「横尾忠則」おすすめ作品一覧

「横尾忠則」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2017年11月号

作品一覧

2017/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • 文藝春秋2月号

    文芸春秋3月号

    年間購読にしているのですがどうしたら読めますか
  • 本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた
    著者初の書評とのことだが、内容を読むとタイトルにある「本を読むのが苦手な」人とはとても思えない。
    133冊の本が紹介されているが、既知あるいは既読の本が一冊もなかったので、自分の読書量もまだまだ少ないと感じた次第。
    「マルセル・デュシャンとアメリカ」の絵による書評が画期的で面白かった。
  • 死なないつもり
    横尾さんが久米書店に出演されていて読みたくなった。
    Y字路や尊敬しているマルセル・デュシャンの「泉」など興味を持った。スーツを着て絵を描きたいというのも面白い。やはり天才だ。
    途中二か所、誤植訂正のテープが貼ってあり、今時このようなこともあるのかとびっくりした!
  • 死なないつもり
    芸術家横尾忠則が80歳になった現在の自分の生き方、芸術観、老いや道楽についてを語った本。面白かったのは、骨折で入院中におきていたベッキー騒動について、「『センテンススプリング』なんて、いい言語感覚ですね」といってるところや、横尾自身の言葉ではないが、「神秘思想家のグルジェフは、一人の人間の中に多様な...続きを読む

特集