大帝没後―大正という時代を考える―

大帝没後―大正という時代を考える―

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

圧倒的なカリスマ性で君臨した明治天皇を失った後に続く大正とは、どのような時代だったのだろうか。軽く、自由と解放感に満ちた明るいイメージの一方、頼りない危うさも感じられる。大正は親たちが闘争の末勝ち取り、築き上げたものを相続し消費する時代だった。本書では、今日に及ぶ日本の大衆的価値観を形づくった時代としての大正前期を、指導原理の喪失した空白期、すなわち「大帝没後」という視点から捉え直す。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
206ページ
電子版発売日
2011年12月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

大帝没後―大正という時代を考える― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    平成は大正時代と似ている。ということを、当時の世相や若者の性質から説いている。主に夏目漱石を初めとした明治から大正にかけての文壇や登場人物と、乃木希典の自殺に伴う乃木家再興を題材にしている。
    本書における視点はほぼ上記2点のみなので、この書をもって、平成と大正が似ていると断ずる(推測する)には材料不...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    主に文学の面を中心に大正時代の日本を考えている。明治天皇という象徴的な存在、また維新を支えた元勲などが歴史舞台から退いたその時代を文学による精神のありかたで探ってみている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています