いっしょに暮らす。

いっしょに暮らす。

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

他者との間にたちはだかる、厚くて高い壁を越えるために、いま、私たちには何が必要なのだろうか? 家族であれ、伴侶であれ、あるいは同居する友人であれ、他人と「いっしょに暮らす」ことの意味と可能性を考える。自立を反社会性とせず、共生を癒着としない、そんなライフスタイルを築くための視野を拓く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
ページ数
230ページ
電子版発売日
2014年07月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

いっしょに暮らす。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ルームシェア、結婚、下宿、等々で他者と共に暮らすとはどういうことか、あるいは、どういう効果をもたらすかが書かれている著書。結婚しないという選択肢を取る人のことや、ルームシェアする人の主観的意見が盛り込まれているから、色んな考え方に触れることができる。小説『こころ』を現代に照らしながら読み解いていると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月23日

    江戸時代の長屋暮らしから近年のルームシェアまで、日本の『いっしょに暮らす』風景を俯瞰する。文学作品やドラマ、ユートピアコロニーなどの社会事象を題材に言及してある。友人、恋人、家族、ご近所さん。そして共同体としての社会と人びとは、どう暮らしていくのだろうか。望ましいあり方とは?これについては一生をかけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています