警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意

警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

捜査一課は、殺人・強盗・強姦・放火などの凶悪犯罪を追う警察のセクション。中でも首都東京を管轄する警視庁捜査一課は、日本全国、いや世界までもが、その動向を注目する超プロフェッショナル集団だ。そのトップを務めた著者は、42年間にわたる警察官生活の中で、どのようにして犯人のウソを見抜き、どのようにして群衆の中から不審者を発見してきたのか?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2014年06月20日
紙の本の発売
2014年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年07月03日

    相手の発言や仕草、周囲の人への聞き込みからその人の人定を見抜くこと。そのためのポイントを掴むために、日々人間観察を怠らない姿勢。同じ、人を相手に仕事する職種として、見習って行きたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月24日

    ○元警視庁警察官で捜査一課長等を歴任した久保氏の著作。
    ○数々の現場経験、捜査経験から、犯罪者とは何者か、どのような行動様式があるのか、どのように見抜くのかといった考え方をまとめたもの。
    ○事例が多く、とても興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月28日

    ドラマでいう「刑事の勘」、それがどのようにして磨かれるのか、実際に容疑者と向き合った時にどのように働くものなのかを、警視庁捜査一課長時代を含めた41年間の警察勤務で実際に関わった事件を元に詳しく説明されています。
    自分は小説を書きますので、人の心理を知ろうと手に取ったのですが、事実の重みに圧倒される...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    譌・蟶ク逕滓エサ縺ァ菴ソ縺医k繝弱え繝上え縺九→諤昴▲縺溘′縲√?縺励m繝励Ο縺ョ菴馴ィ楢ォ??り?蜻ウ豺ア縺上?縺ゅ▲縺溘?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月27日

    元捜査一課長の著書。
    その経験を生かして、具体的なビジネスシーンとか、人との関わり方を語るものかと思ってたら、本気で自分が扱ってきた事件についての説明だった。
    生々しくて面白かった。
    あんまり実生活に役立つとも思えんかったけど。
    ただ、最後のあとがきが、本人ではなく、これもまた別の元警察勤務者による...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月14日

    捜査第一課の仕事に一番必要とされる資質は「カンがいい」ということ。そして「カン」は「観」で磨かれる。人を見る目を養い自分の内面を見つめなおすのが本書の目的。嘘を見抜く極意、真実を聞き出す極意、怪しい者を見抜く極意、人間の本性を見抜く極意、遺体から真実を見抜く極意、凶悪犯を見抜く極意。徹底した人間観察...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月14日

    仕事に役立つところがあればと思って手に取りました。

    人を見抜くテクニックが述べられているというよりは、著者が過去を振り返った自分史という色彩が強いです。
    実際の事件について記載されたところは、事実だけになかなか興味深かったです。

    感を養うのは実践に勝るものはありません。
    私もできる範囲で、人間観...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月31日

    ≪目次≫
    序章   捜査一課長の仕事
    第1章  ウソを見抜く極意
    第2章  真実を聞き出す極意
    第3章  怪しい者を見抜く極意
    第4章  人間の本性を見抜く極意
    第5章  遺体から真実を見抜く極意
    第6章  凶悪犯を見抜く極意

    ≪内容≫
    「人を見抜く」極意というタイトルの本だが、心理学というよりも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年06月06日

    刑事の「感」が「観」察眼からくるもので、小さな変化や違和感を大切にしていることがとてもよくわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています