界大戦を起こしてしまうまでになったのかを仔細に説明してくれています。ナチ党が国会第一党まで上り詰める過程や、ヒンデンブルク大統領からの授権法を採択された後の急進化は、何となくヒトラーがクーデ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!