文藝モンスター

文藝モンスター

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

増田文学賞の打ち上げとして、年に一度地方の旅館に集まる人気作家たち。ところがそこで、作家の卵の惨殺遺体が見つかった。失踪者が続くなかで超ビビリなホラー作家・雨漏たちは真相に迫れるのか!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年11月18日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

文藝モンスター のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年05月30日

    今までまったくノーマークだった本書(結構こちら方面の新刊はチェックしているつもりだけど、タイトルを見たことも聞いたこともなかった)だが、先日読んだ『最後の秘境 東京藝大』からの流れで読んでみた。タイトルと内容との関連性があまり良く分からなかった。タイトルを変えて、宣伝をより積極的を行ったら、もう少し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月06日

    よくよく考えると、残酷な殺し方だけど、キャラクターがコミカルだったこともあり、すんなり受け入れて読むことができました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月10日

    なかなか面白かった。かなりの猟奇的な殺人なんですが、登場人物を作家(変人)たちにすることで、どこかコミカルになってます。オチも面白かった。
    1つ難点は、内容ではありませんが、帯が大きすぎて背表紙のあらすじが読めない。これはちょっと頂けませんね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月17日

    雨漏と笹野の関係は面白いと思ったけど、編集長がな…。こういう話を作るときの作家と編集さんてどんな感じなんだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月10日

    ブグログさんのイベント企画で当選した本。ブグログさんありがとうございます♪

    面白く読ませていただきました^^
    雨漏さんのキャラが好きですね!!あんなに頼りないのに、意外にもしっかりしてる部分もあってそのギャップがいいですね!
    ストーリーはハマって読むとのほどではないけれども、普通に面白く読んだとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年06月11日

    『増田文学賞』受賞作家たちが集まる「増田飲み」
    今回は、編集長と、作家志望で増田賞を狙う若い女性も参加する予定だ。
    しかし、編集長と、作家の中の一人は現れないし、作家の卵の女性も参加できなくなった。

    インタビュー形式の「作家の本音」最後には「編集(長)の本音」が楽屋裏暴露っぽくて面白い。
    かなり盛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年05月02日

    最後の最後で真相に気づいてしまった。
    それぞれのキャラが濃いけれど、上手く活かしきれていないような気がした。
    よくある殺人動機。身体を真っ二つにする方法が残酷。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています