明日は味方。―ぼくの愉快な自転車操業人生論

明日は味方。―ぼくの愉快な自転車操業人生論

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

直木賞作家が初めて語る「人生峠」を越える応援歌! 氏は言う。「ぼくの人生は自転車操業でした。しかし漕ぎつづければいい。それを忘れた時、人は倒れるんです」。含蓄に富んだ体験的人生論。著者初のビジネス書。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社ビジネス書
ページ数
128ページ
電子版発売日
2014年10月03日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

明日は味方。―ぼくの愉快な自転車操業人生論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月01日

    山本一力 著「明日は見方。」、2013.6発行。自転車操業人生だそうですw。①中3の時、東京に。住み込みで新聞配達を4年間。人間を学び、英語を学んだ。自転車操業人生の始まり ②昭41、18歳で近畿日本ツーリスト(有楽町・交通会館)に。約10年。世界各国に。③その後、7つ位の職を。コンピュータに詳しく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月03日

    一力さんの人生論。自転車マニア(家族全員)とは知らなかった。
    中学生の時から住み込みで新聞配達をしていた、当時の代々木ハイツに出入りして米国人の生の英語を覚え、海外旅行の添乗員、グラフィックデザイナー、編集者と変遷する間も自転車は彼の身近にあった。アクティブな人生を切り拓いてきた人なんだね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月05日

    まだ完結しない長編『ジョン・マン』の著者
    山本一力さんの自伝。

    と言っても、堅苦しくなく読ませる力量は
    山本さんならでは、かもしれない。
    山本さんは、戦後のアメリカ軍関係の建築ラッシュで
    毎日のように建築関係の父がポケットから札束を持ち帰る
    日々も経験しながら、父の博打癖で貧困に。
    『明日は味方』...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています