「山本一力」おすすめ作品一覧

「山本一力」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本一力(ヤマモトイチリキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年02月18日
  • 出身地:日本 / 高知県
  • 職業:作家

東京都立世田谷工業高等学校電子科卒。1997年『蒼龍』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。『あかね空』で直木賞を受賞。その他作品に『戌亥の追風』、『朝の霧』、『たまゆらに』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
小説現代 2017年 10月号

作品一覧

2017/10/01更新

ユーザーレビュー

  • ジョン・マン4 青雲編
    ジョンマン四冊目。いよいよアメリカでの生活がスタート。
    読むたびに中濱万次郎の人生を切り開く力に魅せられる。
  • 草笛の音次郎
    義理人情全開の展開で最高でしたね!山本一力作品では、おなじみの今戸の貸元 芳三郎親分と代貸の源七の子分である音次郎が主役で、芳三郎の名代として、江戸から佐原までの器量試しの旅に出るストーリーで、旅を重ねていくうちに音次郎が一人前の渡世人として成長していく様や宿敵こませの十郎との戦いが面白かったですね...続きを読む
  • ジョン・マン4 青雲編
    ジョンマン4巻。
    あっという間に読み切りました。
    頑張れジョンマン。
    人間は、いろんなところで試されている。
  • 大川わたり
    物語の背景も秀逸でいい作品でした!不運も重なり博打に手を出し、仲間の家庭まで潰して落ちるところまで落ちた大工職人の主人公の銀次が借金を返すために博徒の親分と「借金返済まで大川を渡れない」という命がけの約束を肝に銘じて、心を入れかえ、まわりの粋な仲間に支えられながら成長していく銀次の様が素晴らしかった...続きを読む
  • ジョン・マン3 望郷編
    ハワイで仲間と別れて、グアムとかフィリピンとかブラジルとか経て、いよいよアメリカ本土上陸に至るまでの経過。誰からも好かれそうな、人懐こいひたむきさとか、仲間を思いやる優しさとか、彼への好感度がいや増します。彼の人物史についての知識が皆無な自分としては、これから過ごすアメリカでの日々とか、おそらく帰り...続きを読む

特集