「大江健三郎」おすすめ作品一覧

「大江健三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/11更新

遅れてきた青年
  • ブラウザ試し読み

ピンチランナー調書
  • ブラウザ試し読み

日常生活の冒険
  • ブラウザ試し読み

性的人間
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 洪水はわが魂に及び(上)
    彼の長編小説で一番、面白かったです。
    障害者の子供、鯨の話、浅間山荘事件を想わせる
    リンチ、放水、「荒唐無稽だって?」の台詞が
    ずっと心に残ってました。
  • 個人的な体験
    いやはや、これは凄いですね。とんでもねえな、って思いました。大江健三郎、とんでもねえなあ。小説家・エッセイストの原田宗典が好きなのですが、その原田さんが、確か著書の中で大江健三郎を評して「でえれえ」みたいに言っていた気がするのですが(違ったらすみません)確かにでえれえよ、こりゃすげえよ、ノーベル文学...続きを読む
  • 「雨の木」を聴く女たち
    「「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち」(大江健三郎)を読んだ。救済の象徴であるような『雨の木』をめぐる物語はしかし読み手の感情を抉るように鋭利である。自分の中に一本の『雨の木』があればと思う。最後の「泳ぐ男---水のなかの「雨の木」」に対する違和感が拭えないよ。難しいなあ。
  • 死者の奢り・飼育
    むかし読んだものにも感想を付していこうと思う。思えばこれが大江との出会いだった。粘着性の物体が、内と外とを癒合する。
  • 万延元年のフットボール
    絶望感、不安感、焦燥感、虚無感、諸々の負の感情と、紙一重で一線を越えない狂気が常に漂っている。

    大事なのは常に一線を越えていないこと。常に現実味から乖離しないおかげで、誰かのハナシではなく自らの体験の延長として感じられる、そんな技術が組み込まれている。

    序盤の雰囲気作りがとても小説的でゾワっとし...続きを読む

特集