最後の医者は桜を見上げて君を想う

最後の医者は桜を見上げて君を想う

作者名 :
通常価格 604円 (税込)
紙の本 [参考] 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

続々重版、15万部突破!本読み書店員が選ぶ「感動小説」第1位!
自分の余命を知った時、あなたならどうしますか?
死を肯定する医者×生に賭ける医者
対立する二人の医者と患者の最後の日々――
衝撃と感動の医療ドラマ!

あなたの余命は半年です――ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは? 究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか? それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ誕生!
【文庫書き下ろし】

<全国の書店員様からのおすすめコメント>

とてもとても重い作品で、死ぬ事について何度も何度も考えさせられました。その中で最後の最後に一粒だけ用意されていた小さな希望に私は自然に涙を流していました。
(TSUTAYA 三軒茶屋店 栗俣様)

「あなたは大切な人の余命を知った時、どうしますか?」対立する2人の医者を通して命の重さを考えさせられました。
(紀伊國屋書店 新宿本店 宮本様)

医者達が織りなす「生」についての物語は考えさせられる部分が多く、ラストは涙が止まりませんでした。
(オリオン書房 ノルテ店 澤村様)

著者の集大成的なこの作品は涙がこぼれる場面が多々ありますので通勤・通学中に読まれる場合はご注意ください。
(福岡金文堂 姪浜南店 林田様)

医師達の「本気」が文字から浮かびあがってくるようでした。彼らは本当に、強い。人間賛歌とはこのような作品のことを指すのではないでしょうか。
(宮脇書店 本店 藤村様)

死の恐怖が安らぎと受容に変わったとき、本当に生きる意味とは何なのか、迷いながらも最後まで戦い抜いた患者、医師達に涙があふれました。
(伊吉書院 類家店 上道様)

「死」を透かして見えてくる「生きる」ことの真の意味。死が怖れから安らぎに変わる瞬間をあなたは知るでしょう。
(東郷倶楽部 代表 医師 東郷清児)

ジャンル
出版社
TOブックス
ページ数
416ページ
電子版発売日
2016年11月18日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年11月10日

恋愛ものっぽい表紙ですが、尊厳死を題材にした話でした。延命治療をするか、しないか。命の対価にどこまでなら差し出せるのか。ただ苦しいだけの余命を伸ばすことに意味はあるのか。2話目は大学生の女の子がALSになる話で、読むのが辛かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月02日

末期患者がいかに死に向き合うか,また医者とはどうあるべきかを考えさせられる物語3編.いろんなタイプの違う医者がいて死に臨むありようも色々なのは当たり前だが,自分の身に置き換えると悩んで答えが出ないと思う.その葛藤の中での一つの答えを提示して,とても潔い,美しいといってもいい最期だった.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月15日

福原雅和(ふくはらまさかず)武蔵野七十字病院副院長にして、優秀な外科医。
患者の命を救うことに執念を燃やし、どんな難病にも最後の最後まで戦うことをあきらめない。
ただ、戦い続けるのは患者でもある。
一番苦しいのは患者だ。
疲れた、もういい、もう降りたい、もう十分に戦った…
そう思うこともあるだろう。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年09月30日

命について考えさせられた。明日が必ず来ると疑問を持たずに生きている人間は、自分自身の命や生き方に本当に向き合っていないのかも知れない。奇跡を信じて患者にも諦めさせない福原と、今目の前にある限られた命を突き付け、余生としての人生を導く桐子、患者と一緒に迷い悩む音山。どの医師に診てもらいたいのか、その場...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月23日

この本を読むまで、私は余命を宣告をされたら、延命はしない派でした。守るべき家族もいないので、そのような答えを持っていましたが、この本を読んで、少しでも長く生きるために治療をするのも、余命を受け入れるのもどちらも難しいことを知りました。異なる意見を持っている二人の医者のどちらの意見も納得できます。それ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play