いっぽん桜(新潮文庫)

いっぽん桜(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

仕事ひと筋で、娘に構ってやれずにきた。せめて嫁ぐまでの数年、娘と存分に花見がしたい。ひそかな願いを込めて庭に植えた一本の桜はしかし、毎年咲く桜ではなかった。そこへ突然訪れた、早すぎる「定年」……。陽春の光そそぐ桜、土佐湾の風に揺れる萩、立春のいまだ冷たい空気に佇むすいかずら、まっすぐな真夏の光のもとで咲き誇るあさがお。花にあふれる人情を託した四つの物語。(解説・川村湊)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2021年04月16日
サイズ(目安)
1MB

いっぽん桜(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    4話の短編小説集。江戸時代の話だが、仕事の内容も現代に通じるものがあるし、人間関係の機微も同じだなあと思う。あかね空もそうだったが、表紙の題字もよい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月15日

    やはり、江戸人情ものを描かせたら、山本一力の右に出るものは、いないのではないか。
    ただ、いかんせん、短編集だと、一つ一つの話が中途半端になってしまうのが残念。
    一つ一つの話を長編で読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月21日

    花にまつわる人情話短編4編の構成でしたが、どの作品も人情味にあふれた話で良かったですね!
    また今回は夫婦を交えた家族の絆というのも良かったです!
    山本一力作品は江戸時代の作者の生誕地の土佐と江戸深川を舞台にした人情作品が主ですが、さすがの作風で、どの作品も、主人公がまわりの人達に支えられながら成長し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月27日

    桜の季節になると読み返したくなるかもしれない。
    「萩ゆれて」が明るいハッピーエンドなので、読者もハッピー!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月18日

    家族の愛をしみじみと感じる短編集です。
    季節毎の花が、物語と共に心に染みてきます。

    すいかずらは、「忍冬」と書くそうです。
    真冬の雪に遭っても葉をしぼませないことで付けられたそうな。
    春の入口に出会って、気持ちを元気にさせてくれる花ですね…。

    個人的には、今年の夏は桔梗に囲まれていました。
    毎年...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月20日

    江戸人情モノの短編集。

    本の雑誌10月号の特集でオススメされ(?)、はじめて山本一力さんの本に手を出してみました。
    江戸の様々な職業の描写にコダワリを持っておられるような気がします。

    個人的には、表題作と土佐の話の2編がオモシロかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月03日

    桜、萩、忍冬、朝顔、と、花を主題にした4篇の短編集。多くの人がレビューに書いているとおり、『萩ゆれて』が実に良かった。電車内で読んでたのですが、人目を気にせず浸れる環境で読みたかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月06日

    山本一力3冊目。
    ところどころたるんでるところもあるけど、全体を通していいストーリーが詰まってる。
    ほっとしたい時にはオススメの一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    秀逸なのは「萩ゆれて」

    題名には「萩」、主人公の名は「兵庫」、物語の舞台となるのは「土佐」という作品。 (^o^)

    廻りの反対を押して武士の暮らしを捨て、見初めた漁師の娘と添い遂げる若者の姿を著したハートウォーミングな話です。私はこうしたハッピーエンドが大好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    表題作を含む四季の花を題材にした4編からなる短編集。
    江戸に生きる人々の人情を生き生きと巧みに描いている。
    特に人が人を思いやる気持ちが中心に描かれ,
    その気持ちに感動させられる作品となっている。
    いつまでも変わらない人情を大切にしたいものである。
    個人的には「いっぽん桜」,「萩ゆれて」が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています