吉田友子の一覧

「吉田友子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/08更新

ユーザーレビュー

  • 自閉症・アスペルガー症候群「自分のこと」のおしえ方 診断説明・告知マニュアル
    本人への障害告知についての本だけど、自閉症スペクトラムのことを知らない人に障害のことをどのように伝えたらいいかという視点からも参考になると思う。
  • 自閉症・アスペルガー症候群「自分のこと」のおしえ方 診断説明・告知マニュアル
    「肯定的自己理解をバックアップするための診断説明マニュアル」というあとがきの言葉が、ぴったりそのまましっくりくる本でした。

    自閉症・アスペルガー症候群の子どもたちのサポートを考えていく上で、支援者必読の書だと思います。

    「少数派である」
    「苦手はあってもやりようはある」
    「長所でもある」
    など、...続きを読む
  • 自閉症・アスペルガー症候群「自分のこと」のおしえ方 診断説明・告知マニュアル
    発達障害の子どもが成長し、なぜ自分にはこうした支援が必要なのか疑問に思った時にどう答えたらいいのかについて書かれた本はほとんど無いので、とても参考になりました。いずれはこの本に書かれているようなフォロー体制が、どの医療機関・支援機関でも行われるようになっていってほしいです。
  • 自閉症・アスペルガー症候群「自分のこと」のおしえ方 診断説明・告知マニュアル
    こどもたちがどう告知をうけるか、その説明の仕方だけでなく、その後の支援について詳しく書かれている。
    先生の、アスペルガー症候群のこどもたちに寄り添った考え方がよくわかる本。
    告知の立場になくても、多くを学べる。
    高機能のお子さんを対象としてかかれており、自分でどう工夫していくか?についえのためのヒン...続きを読む
  • 自閉症・アスペルガー症候群「自分のこと」のおしえ方 診断説明・告知マニュアル
    本人への「診断の説明・告知」と、今までには中々ないジャンルの本でした。本のページ数もちょうど良く、本の内容の大事な部分には「重要!!」と視覚的な提示をつけてくださっています。
    本の内容も、第1章の子どもへの支援という内容から、きちんとした子どもへの説明の大事さなどに触れ、その後の章では、「いつ(タイ...続きを読む