若者はなぜ「決められない」か

若者はなぜ「決められない」か

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

八〇年代以降、フリーターの数は増え続け、今や就業人口のなかで無視できない存在となった。現代のフリーターは、先進国のなかでも特殊な今日的現象である。なぜこうした現象が生じたのだろうか? 自らも「オタク」として職業選択に際し違和感を抱いた著者が、仕事観を切り口に、「決められない」若者たちの気分を探る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
ページ数
237ページ
電子版発売日
2014年05月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

若者はなぜ「決められない」か のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これは私にとって目から鱗の理論がてんこ盛りでした!!今まで漠然と感じていたことを、この著者は論理的に、説明してくれました!!素晴らしい本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月10日

    本棚にあった場所から見て、3年前に読んだ本のはずなんですが、内容にまるで記憶がありません。たぶんよく分からないままに流し読みしたレベルだったのでしょう。というわけで初読扱い。フリーターが問題視されていた頃に、若者の歴史もふまえて書かれた本。フリーターが世間で騒がれているほど現代的で大きな問題でないと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月20日

    ちょっと硬い内容かな?と思いつつも、自分に当てはまる部分があるんではないかと、手に取ってみた。
    心の中では前から分かってはいるんだけど、自分の今置かれている状況を真剣に考え直さないといけないと思った。
    最近、自分でも思うことが、冷静に書いてあった。
    オビにあったように、一方的にダメだというわけでなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    フリーターについての本。
    後半の、働くことについての記述が興味深かったです。

    「労働=金儲け」「生き甲斐=自分自身の楽しみ」
    ここが分離されずに論じられている、というのに納得。
    生きがいとして仕事をしたい、というのはもしかしたら根本的におかしいことなのかもしれない。
    「生き甲斐」と仕事が結びつけば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    面白いと思いました。
    特にゆとり教育について述べてるトコが面白かった。
    強引に結論に結びつける傾向も若干あるけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    フリーターという存在の、歴史や心理を分析する。結婚し、子どもを育てることを考えると、その後成長を支えるために何歳まで働かなくてはならないのか…という話は、現実的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月15日

    フリーターに関しての本。なぜフリーターが多くなったのか、当時の仕事観や社会通念を説明し、前半は重点的にフリーターに焦点を当てて面白く読めた。
    でも後半は社会の現状・問題点をただ提示したり、筆者の好きな明治期の作家をあげて「この点はフリーターにも当てはまる」とリンクさせながら話が展開されていくので、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月01日

    著者の主張は全体的にすこし悲観的な印象を受けましたが、共感するところも数多くありました。
    少子化や社会が衰退をすることを理由に、その人の生き方が制限されるべきではないという見方に賛成です。したがって、著者はフリーターという生き方を否定していません。その一方で、フリーターであり続けることのリスクを示し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月21日

    古本屋で購入した本。「わかもの合宿」のテーマの参考資料にならんかと思って読んでみた。途中ちょっと間延びした感はあったが、著者のメッセージは伝わった。
    若者はなぜ決められないのか、また決めつけるのか?興味深い一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月27日

    [ 内容 ]
    八〇年代以降、フリーターの数は増え続け、今や就業人口のなかで無視できない存在となった。
    日本の近代史をふり返れば、たとえば「高等遊民」という現象のように、「決められない若者たち」は過去にも存在した。
    けれども現代のフリーターは、先進国のなかでも特殊な今日的現象である。
    なぜこうした現象...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています