「二宮敦人」おすすめ作品一覧

「二宮敦人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

二宮敦人「最後の医者」シリーズ累計25万部突破記念!「最後の医者」シリーズ第1作目ほか3作品6冊半額!【4/2(月)~4/15(日)】

「最後の医者」シリーズ最新刊配信!

※『最後の医者は雨上がりの空に君を願う(上)(下)』は値引き対象外です。

「最後の医者」シリーズ第1作目ほか3作品6冊半額!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/21更新

ユーザーレビュー

  • 最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―
    病院の待合室で少し読み、ものすごく面白いので書店で求めた。

    ものづくりにはやはり体力が必須なのだなぁ…
    ほかには圧倒的な精神力または運命が要るのだなぁとつくづく思った。あてられて何か描きたくなった。
  • 最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―
    予想以上に正確に芸大を捉えたルポルタージュ。単なる興味本位に終始するのではなく、モノを作るとは、演奏をするとはについてリスペクトを払いながら記述されている。タイトルを裏切る良書。
  • 最後の医者は桜を見上げて君を想う
    医療の現場で、「生」と「死」の狭間で闘っている医者たちの物語。

    この物語を読んでいると、自分の親父を思い出します。
    癌を患いながら治療を拒み、自分らしく生きる道を選び、その人生を終えていった親父を。

    物語の中では、そんな癌患者に対し、絶対あきらめないで闘おうと言う医者と、余生を自分らしく生きよう...続きを読む
  • 最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―
    奇妙な人たちの集まり。その本質は、やさしくて、真摯にまっすぐ。自分の能力とか性格とかを考えても、その世界に身を置くことはできそうにないけれど、本を読んで外から眺めるぶんにはかなり面白い。こうも違いがある音校と美校が同じ学校として共存していることはある意味奇跡的で、すばらしい。違いが大きいからこそお互...続きを読む
  • 最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―
    音楽関係の学部なる「音校」と美術関係の学部なる「美校」であまりに文化が違い過ぎることに驚いた。
    口笛のチャンピオンがいたり、楽器で四コマ漫画をしようとしたり、その発想の自由さが素晴らしいと思う。
    9月にあるといわれる”藝祭”に行ってみたい!
    きっと衝撃を受けるだろう!

特集