サンデーとマガジン~創刊と死闘の15年~

サンデーとマガジン~創刊と死闘の15年~

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

1959年3月17日に同時創刊された、週刊少年漫画の草分けの両誌。部数や漫画家の確保などをめぐって闘いを繰り広げた時代を、元編集者の証言などから浮き彫りにする。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2014年09月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

サンデーとマガジン~創刊と死闘の15年~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月02日

    何の巡りあわせか同日に創刊された少年サンデーと少年マガジン。創刊に至る経緯から15年間の抜きつ抜かれつの競い合いの歴史が語られます。作者はNHKのプロデューサーだけあって、テレビドキュメントを観るように楽しく読めます。
    で、去年買ってあったこの積読本を読むきっかけは、何といっても「ゲゲゲの女房」。ド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月09日

    [ 内容 ]
    1950年代終わり、高度成長の入り口に立った時代の空気を察知した小学館、講談社は週刊少年誌創刊に向けて始動。
    早くも激しい先陣争いを展開した結果、サンデー、マガジン2誌同時創刊に至る。
    線の太く丸いメジャー漫画家の獲得、“さわやか”イメージ戦略、正統派ギャグ漫画路線を掲げるサンデー。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月27日

    「電子書籍時代を考える上で」
    人々に喜ばれるコンテンツを作り出すための情熱と人脈そして根性の物語。
    電子化というどこか冷たい響きが一人歩きしている感が否めない昨今、コンテンツ作りの裏側にあるパッションと人間臭さをビンビンに感じる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月12日

    先日、番組予告をしていたのに、見逃してしまった。でも、この本によれば、番組に使われたのは、取材したうちの二割だそうだから、読むだけでも十分かもしれない。グラビアを一度原寸大でながめてみたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月28日

    毎週発行という厳しいスケジュールの中で、ライバル誌とせめぎ合いながら発行を続ける編集者の苦悩と感動が痛快に描かれている。
    「作画と原作の分離」「競争原理の導入」「創刊時の原点回帰」「最後は直感を大切にした判断」など、サービスの立ち上げにも通じるヒントが得られた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月14日

    自分の全く知らない世界の話なのに、当時の勢いとか活気が伝わってきました。今巨匠とされるマンガ家さんたちはこういった所から出てきたのか、とかこの作品はこうやって生まれたのかとか・・・とにかく新鮮な気持ちになれる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    こんな風に、ダイナミックに時代を動かしひとつの文化を支えた人たちがいたのだなあ。ニーズやポピュラリティに偏重しがちな時代においては考えられない博打うちだらけだけれど、それこそが本当は新しいものを生み出すパワーなのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています