「大江健三郎」おすすめ作品一覧

「大江健三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/02更新

ユーザーレビュー

  • 叫び声
    かなり読みやすい。
    皮膚をえがくのにもいちいちつきまとうじめじめとした失望感が、青春のどうしようもなく輝かしい・淡い希望にもおよんで、彼らを失意の底に陥らせる。
    この青年たちに固有の絶望感はしかし、やけに生々しく実に青春的で、どこか清々しい。
  • 万延元年のフットボール
    当時の大江健三郎のあらゆるエッセンスが詰め込まれた意欲作。
    物語の設定とストーリーは、自身の故郷である愛媛の山間の村落、障害を患ったであろう子の誕生、戦後民主主義の中のアメリカ文化、学生運動と命をかける青春(跳ぶ、ほんとうのことなど)などの作者のバックグラウンドが複合して形作られている。
    同時に、冒...続きを読む
  • 万延元年のフットボール
    日本人でありながら、自国からのノーベル賞受賞作家作品を読んだことがないのもいかがなものか、と思いまして。で、その大江作品の中、例の福田書評集で最も高評価だった本作をチョイス。勝手な印象だけど、何となく読み心地は村上春樹風。それをもっと小難しくした感じというか。あと思ったのは、英語みたいな日本語だな、...続きを読む
  • 死者の奢り・飼育
    人は自分に無いものを前にすると生き方全てを曝け出す。
    それはどんなに目を背けても必ず自分に返ってくる。
    この本の内容を痛いとも辛いとも思う自分は傲慢だったのだ
  • ピンチランナー調書
    『同時代ゲーム』でも感じたが、大江のあまりに濃密な文章は作中に入り込んだSF的要素を一切の違和感なく読者に認めさせてしまう。原発や「転換」について様々に述べるところはあるが、愚かな一読者として、この文体に浸れることの幸せ、もうha、ha!が頭から離れないのだけれども、それだけは声高にいいはりたい。

特集