憲法が変わるかもしれない社会
  • ptバック

憲法が変わるかもしれない社会

作者名 :
通常価格 1,426円 (1,297円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

577pt

  • 40%ポイントバック

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

戦後日本で、かつてなく改憲の可能性が高まるいま、「知ってるようで知らない」憲法について本質を理解するための決定本。
長谷部恭男、片山杜秀、石川健治、森達也、国谷裕子、原武史――憲法を巡る各テーマを豪華ゲストらと共に徹底的に考えた、高橋源一郎の白熱講座へ、ようこそ!

・憲法は条文がすべてではない!?
・9条は意味論と語用論に分けて考えよう
・立憲主義は民主主義と対立し得るもの?
・大正デモクラシーから国家総動員体制にいたった流れ
・天皇の「おことば」が突きつけた問題とは?

社会の「分断」を越えた対話のために――土台となる決定本がここに。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
280ページ
電子版発売日
2018年07月26日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

憲法が変わるかもしれない社会 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています