柴田よしきの一覧

「柴田よしき」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:柴田よしき(シバタヨシキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1959年10月14日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

青山学院大学文学部仏文学科卒。1995年『RIKO -女神(ヴィーナス)の永遠』で第15回横溝正史賞を受賞しデビュー。『激流』がTVドラマ化さた。その他作品に『ぼくとユーレイの占いな日々』、『恋雨』、『桜さがし』などがある。

作品一覧

2018/10/06更新

ユーザーレビュー

  • 桜さがし
    とても好きな本でした。
    歌やん、陽介、綾、まり恵の4人が恋愛や将来に迷いながらも、学生時代の教師·浅間寺に見守られながら成長していくお話+ミステリー。
    少し切ない事件の余韻とともに、京都の風景や観光地の様子、夏のむぅっとした感じなどが伝わってきました。
  • 聖なる黒夜(下)
    濃いわ~みんな、濃すぎるわ~。冤罪を引っ張るわ~。練ちゃんは優しい子なのよ!ちょっと趣向がアレだけど優しい子なの。韮崎も、練も・・・優しいんだからぁぁー( T^T )先にリコ、ハナちゃん、麻生シリーズを読んでたので、練と麻生が初々しかった。出てくる人間が濃くて、事件・・・なんだっけ?みたいな(笑)ま...続きを読む
  • シーセッド・ヒーセッド
    3作目にして、山内って人に私は夢中!ハナちゃんとの、やり取りが面白い!今回はドンパチなく、無難な依頼だった。常に子供達の事を考えて、交代時間を気にしながら探偵するハナちゃん。皆が皆、「ハナちやぁ~ん」て甘い声を出しながら陥れるのが楽しい。そして、必要以上に仕事しちゃう花ちゃん、人が良いんだろうなぁ。...続きを読む
  • 聖なる黒夜(上)
    読み終わるのが勿体なくて、ずーっと部屋に飾ってた本。でも、明日・・・死んだら後悔するから泣く泣く読み始めた!それくらい、練と麻生が好き♪下巻に突入するかな。あぁぁぁ~読むの勿体ない(笑)
  • 草原のコック・オー・ヴァン 高原カフェ日誌2
    手探りと迷いの中に始まったかのようなお話だった。
    前作では、奈穂自身の事情がなかなか明かされず、高原の村の人たちの様々な事情が一編ごとに語られ、奈穂は途中まで、影を持ったミステリアスな女だった。

    続編では、音楽活動を辞め、ワイン造りのために百合が原高原に移住してきたギタリストと向き合う奈穂が、じっ...続きを読む

特集