「山本一力」おすすめ作品一覧

「山本一力」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本一力(ヤマモトイチリキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年02月18日
  • 出身地:日本 / 高知県
  • 職業:作家

東京都立世田谷工業高等学校電子科卒。1997年『蒼龍』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。『あかね空』で直木賞を受賞。その他作品に『戌亥の追風』、『朝の霧』、『たまゆらに』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/11更新

ユーザーレビュー

  • あかね空
    ☆5つはちょっと甘いかなと思いつつ・・・。
    山本さんは2作目。前作「損料屋喜八郎始末控え」の感想に「これがデビュー作ですから、その後を期待したいと思います。」などとえらそうに書いてしまいましたが、いやはや期待を裏切らない出来です。乙川優三郎氏を押さえての直木賞受賞作というのが充分頷ける作品です。
    ...続きを読む
  • 蒼龍
    良いですね。山本一力。
    上記のように最後の「蒼竜」を除いては2001年に発表された作品です。山本さんが「あかね雲」で直木賞を受賞したのが2001年ですので、ちょうどその頃の作品になります。
    一方「蒼竜」はデビュー作です。本人があとがきに書いているように、荒っぽさもありますが、新鮮な力も感じます。...続きを読む
  • ジョン・マン4 青雲編
    ジョンマン四冊目。いよいよアメリカでの生活がスタート。
    読むたびに中濱万次郎の人生を切り開く力に魅せられる。
  • 草笛の音次郎
    義理人情全開の展開で最高でしたね!山本一力作品では、おなじみの今戸の貸元 芳三郎親分と代貸の源七の子分である音次郎が主役で、芳三郎の名代として、江戸から佐原までの器量試しの旅に出るストーリーで、旅を重ねていくうちに音次郎が一人前の渡世人として成長していく様や宿敵こませの十郎との戦いが面白かったですね...続きを読む
  • ジョン・マン4 青雲編
    ジョンマン4巻。
    あっという間に読み切りました。
    頑張れジョンマン。
    人間は、いろんなところで試されている。

特集