検証・安保法案:どこが憲法違反か

検証・安保法案:どこが憲法違反か

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

安保関連法案のどこが憲法違反にあたるのかを読み解く。衆院憲法審査会で「憲法違反」の見解を示した長谷部恭男教授を編者に、元内閣法制局長官、元防衛省防衛研究所長、新進気鋭の憲法学者が、法案の問題点を指摘しつつ立憲主義のあるべき姿を追い求める。電子書籍版にのみ、資料として砂川事件最高裁判決も収録。 ※本電子書籍の既定の表示設定は、本文縦書き、資料の一部は横書きです。仕様により、横書き部分のページめくりが通常と逆方向(縦書きと同じ方向)になります。ご了承ください。【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 法律
出版社
有斐閣
ページ数
204ページ
電子版発売日
2015年08月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

検証・安保法案:どこが憲法違反か のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年09月18日

    安保法案についてはかねてから関心がありましたが、反対派の人たちの意見にはにわかに頷きがたいものが多かったので、不満でした。
    たとえば「戦争法案、反対!」と言われても、個別的自衛権だけでも日本が侵略されたら戦争は起こりうるのに……と疑問に思ってしまったりして。

    そこで、安保法案の違憲性や不合理性につ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています