夫の火遊び

夫の火遊び

作者名 :
通常価格 486円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『桜ハウス』と名づけた家でハウスシェアをしていた女たち。蝶子36歳・遠望子31歳・綾音26歳・真咲21歳。あれから十数年の月日が経ち……。今明かされる真咲の離婚の真相。婚約破棄を繰り返していた綾音が、選んだ男。遠望子のもとを訪れた女の目的は? そして、蝶子に新しい男が!? 一生懸命に生きるからこそ、どこかコミカルになってしまう30~40代の女たち4人を小気味よく描く傑作連作集。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年04月04日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2015年01月25日

全作『桜ハウス』の続編。
それぞれの過去や男性との関係が綴られる。
なんと不思議な理解不能な人達がいるものだと思わずにはいられない、人々。
それが面白さに繋がっているんだけれども…

2015.1.25

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月05日

登場人物間では明かされない、それぞれの事情がわかる。大人になると色々あって、いきてるのって面白い!と思える。何歳になっても、この先にワクワクできる感覚を思い出せます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月09日

桜ハウスの続編。
4人の女性のそれぞれの人生が
女性であるがゆえの歳を重ねてゆき方が
女性であるがゆえの喜びや
女性であるがゆえの哀しみを思い知らせる。
この先、どういう関わりを持ちながら、でもきっと変わらぬ温度で繋がっている関係が羨ましい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月05日

これ、続編だったんですね。出張に出る際、東京駅の本屋で平積みされているのを思わず手にし、読み始めてから気がついた。今は前編も読み終わりました。「個性的な」ではなく、「個性ある」四人の中年独身女性の内輪話です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月11日

著者61歳のときに書き上げた本、「夫の火遊び」。
ストーリーの内容は、"その後"の一言につきます。主軸となる物語ではないため、最初に読むのにはおすすめできません。

4人の主人公たちは、みな世代をはじめ家族構成も性格も価値観も(ついでに体型も)全く違っています。共通するのは「桜ハ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています