姉小路祐の一覧

「姉小路祐」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:姉小路祐(アネコウジユウ)
  • 生年月日:1952年
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

立命館大学大学院政策科学研究科博士課程前期課程修了。代表作品の『真実の合奏(アンサンブル)』は横溝正史ミステリ大賞佳作を受賞。

作品一覧

2021/02/10更新

ユーザーレビュー

  • 署長刑事 時効廃止
    2作目の方がすっきりして読み易かった。

    回りのメンバーもそれぞれのキャラ出してきました。

    ドラマ向きだよね^_^
  • 署長刑事 大阪中央署人情捜査録
    大阪中央署の署長にキャリアで警視の古今堂航平が就任した。その4日後、現職の警察官が飲酒運転の上市民をひき逃げし、自宅で自殺を図ったと言う事件が起こる。事件に疑問を持った航平は、中央署の署員達の協力を得ながら、事件の真相を暴く。
    飲酒運転で市民をひき逃げした現場、行った事があるけれど昼間でも静かなとこ...続きを読む
  • 署長刑事 大阪中央署人情捜査録
    大阪中央署に署長として赴任してきたキャリア署長の、キャリアらしからぬ、殺人事件の捜査を通して、警察社会の実態を面白く描く秀作。
  • 署長刑事 大阪中央署人情捜査録
    これまで読んできた刑事小説で面白いと思ったのは、
    一匹狼でカッコいい刑事が出てくるものだった。

    この小説の主人公は、正直かっこよくない。

    でも・・・
    エリートなのに気取らず、一生懸命取り組んでいる姿を
    見てると、つい応援してしまった。

    最初の話からは想像ができなかったが、
    最後になるとすごく深...続きを読む
  • 潜入捜査官 警視庁都民相談室 七曲風馬
    警視庁都民相談室に持ち掛けられたセミナー詐欺疑惑の真相に迫る物語。
    当初は詐欺として追っていたものが、殺人事件として展開していく。
    見栄のために大金をつぎ込み自尊心を守るというのはミステリーではよくある話。実際でもよくあるのかな。
    劇団員を装いアルバイトとして疑惑の会社に乗り込む話は面白かったけど、...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!