真ん中の子どもたち

真ん中の子どもたち

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【第157回芥川龍之介賞候補作】“四歳の私は、世界には二つのことばがあると思っていた。ひとつは、おうちの中だけで喋ることば。もうひとつが、おうちの外でも通じることば。”台湾人の母と日本人の父の間に生まれ、幼いころから日本で育った琴子は、高校卒業後、中国語(普通語)を勉強するため留学を決意する。そして上海の語学学校で、同じく台湾×日本のハーフである嘉玲、両親ともに中国人で日本で生まれ育った舜哉と出会う。「母語」とはなにか、「国境」とはなにか、三人はそれぞれ悩みながら友情を深めていくが――。日本、台湾、中国、複数の国の間で、自らのことばを模索する若者たちの姿を鮮やかに描き出す青春小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
168ページ
電子版発売日
2017年07月26日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

真ん中の子どもたち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

    日本人の父と台湾人の母を持つ主人公が、母の言葉である「中国語」を学びに上海に留学。
    日本人に見えるけれど中国語を話せる、とか、母が台湾人ならもっと上手く中国語が話せるのではないかとか、帰化した中国人の両親を持つ子どもの母語は日本語が、とか…ナニジンでナニゴが喋れるかという絶妙なややこしさを軽やかに描...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    家族、言語、国や文化の間で揺れ動く気持ち、他の人からの”評価”の言葉。
    ある台湾と日本の真ん中の子であるミーミーが上海に語学留学をしている間の出来事が中心に描かれている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月21日

    作者の温さんと重なった。
    本当に繊細で、他者の言葉に振り回されてしまい苦しむ少女が、たくましく成長したラストにはにこにこを通り越してにやにやしてしまった。
    真ん中の子どもたちが今後もっともっと元気に生きられる風通しのよい世界になりますように。
    そんな世界はきっとすべての人々を笑顔にすることになるでし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月03日

    興味深くというより興味本位で読んだ感じなので、難しいテーマなのに文章がライトで読みやすかった。真ん中ってそういう意味か。他人から、それは正しくない、あなたは純粋じゃない、って否定されるのは悲しいね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月26日

    もう少し掘り下げて欲しかったけど~3歳で台湾から日本に来た琴子は母の言葉を習いたくて上海への短期留学を決める。父は台湾の民俗研究者で日本人だ。上海へ行くと、台湾出身は出自を否定され、発音は矯正される羽目になる。同じ思いを抱えるのは、父親が台湾人の玲玲と両親が台湾出身で日本に帰化した龍舜哉だ。自分は偽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月16日

    作者じしんの分身と思われる主人公の天原琴子、ミーミーは、日本人の父と台湾人の母をもつ日本育ち。
    幼いころから親しんできた、しかし日本語に囲まれて育つうちにいつか遠のいてしまった母の言葉を習得したい。そう思って留学した先の中国・上海で、彼女は、ここで教え込まれる「正しい中国語」がじぶんの求める「母の言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月12日

    日本人の父と台湾人の母を持ち、3歳までは台湾で過ごしていた琴子。日本では日本語を使っていたが、母の母語への興味があり、19歳の時に上海に中国語を学びに行く。上海で、「台湾人なんていない、中国人だ」「君の中国語は訛っている。台湾の訛りだ」「母親が中国人なのに中国語が下手だね」みたいな言葉を耳にし、自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月21日

    芥川賞候補作品として、記憶に新しいが、その前からちょっと気になっていた作家さんの温又柔の作品

    この感覚は経験した人でないとわかりずらいかもしれないが、実際にこの状況にある子どもたちが世界中に増えていることを意識しなければならないと思う。

    国籍、言語、母語、居住場所、パートナー、両親、子ども。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月20日

    台湾人の母と日本人の父を持つミーミー.上海留学での学生生活の中で母国語中国語の存在意義を問い直す.青春時代の友情や恋はもちろん,厳格な教師との触れ合いなどが自分を成長させその後の進路を決める,とても中身の濃い1月の留学生活を描いている.そして何よりミーミーの父母の包み込むような愛が素敵だ.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月07日

    芥川賞の一件で見聞きして気になっていた本。
    台湾人の母と日本人の父を持つ少女が、中国、台湾、日本のことばの狭間でアイデンティティーのゆらぎを感じながら、自分を確立していくお話。おそらく作者自身の生涯のテーマ。少なくとも私は対岸の火事とは思わず興味深く読み進めた。
    先日、シンガポールと日本人のハーフの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文芸単行本 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

真ん中の子どもたち に関連する特集・キャンペーン