最後の医者は桜を見上げて君を想う

最後の医者は桜を見上げて君を想う

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

続々重版、25万部突破!本読み書店員が選ぶ「感動小説」第1位!
自分の余命を知った時、あなたならどうしますか?
死を肯定する医者×生に賭ける医者
対立する二人の医者と患者の最後の日々――
衝撃と感動の医療ドラマ!

あなたの余命は半年です――ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは? 究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか? それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ誕生!
【文庫書き下ろし】

<全国の書店員様からのおすすめコメント>

とてもとても重い作品で、死ぬ事について何度も何度も考えさせられました。その中で最後の最後に一粒だけ用意されていた小さな希望に私は自然に涙を流していました。
(TSUTAYA 三軒茶屋店 栗俣様)

「あなたは大切な人の余命を知った時、どうしますか?」対立する2人の医者を通して命の重さを考えさせられました。
(紀伊國屋書店 新宿本店 宮本様)

医者達が織りなす「生」についての物語は考えさせられる部分が多く、ラストは涙が止まりませんでした。
(オリオン書房 ノルテ店 澤村様)

著者の集大成的なこの作品は涙がこぼれる場面が多々ありますので通勤・通学中に読まれる場合はご注意ください。
(福岡金文堂 姪浜南店 林田様)

医師達の「本気」が文字から浮かびあがってくるようでした。彼らは本当に、強い。人間賛歌とはこのような作品のことを指すのではないでしょうか。
(宮脇書店 本店 藤村様)

死の恐怖が安らぎと受容に変わったとき、本当に生きる意味とは何なのか、迷いながらも最後まで戦い抜いた患者、医師達に涙があふれました。
(伊吉書院 類家店 上道様)

「死」を透かして見えてくる「生きる」ことの真の意味。死が怖れから安らぎに変わる瞬間をあなたは知るでしょう。
(東郷倶楽部 代表 医師 東郷清児)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
TOブックス
掲載誌・レーベル
TO文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2016年11月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

最後の医者は桜を見上げて君を想う のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月29日

    生から死は一方通行で。必ずみんなそこに向かって進んでいて。だからこそ、どんな向かい方をするのか、それまで自分はどう生きていきたいのか。もし大切な人の命が残りわずかだったら?もし自分の命がもうすぐ終わりを迎えるとしたら?色んなことを考えさせられた1冊だった。読めて良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    死に振り回されると、
    往々にして生き方を失います。

    生き方を失った生は、
    死に等しいのではないでしょうか。

    逆に生き方を維持して死ぬことは、
    生に等しいとは言えないでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    めっちゃ泣いた。
    自分だったらって色々考えさせられた。
    本苦手な私が久々に早く続きを読みたくて仕方なくなった一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    難病患者と向き合う二人の医師の物語。
    両者は極端に異なる医療方針を有するが、そのそれぞれに完全には否定しづらい信念があり、それゆえにいずれの気持ちにも共感する読者がいることだろうと思う。また、両者の中間に位置する見解を持つ友人医師に救われる者もいるであろう。それゆえに「最善の医療とはなにか」という究...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月17日

    それぞれの物語の人物に入り込みすぎて辛かった。死が近づく恐怖に、読み終えるまで追われ、私が死んだ時残された子供たちへの準備は万全か?身内がもし余命宣告されたら…?考えさせてくれた作品だった。
    本屋でもらえるフリーカバーの同作品冒頭部分を読んだことが読むきっかけだったが、素晴らしい企画だと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    文章自体はライトに書かれていますが考えさせられたなあという読後感です。

    医療ドラマでよくある「天才外科医が様々なバックグラウンドを持つ患者を治療していく」ような内容を想定していたのですが、この本は「死に対してのアプローチ」を登場人物を通して考えさせられる本でした。

    各章のタイトルが「○○の死」で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月04日

    「大事な人だからこそ、真剣にその死に向き合うべき」…物語に出てくるこの言葉がとても印象に残っている。私はまだ、大切な人の死に直面したことがない。いざそんな場面が訪れたとき、その人の死に向き合えるのか。その人が望む選択を応援できるのか。そんなことを考えさせられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    漫画を読むかのように、面白く一気に読み終えました。

    医者にも、それぞれ色んな考えがあり、そしてどの考え方も間違えではない。とはいえ、医者によって治療方針もこんなにも変わることがあるのかと思うと、大事なことは、患者と医者が話し合うことなのだと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月11日

    奇跡を信じて最後まで患者の「生」を諦めない医師・福原と、患者の「死」を受け入れた上で患者の残りの人生を「生」かす医師・桐子。正反対な二人と患者たちの3本のエピソードが連作短編で描かれる。

    『3月のライオン』というマンガで「『自分もいつかは死ぬんだ』って事を忘れて呑気に日々を送れてしまう事…それって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    仕事人間な院長と福原副院長の不器用な部分が、悲しくも病気によってわかっていく様に目を背けたくなりました。
    穏やかな結末に、涙が止まりませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています