2031探偵物語 神の狩人

2031探偵物語 神の狩人

作者名 :
通常価格 652円 (593円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2031年、日本。私立探偵サラは、ある女性から生き別れたという姉の捜索を依頼される。しかし、周囲のだれもが、姉をいなかったものとして口を閉ざす……。さらに、自殺を誘発する美女、死に至るドラッグなどを捜査するうち、サラにも謎の集団からの魔の手が。近未来を描きながら、現代の病理を炙り出すミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
313ページ
電子版発売日
2015年01月16日
紙の本の発売
2011年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

2031探偵物語 神の狩人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年01月09日

    舞台は2031年の近未来で、でもSFじゃない。
    ちょっとだけ進んだ文化・文明の様子の一文やアイテム名がさしはさまれたり、逆に“現代(いま)”のことが、すごく古いもののように言われる程度(例・携帯電話が、主人公たちが子どもの頃、大人がみんな持っていたもの、と言われ、携帯ストラップが過去の遺物のように扱...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月02日

    SF未来型の探偵物語。短編連作。
    続編期待します。
    未来社会がリアルにそうなりそうな社会が描かれて面白いのに加えて一作品ごとにちょっとミステリアスがあっていいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月28日

    6月-12。3.0点。
    近未来の探偵物語。連作短編。
    ある女性探偵が、依頼を解決していくが、
    ある邪悪な集団に狙われる。
    終わり方が、続編へのプロローグになっている。
    次作期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月07日

    近未来の設定でなかなか面白かったが、どんどん魔術?超能力みたいな話になってきて、挙句に解決しないまま終わってしまった。お願いですから、続きお願いしますって感じです(^_^;)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月01日

    近未来ものということであまり得意分野ではないかな。柴田さんの作品は一冊だけでは完結しないものが多くてちょっと困る。この1冊だけ読んでおもしろいかというと終わり方がちょっと物足りない気がする。出だしは普通におもしろかったのに・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月13日

    2031年というのが近すぎて「ここまでは変わらないだろう」と、この小説の寿命が気にはなるけども。水色背表紙好きの私にもなかなか納得できる未来設定ではありました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年11月15日

    2031年が舞台、スマートフォンがもっと進化したようなトークカードでのやりとり、プライバシーは筒抜けでもはや個人情報保護など無意味な世界。
    作者曰く「今」を書いているというとおり、このままが世の中が進んでいけば想定される未来がデフォルメされていると思う。
    ラストの敵方の理論、危険な思想だが、納得でき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています