青光の街(ブルーライト・タウン)

青光の街(ブルーライト・タウン)

作者名 :
通常価格 1,652円 (税込)
紙の本 [参考] 1,836円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

青い電飾が遺体のそばに撒かれる連続殺人事件が東京を震撼させていた。そんな折、作家兼ブルーライト探偵社の所長の草壁ユナに旧友・秋子から助けを求めるメールが届く。秋子の家を訪ねると、彼女を拉致した犯人からメッセージが。一方、探偵社で依頼を受けた有名人の婚約者の身辺調査が連続殺人と奇妙な繋がりを見せ……いくつもの事件が描く複雑な陰影から驚愕の真相が浮かぶノンストップ・サスペンス。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ・ミステリワールド
ページ数
512ページ
電子版発売日
2016年10月31日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年04月07日

撲殺されたOL、刺殺された出版社社員、絞殺された中学生……接点のない被害者たちのそばに置かれていたクリスマスの青い電飾。無差別殺人? 愉快犯? そんな折、作家兼ブルーライト探偵社の所長の草壁ユナに旧友・秋子から助けを求めるメールが届く。……いくつもの事件が描く複雑な陰影すべての推理が重なり合う時、ユ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月08日

結構複雑に入り組んだお話だった。
最後の最後まで終わってない感じがすごかった。帯に、「最初の事件」とあるからには、これはシリーズなんですね?
高坂さんがとても優秀なのに、コンプレックス的な思いを持っているあたりが人間的で好感を持った。
不破さんのその後も気になる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月03日

探偵社の所長 草壁ユナたちの動きと梅沢輪・大桜岳史らの捜査部隊がパラレルに進行していくストーリーが次第に絡み合っていく過程が楽しめた.連続殺人事件現場にまかれた青い電飾.ユナの友人中村秋子の誘拐.意外な犯人が浮かび上がるのを,冷静に見ていったユナと高橋会長の視点が良かった.それにしても多くの登場人物...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月08日

柴田さんの作品は、登場人物が魅力的で好きです。
今回もいつの間にか、物語に引き込まれ 一気に最後まで読んでいました。
そういう事か、という細工もあり
読み終わった後も、余韻が残り もう一度読みたくなるそんな作品でした。
この作品の、登場人物でまた作品が読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月01日

作家とブルーライト探偵社の社長を兼ねている主人公草壁ユナの友人の失踪と連続殺人事件の同時進行で物語は進む。予想外の展開に引きつけられて面白かった。是非この探偵社を舞台に続編をと願う。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play