「藤堂志津子」おすすめ作品一覧

【藤堂志津子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/11/11更新

ユーザーレビュー

  • 銀の朝、金の午後
    おばあちゃんトリオの日常物語。


    人間の汚い一面や愚かさが 感情やら仕草で細かく表現されてて 気持ちよかった。


    『マンネリズム』
    マンネリは使うけど、+リズム!!
    初めて聞いた言葉でした。
    ほわわ~ん


    ボケたくない、健康でいたいと強く思い
    他の人のボケ具合と優劣つけていたのに ...続きを読む
  • 藤堂志津子 恋愛傑作選
    藤堂 志津子の作品は恋愛小説系の中ではかなり気に入っている。『熟れていく夏』や『桜ハウス』等を昔読んだが面白かった。作中の女性の心理描写の丁寧さが好き。
  • 秋の猫
    ジャケ買いした。5つの短編小説で構成されていて、女性の打算的なところが生々しく描かれているので失恋してすぐに読む3つ目、4つ目は非常に苦しかった。5つ目は良かった。
    読んでる際の自分の心持ちで感想がずいぶん変わりそうな良書。
  • きままな娘 わがままな母
    結局、母娘でも一人の人間やから相性もあれば価値観の違いもあって当たり前。
    極端に相性が悪かったり価値観が違わなければ、なんとかなるもんでしょ(笑)
    だから、お互いに“きまま”と“わがまま”でいられるのよ。
  • きままな娘 わがままな母
    めっちゃ分かる…。そうそう、なんで母親ってこうなんだろうと。母娘とは相性、価値観が合えば最高だけど、合わないと憎々しい限りかもしれない。ぶつかりやすいし。それはささいな食べ物の好みから、大きな決断まで。
    いつの間にか私も育ててもらったことを忘れ、家族ゆえ母親ゆえに厳しく接しているかも。だからか、母親...続きを読む