戌亥の追風

戌亥の追風

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

嘉永6年、黒船来航に揺れる江戸。木更津の薪炭問屋の娘おきょうは、深川の材木商との談判のため単身江戸へ向かうが、警戒を強める船番所に留置されてしまう。彼女の危機を救おうと、密かに想いを寄せる仙之助をはじめ、男たちが動き出す。騒動に乗じて悪事を企む者たちも現れ、事態が複雑化する中、若き二人の運命やいかに。川面をはしる風のように、心に爽やかな印象をはこぶ傑作時代小説。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2018年02月02日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

戌亥の追風 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月12日

    木更津の薪炭問屋の娘おきょうは、深川の材木商と談判する為に単身江戸に向かいますが、折しも江戸は黒船来航で異常なピリピリムード。
    通常ならさっさと通れるはずの船番所に留置されてしまいます。彼女を救うべく、取引先の薪炭問屋の手代・仙之助をはじめ男たちが動きだします。
    実は、おきょうが留め置かれてしまった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

    山本一力の江戸時代物長編作品でしたが、本作は、黒船来襲に揺れる江戸を舞台に、お互い慕い合う木更津の薪炭問屋の娘おきょうと深川の薪炭大店の手代仙之助を中心に、おきょうが警戒を強める中川船番所に留置され、それを救い出すいきさつあり、その騒動に乗じて悪事をなそうとする者たちとの対決など、いろいろと見どころ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています