長谷部恭男の一覧

「長谷部恭男」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/10/28更新

ユーザーレビュー

  • ナチスの「手口」と緊急事態条項
    緊急事態条項の歴史的な危うさについて、ひとまづ簡単に飲み込むための入門編、みたいな本だった。大変読みやすく、そしてわかりやすかった。

    220頁
    <一九七〇年五月八日、終戦二五周年記念式典でのブラント首相の演説>
     今から二五年前のあのときに、多くのドイツ人が個人的あるいは国民的な苦しみと感じていた...続きを読む
  • 学問の自由が危ない
    どの論考にも強い危機感が示されている。なかでも内田樹氏の論考はもっとも説得的だった。私が近年感じている「政権はまじめにやっていない」という印象はなぜ引き起こされるのか、これを読んで得心した。異議申し立てという人間の力を奪う数々の営みが粛々と進んでいる。
  • 学問の自由が危ない
    学問の自由は私たちの生活とも関係している。学問をすることが自由なのもあるが、学問はそれ自体国の権力から自由で独立したものでなくては、また再び、戦争に使われる可能性がある。過去の過ちを繰り返さないという学者の決意から生まれた学術会議の経緯を知っていれば、今回の件は学者集団にとって、赤信号であるとともに...続きを読む
  • 戦争と法

    戦争と憲法は切っても切れないつながりがあります。本書は第一級の憲法学者が近現代の戦争を分析しながら、憲法との密接な関係を示し、憲法9条を改正することは意味がないと断じています。
  • 日本国憲法
    日本国憲法
    大日本帝国憲法
    パリ不戦条約
    ポツダム宣言
    降伏文書
    日本国との平和条約(サンフランシスコ条約)
    日米安全保障条約

    まで読んだ
    長谷部教授の解説以降はこれから

    これ読んでいない日本国首相有り得ない

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!