「二宮敦人」おすすめ作品一覧

「二宮敦人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • 最後の医者は桜を見上げて君を想う
    福原雅和(ふくはらまさかず)武蔵野七十字病院副院長にして、優秀な外科医。
    患者の命を救うことに執念を燃やし、どんな難病にも最後の最後まで戦うことをあきらめない。
    ただ、戦い続けるのは患者でもある。
    一番苦しいのは患者だ。
    疲れた、もういい、もう降りたい、もう十分に戦った…
    そう思うこともあるだろう。...続きを読む
  • 最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―
    天才、奇才。でも、普通の大学生。
    1日9時間自主練。1日弾かないと、三日戻る。
    楽器の一部になる。トライアング、されどトライアングル。
    まじめな音科。浪人しない。

    なんでも作る。道具から作る。ないものは自分で作る。
    美術がおもしろいからではなくて、離れたくても、離れられない人がいる。作品が生まれる...続きを読む
  • 最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―
    音校と美校のあまりの違いや奇人変人のとんでもなさに一気読みなのだか 音楽専攻の学生と美術専攻の学生が特技を生かしながら協力してイベントしたりパフォーマンスしたりするのを読むと なんだかすごい生きる力があるような気がして 不思議と自分のこどもが芸大に行きたいと言わないか期待してしまう。
    それどころか自...続きを読む
  • 最後の医者は桜を見上げて君を想う
    これは何が面白いと言われると説明が難しいけど面白かった。
    物語を読んでいるというよりもドキュメンタリを読んでいるというか…。
    三人の難病の患者の話でそこに主人公の医師が二人絡んでくるけど、主役はその医師というより患者かな。
    正直自分が同じ立場だったらどうするだろう?と考えてしまった。
    何もできなくた...続きを読む
  • 最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―
    数十年前の大雪の降った冬の日。当時勤めていた編集事務所で何度か
    電話をかけていた。相手はレイアウトをお願いしていたデザイン事務所。
    コール音はするものの誰も電話に出てくれない。

    雪だしね。電車も遅れていたし。でも、あそこの事務所は誰かしら泊まって
    いることが多いからまだ寝てるのかな。しょう...続きを読む

特集