踊る星座

踊る星座

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ダンス用品会社で働くセールスレディのわたしは、ヘンな顧客、重たい家族、痴情の縺れた上司に次々絡まれ、ぶちギレ寸前。今すぐここから逃げ出したい! 泥々に疲れた一日はしかし、幼き日の記憶と結ばれ、生の切なさと可笑しみ溢れる星座を描く――踊り出したら止まらない“笑劇”の連作短編集。〈解説〉小山田浩子

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2020年07月22日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

踊る星座 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    表紙と帯の惹句から働く女性の気楽なお仕事小説だとばっかり思って気軽に手に取ったけど、実は全く想定外の連作不条理短編小説だった。
    心の準備なく安部公房を読んだみたいで、読み終わってちょっと息切れしました。

    人格だったり人生だったり想念だったり、そうしたものが積み重なり混沌を生みながら悠久の時の流れが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    ダンス用品会社で働くセールスレディが、癖の強い顧客や同僚、家族の面倒事に巻き込まれ、疲れる日々を送るストーリー。
    最後に訪れた彼女の転機は...?


    突拍子のない話が多く、読むのに時間がかかった。
    それでも気になってしまい、最後まで読み切ったのは、夢や遠い昔のような、朧げで唐突で、奇妙な色を含んだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています