M/Tと森のフシギの物語
  • 値引き

M/Tと森のフシギの物語

作者名 :
値引き価格 587円 (534円+税) 8月13日まで
通常価格 838円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

祖母から聞いた、四国の森の奥深くに伝わる「壊す人」と「オシコメ」の創造の物語を、MとTという記号を用いて書き記す。時の権力から独立した、1つのユートピアがつくり出される奇想天外の物語は、いつしか20世紀末の作家が生きる世界、われわれの時代に照応していく。海外で最も読まれている大江作品。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2014年11月28日
紙の本の発売
2007年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

M/Tと森のフシギの物語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年11月30日

    まつろわぬ人・大江健三郎が
    地元に語り継がれてきたとされる(ホントかな?)伝承を
    モデルとして書いた小説作品
    具体的な地名は伏せられていたり変更されていたりして
    いちおう創作のスタンスを保っているが
    もろもろから察するに
    宇和島藩の城下町を追放となったならず者たちが
    宇和海賊の娘から船を借り
    佐田岬...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月06日

    今までにない魅力のある本。四国の山間の村に伝わる神話と幕末の歴史及び、作者が何故これに深く関わるか?が書かれた本。

    作者が神隠しに会い、神秘的な体験を通して、村の物語の継承者として選ばれた理由。また、作者の知能障害の息子と村の繋がり。

    人の一生は産まれたときから死ぬときではなく、「かれがふくみこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月14日

    こんなにも自由なイメージを喚起させるように描けるものなんだなぁと感心しました。
    おとぎ話風の語りですが、森の中は村人達だけでの裁判(昔から限界状況での自治ってモチーフはよく出ますね)や、なんだか超絶に大きな人がいたり、少年としての著者が出て来たり。
    少し異色ですが、個人的には好きです。

    あの、「ど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています