娘と嫁と孫とわたし

娘と嫁と孫とわたし

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
紙の本 [参考] 550円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

65歳の玉子は、亡き息子の嫁、里子と孫の春子との三人暮らし。お互いをいたわりあっての平穏な日々。そこに嫁にいった38歳の娘、葉絵がしょっちゅう帰ってきては、子供のころに心理的虐待を受けた、と身に覚えのない難癖をつけてからむ。実の娘よりも他人である嫁のほうがわかりあえるのか、いや、いざとなればやはり実の娘がたよりになるのか、玉子の心は複雑に揺れ動く。傑作連作短篇集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年06月03日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

娘と嫁と孫とわたし のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年07月03日

    姑嫁孫の女三人暮らしに再婚した娘が時折里帰り、、何処にでもありそうな親の悩みと日常。このハエって娘、うちの誰かさんみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月10日

    人物像が読み進むにつれて変わってきて…。特に、里子さんはもっとしっかりした思慮深い人かと思いきや、最後には興味本位で軽はずみな発言をしてしまう人みたいになったし…。物足りなさもあったけど、様々な世代の様々な女性の生き方が面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月22日

    65歳の玉子は、息子の亡き後、嫁の里子と孫の春子と同居している。

    そこに娘の葉絵が里帰りしてきては、嵐を巻き起こしていく。
    1話では、未だ扱いに苦慮する娘と、出来た嫁の話。

    あれ?と思ってた夫がどうなっているかは第2話で。

    3話は、いろいろこんがらがって誰しも見せてる一面だけじゃないよね、と。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月12日

    日常に潜むちょっとした毒をちりばめた話。
    息子を亡くした母と旦那を亡くした嫁の同居
    時々家にやってくる実の娘の愛情に飢えた明け透けの悪意。
    本当にどこの家庭でもありそうな人間関係の不和と融合
    登場人物の小市民感が共感できて良い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    久しぶりに藤堂志津子さんの本を読みました。こんな感じの作家さんだったっけ?と思いながら。

    里子がちょっとずつ嫌な感じになっていくのは、夫の不在から立ち直ってきているからなのか?ってことは、元々結構嫌なヤツなのか?
    葉絵は本当はいい人なんじゃないか。
    逆に秋生は悪い人なんじゃないか。

    などなど、登...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月13日

    前半ダラダラして飽きそうでしたが、後半少し盛り返しました。
    主に私と嫁と娘の話。
    夫の身勝手さには閉口しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月04日

    藤堂志津子さん、久しぶりに読みました。

    主人公・玉子65歳。
    亡き息子の嫁・里子と孫娘・春子と穏やかに暮している。
    そこに嫁に行った娘・葉絵が帰ってきては波風を立てる。

    嫁・姑・小姑、三つ巴のドロドロだったら嫌だなぁと思ってたんですが、
    そんなこともなく面白かったです。

    いつもおっとりと優しい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング