「青山七恵」おすすめ作品一覧

「青山七恵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/10更新

ユーザーレビュー

  • すみれ
    難しい言葉を使わずに、ほんとうのことをまっすぐ書く。作者はその課題に取り組み、極上のジュブナイル小説を生み出した。

    この小説を読むことで、きっと楽になれる人がたくさんいるだろう。
  • ひとり日和
    人は嫌ねぇ……人は去っていくからねぇ……。


    そんな吟子さんのセリフが切なかった。

    ってことで、ひょんなことから一緒に暮らすようになった吟子おばあさんと、フリーターの若者・チズの物語。「自分なんかが社会で受け入れてもらえるのだろうか?」と苦悩するチズと、「人が去っていくことは仕方がないけれども...続きを読む
  • ひとり日和
    ドライに見える知寿の、行き場のないウェットな部分。泣いて甘える術を知らない主人公の不器用さは、ハラハラさせられながらも愛おしくてならない。吟子さんとの生活の中で、自分を育てて行くプロセスに無理がなく、穏やかで心地良くしみわたる。大好きな物語。
  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • ひとり日和
    透明感あふれる、ひとりの女の子の日常。こんなにも鮮やかに、色濃く、繊細に描かれる作品はあまり見たことがない。

    青山七恵さんは、京王線のフリーペーパーでのコラムを初めて見かけた以来、好きだった。

    一見すると穏やかな日常。そのなかに、いろんな感情が紡ぎ出す現在とその行く先。私はどちらも見失うことなく...続きを読む