長谷部恭男の一覧

「長谷部恭男」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/07/30更新

ユーザーレビュー

  • 増補新版 法とは何か 法思想史入門
    旧版を読んで以来の増補版。
    何回読んでも面白い。

    他の本を読んでいて根本的なところまで考えたいと思ったときは、とりあえずこの本を手に取ってみる。
  • ナチスの「手口」と緊急事態条項
    ドイツの20世紀の経験と緊急事態法制について、かなり深く解説している。対談形式なので分かりやすく、貴重な本である。参考文献も巻末にあり、これもまたよし。
  • 憲法と平和を問いなおす
    同じ著者による『憲法とは何か』を読んだ際、しばしば引用されていた本書。
    民主主義や立憲主義の基本的な説明は、こちらに書かれていそうだったので、続けて購入しました。
    読んでみると、予想した通り。

    例えるならこの『憲法と平和を問い直す』は、もう1冊の『憲法とは何か』の双子のお兄ちゃん。
    華やかで社交的...続きを読む
  • 憲法とは何か
    岩波新書愛好会】#感想歌 憲法を創ると守ると改訂の力関係根源は何 民主主義だけではなくて人類の幸せ確保模索方法
  • 憲法と民主主義の論じ方
    国連憲章では「武力の行使」はだめで「自衛権の行使」は良いとするなら「自衛権の行使」は戦争ではないとなる。以前読んだ木村草太さんの本でも「自衛戦争」はだめで「自衛権の行使」と書いていたっけ。ややこしい。

    自衛隊員が外国に出兵して現地で偶発に撃ち合いになり運悪く相手が死んだ場合法律的にはどうなるんだろ...続きを読む